🚧 サイトをリニューアル中。運営しながら少しずつ改良中。見づらくてすいません 😭

Unity Essentials を終えた感想(Unity学習12回目)

(約 4,800文字の記事です。)

20220331035137.jpg

Unityの学習。公式のチュートリアル「Unity Essentials」を終えて感じたこと。

対象読者はUnity初心者です。


Amazon

目次

【結論】書籍スタートで、その後公式チュートリアルで補強

これが私の今の感想。まずは「全くゼロ」な初心者を対象とした書籍からスタートする。そしてざっと通読したら、手を動かして理解を進めて見るもよし、スキップしても良し。

その次に公式チュートリアル「Unity Essentials」を丁寧に読み込む。飛ばし読みすると痛い目にあう。それだけ基本的なことが丁寧に書かれている

それが終わったら次は、ゲームではなくて動画関係にUnityを使いたい場合にはコーディングが不要なので「Creative Core」にジャンプして学習を進めればいい。「時間軸方向に決まり切ったアクション」しか起こさなくていいアニメーションや動画作成の場合には、コーディングは不要なので下手にC#に深入りせずとも目的を達せられるはずだ。だから早々に「Creative Core」進むべきだ。そっちのほうが「より一般的な3DCGに関する解説」なども多い。

もしコーディング関連をやるにしても、まずは「Creative Core」をさらっと通読してからの方がいいと思う。3DCGに関する共通知識はコーディングエンジニアであっても知っておく必要がある。

というわけでようやくUnity Essentialsコースを卒業してCreative Coreに進んだのでした。

今回の創作活動は約3時間30分(累積 約2,762時間)
(809回目のブログ更新)

筆者はAmazonアソシエイト・プログラムに参加しています。(AmazonアソシエイトとはAmazon.co.jpの商品を宣伝し所定の条件を満たすことで紹介料をAmazon様から頂けるという大変ありがたい仕組みのこと。)
以下のリンクを経由してAmazonでお買物をするとその購入額の1~3%ほどのお小遣いが私に寄付されます(笑)以下のリンクを経由して頂ければ紹介商品以外のご購入でもOKですよ~。

Unityの教科書 Unity 2021完全対応版 2D&3Dスマートフォンゲーム入門講座

続きはこちら。

Unityのマテリアルのチュートリアルはとても丁寧(Unity学習13回目) – 3DCGで何をどう作るか考え中