画力がないなら立体を作ればいい

「何を作る」より「どう作るか」を考えたい人

Skypeの無料テスト通話が失敗する・ブラステルのIP電話で相手からの声が聞こえない場合の対処方法

(約 900文字の記事です。)
f:id:yamato-tsukasa:20191202214639p:plain
Skypeの無料テスト通話の冒頭2,3秒だけ再生されて急にフェードアウトして、以後何も起こらず通話が途切れた場合の対処方法が分かったのでメモしておきます。同様の症状としてブラステルのIP電話アプリを同ネットワークにつないだ場合にも症状が現れたので合わせてどうぞ。

特徴

  1. Skypeの無料テスト通話の冒頭2,3秒だけ再生されて急にフェードアウトして、以後何も起こらず通話が途切れる
  2. 同じLAN内のSkypeソフト同士では正常に会話できる
  3. だが別のネットワークに属するソフト同士では、一方の声が聞こえない。他方では聞くことも声を届けることもできている。
  4. Skypeのみならず、iPhoneに入れたブラステルのMy050アプリでも同様の症状が出る
  5. iPhoneをWi-Fiから4G回線に切替えてから再試行すると正常に通話できる
  6. なぜかSkype online(Webブラウザ版Skype)では正常に通話できる(だから当初、Skypeアプリのバグを疑ってしまった)

私の場合は二重ルーターになってしまったことが原因

最初、ルーターのポート開放だとか色々疑ったが、その過程で、ある時期から二重ルーターになっていることに気が付いた。ルーターの下段にもう一つルーターがある状態。というのも、ADSLモデムが故障し、それまではルーター機能無しのADSLモデムだったのが、交換品はLANの口が複数あり、明らかに最初からルーター機能内蔵だ。だが、あまり気にせずそのまま差し替えた結果、二重ルーターになってしまった。しかも各ルーターでネットワーク部が異なる。これが原因。そしてそもそも二重ルーターは好ましくない状態である。例えWeb閲覧ができていたとしても。制御ルールが複雑化しやすいからだ。

ちなみに、この二重ルーターのネットワークでは、ブラステルの050IP電話アプリをiPhoneで使った場合でも同様で、このネットワークに繋がった端末では自分の声を相手に届けることはできても相手の声を聞くことができない、という特徴がある。つまり、このネットワーク内の端末では、自分の声を相手に届けることはできるが、相手からの声を受け取ることができない、という現象が特徴だ。

二重ルーターを止めてTOPに1つのルーターのみにすれば解決

ただ単にこうするだけでスッキリ直った。Skypeもブラステルも。私の場合は古いルーターを外し、そのルーターのIPアドレスをADSLルーターのIPアドレスに差し替えて、LANケーブルを移植しただけ。これであっさり直った。最初はSkypeのバグかと思って色んな種類のSkypeをインストール・アンインストールをかなり試した。何という無駄(笑)

Skype for WindowsとSkype for Windows10の違い(2019年12月版) - 画力がないなら立体を作ればいい

なのでタイトルのような症状が出たらごちゃごちゃと設定を切替える前に二重ルーターを疑って下さい。特に、過去に正常だったのに急に発症した場合には、最近、ネットワーク機器に「ルーター機能のある装置」を追加していないかチェックしてみて下さい。もしそうしたのであれば、最上位に1つだけルーター機能を与え、他のデバイスではハブ機能やアクセスポイント機能(ブリッジ機能)のみにする設定にしてみて下さい。

「二重ルーターって何?その設定の切替え方法は?」という人は、そもそもこの現象に出くわしていないか、自力での解決が難しいので、Google先生に聞いて知識を付けてからネットワーク状況を検証するか有識者に相談すべし。


久々のPCネタでした。


今回の創作活動は約15分(累積 約1,238時間)
(442回目のブログ更新)