画力がないなら立体を作ればいい

3DCGでワンシーンメイキング(オリジナル小説の挿絵作り)

Zbrushのブラシを体系的に整理してみた

(約 1,200文字の記事です。)
Zbrushのブラシを体系的に整理してみたら新しい発見があった。そして最も重要なブラシが、ほとんどの人に知られていない&あまり活用されていないだろうということが分かった。Zbrushを使っての作品作りに大きな影響を与えそうだと思ったので記事にしておきます。数年単位での創作活動で効率が大きく変わること間違いなし。

大きく分けると5系統

今現在の私の知識で分けると5つに別れる。

f:id:yamato-tsukasa:20190419033715p:plain

メッシュの表面を変形させる

f:id:yamato-tsukasa:20190419013125p:plain

おなじみのブラシ群が並ぶ。皆さんもよく知っている事だろう。

メッシュの塊を追加するブラシ

f:id:yamato-tsukasa:20190419014523p:plain

この辺になってくると怪しくなる人も多いのではないか。実際私もIMブラシ?IMMブラシ?という具合に詳しくない。今回整理して分かったことは、IMブラシは要するに単一メッシュのZTLをブラシ化したようなもので、IMMは複数のIMブラシをパッケージ化したブラシということ。

そしてカーブブラシは実はIMブラシ(IMMブラシ)をカーブブラシとして中間のメッシュをリピートさせているブラシであるということ。なのでカーブブラシも厳密にはIMブラシの仲間ということになる。名前も厳密にはIMカーブブラシである。たいていの場合はIMMブラシとしてパッケージ化されているはずだ。

メッシュの表面を変形させてメッシュを追加するブラシ

f:id:yamato-tsukasa:20190419014538p:plain

VDMブラシ。あまりよく知らない人も多いと思う。2018からの新機能。具体的な解説は別の記事で書くとして、体験してみればすぐに分かる。
Brush > Chisel3Dというブラシで試すといい。なるべくサブディビジョンレベルを高くして使ってみるといい。

他は図の通り

メッシュの削除方法だったり、リトポの方法だったり、およそブラシとは呼べない機能だが、Zbrushを扱う上で必須の知識だ。

まとめ Zbrushには5つの別体系のブラシ(手段)が用意されている

だから複雑なわけ。この記事はVDMブラシの記事を書いていたら、今一度Zbrushのブラシについて整理しておきたいと思ったからです。本題はVDMブラシの記事にて。

ZbrushではオリジナルのVDMブラシやIMブラシを作って運用するのが効率的かも - 画力がないなら立体を作ればいい


今回の創作活動は約45分(累積 約828時間)
(240回目のブログ更新)