新生銀行が「SBI新生銀行」に。アフィリエイト受取口座の変更手続きは必要?

(約 1,800文字の記事です。)

新生銀行がSBI新生銀行に商号変更した。2023年1月4日以降は新しい名称「SBI新生銀行」で色んな手続きをしなければならない。経過措置として3月30日までは旧名の「新生銀行」でも取り扱い可能だが、それ以後は旧名では着金ができなくなるとのアナウンスが。これは怖い。

大和 司

BOOTHやnote、AmazonアフィリエイトやGoogleアドセンスの受取口座として新生銀行を使っていた人はどうすればいいのだろう?

というわけで私の場合についてまとめてみました。現在お問い合わせ中の件についても分かり次第随時追記予定です。

目次

更新履歴

2023/01/26 note, Amazonアフィリエイトからの返答を追記。
2023/01/24 執筆。

もしもアフィリエイト、リンクシェア、BOOTHでは普通に変更できた

一番分かりやすかったのは「もしもアフィリエイト」だ。銀行名に旧名の「新生銀行」が打ち込まれていた箇所に「正しくない入力です」というようなエラーメッセージ付き

また候補の一覧の中にあるボタンから簡単に「SBI新生銀行」と支店名を選び直しておしまい。

なお各社サイトの入力項目によっては「銀行コード」の入力などが必要だったりするが、新生銀行もSBI新生銀行も銀行コード(0397)に変更はない

BOOTH、リンクシェア、もしもアフィリエイトでは「銀行名」の入力欄があるため、ここはSBI新生銀行に再指定する必要がある。BOOTH、リンクシェアでは手打ちで「SBI新生銀行」と入力することになる。リンクシェアの場合には銀行コードの入力がないため、そのまま放置すると4月以降は着金できなくなるだろう。

BOOTHの場合は追加で銀行コードも入力するので着金は間違いないだろうが、銀行名は念のため書き換えたほうが安心。

Googleアドセンスについては変更不要

Googleアドセンスの場合、銀行名の入力欄すらなく、銀行コードなど、口座名義を除いて全て数字のコードで入力する。新生銀行からSBI新生銀行になってもコード類に変更はない。なので問題ないと思うが念のため口座の追加ボタンから正しい情報を入力して保存してみたが、登録済み口座数は増えなかった

大和 司

つまりSBI新生銀行の入力情報は、既存の旧新生銀行の入力情報と100%一致したと判断されたようだ。ならばその口座はそのまま正常に利用されることは明らかだろう。

こちらも公式に問い合わせようと思ったのだが、なぜか入力フォームがGoogleコミュニティに質問を投稿するように遷移したのでいったん中止して上記を試した。個人的には多分このままで問題ないと思うので問い合わせまではしていない。

noteの場合の変更時の注意点「住所の全角ハイフン」はNG

noteの場合、銀行名に平仮名の「え」を入力するとSBI新生銀行が候補に挙がるのでそれをクリック。

支店名がリセットされるので再度入力&支店名を選択し直す。

ここで気が付いた罠について。住所欄の番地などに使うハイフンだが、なぜか全角のハイフンを入力すると、エラーとなる。これは以前に自分が全角のハイフンを入力済みであって今まで問題なかったとしても、今回はエラーとなって次に進めなくなる。

全角のハイフンは、全角文字では?🤔

もし全角ハイフンが住所欄に入っていると保存ボタンがグレーアウトして保存できない。しょうがないのでテンキーのマイナスキー(または日本語変換で半角のハイフンを入力してもOK)、つまり明らかに半角のハイフンを入力したところ、あっさりと保存ボタンが緑色となり、無事に口座情報が保存された。

大和 司

UIのバグだと思ったのでnoteのサポートへの返信Eメールでこの点について指摘しておいた。「全角ハイフンは全角文字だと思うが、これはもしかしてハイフンの扱いについてバグがあるのでは?」と。

大和 司

個人の経験としては入力制限に「全角のみ、半角のみ」はよく見かけるが「全角または半角のみ」という警告は初めて見た。住所入力に絵文字😊を使う人などいないだろうし、警告文が警告の意味を成していないのでは?と。

Amazonアフィリエイトは変更不要

サポートからの返答内容としては「銀行の名称が変わるだけで銀行番号自体がこれまでと変わらないのであれば、口座情報の再入力は不要」とのこと。なのでSBI新生銀行については何もしなくてOKだ。

【問い合わせ中】note, Amazon, A8, バリューコマース

note, Amazon, A8, バリューコマースについてはお問い合わせ欄からEメールで問い合わせ中。というのも、

  • そもそもSBI新生銀行が入力一覧にない(旧名しかない)
  • 手入力して以前と全く変わらない銀行コード(0397)を入力することに意味があるのか?

これが分からなかったので質問中。もし上記各社が「その銀行コードに対応する銀行名データベースを新生銀行からSBI新生銀行に書き換えて終わり」ならば、ユーザーとしては何もアクションを起こす必要がないわけで。逆に手動で色々書き換えたことがあとで不具合を起こす可能性もある。最初の章で紹介した「普通に書き換えられたサイト」はいいとして、そうでない上記各社については、返答を待って作業しようと思った。

公式情報など

SBI新生銀行による公式情報はこちらが参考になった。

SBI新生銀行
2023年1月4日、株式会社新生銀行は、株式会社SBI新生銀行へ。 | SBI新生銀行 2023年1月4日、株式会社新生銀行は、株式会社SBI新生銀行へ。

こういう地味に面倒なことに、地味に時間が取られるのが嫌である。

今回の創作活動は約2時間(累積 約3,147時間)
(880回目のブログ更新)

ご支援のお願い

筆者はAmazonアソシエイト・プログラムに参加しています。(AmazonアソシエイトとはAmazon.co.jpの商品を宣伝し所定の条件を満たすことで紹介料をAmazon様から頂けるという大変ありがたい仕組みのこと。)
以下のリンクを経由してAmazonでお買物をするとその購入額の1~3%ほどのお小遣いが私に寄付されます。誰が何を買ったという情報は私には通知されませんのでご安心下さい😊
以下の商品名や画像アイコン、またはAmazonページへのリンクなどを経由して頂ければ紹介商品以外のご購入でもOKですよ~。

著:中谷 彰宏
¥1,078 (2023/01/24 22:48時点 | Amazon調べ)
お役立ち情報を伝えよう!
  • URLをコピーしました!
目次