3DCGで何をどう作るか考え中

ZbrushとBlenderの使い方、ヒント、コツなど。たまにZbrushプラグイン開発も。

3DCGのリトポロジー(今の結論)

3DCGのリトポロジー(リトポ)に関するメインページです。
ZbrushやBlenderなどのソフトウェアとは無関係にリトポに関する記事をまとめていきます。

f:id:yamato-tsukasa:20210228104839p:plain

対象読者は、3DCGの脱初心者~中級者です。リトポはモデリングにもテクスチャリングにも関わるため、それらに関する基礎知識が必要です。

更新履歴

2021/02/28 公開

主な使用ツール

  1. Zbrush:ZRemesher
  2. Blender:Retopoflowアドオン、ポリビルドツール、ナイフツールなど

リトポの旅のまとめ

  1. ローポリモデリングにリトポは不要。作業経過そのものが既にトポロジ作りからスタートしているので。
  2. 完成型ならば三角ポリで何の問題もない。デシメートの結果で問題ない。リトポする必要がない。
  3. 最終的にハイポリになるならば、序盤で最終形態に近いトポロジにリトポすると後工程が楽。
  4. 最後に1つのメッシュ島につなぐならば序盤でつないでおいた方が楽。後から悩まずにすむ。
  5. Zbrushだけではリトポは辛い。Blender+Retopoflowが便利(私はもう戻れないw)

とりあえずリトポならZbrushオンリーは辛すぎる。Blender+Retopoflowアドオンをオススメします。

Blender用アドオン「Retopoflow」のフル機能を公式に無料で利用する方法 - 3DCGで何をどう作るか考え中





以下、これまでのWIP記事です。(将来的に、ここに追記しない新たなWIP記事はタイトル下のカテゴリから見つけることができる予定。)

第6回(ポリゴン密度の異なるメッシュのトポロジ結合)完結

リトポと造形の可能性を探る旅 第6回(ポリゴン密度の異なるメッシュのトポロジ結合) - 3DCGで何をどう作るか考え中

第5回(メッシュ面を手動で整える)

リトポと造形の可能性を探る旅 第5回(メッシュ面を手動で整える) - 3DCGで何をどう作るか考え中

第4回(ローポリモデリングのメリット=リトポ不要)

リトポと造形の可能性を探る旅 第4回(ローポリモデリングのメリット=リトポ不要) - 3DCGで何をどう作るか考え中

第3回(押し出しモデリングと自動&手動リトポ)

リトポと造形の可能性を探る旅 第3回(押し出しモデリングと自動&手動リトポ) - 3DCGで何をどう作るか考え中

第2回(手動リトポとメッシュ密度、ラフモデリング)

リトポと造形の可能性を探る旅 第2回(手動リトポとメッシュ密度、ラフモデリング) - 3DCGで何をどう作るか考え中

第1回(ローポリとハードエッジとクリースと。)

リトポと造形の可能性を探る旅 第1回(ローポリとハードエッジとクリースと。) - 3DCGで何をどう作るか考え中





今回の創作活動は約1時間30分(累積 約2,309時間)
(704回目のブログ更新)

筆者はAmazonアソシエイト・プログラムに参加しています。(AmazonアソシエイトとはAmazon.co.jpの商品を宣伝し所定の条件を満たすことで紹介料をAmazon様から頂けるという大変ありがたい仕組みのこと。)
以下のリンクを経由してAmazonで何かを買うと購入額の1~3%ほどのお小遣いが私に寄付されます(笑)