サブスタンス3Dペインター 2022を買うべきか(Steam版2021所有の場合)

(約 4,200文字の記事です。)

20211127190015.jpg

サブスタンス3Dペインター 2022がSteamでリリースされた。買い切り型である。2021年11月27日現在、12月2日まで33~50%OFFセールである。サブスタンス3Dペインター2021を所有しているユーザーは、果たして2022に移るべきか否か。

対象読者はサブスタンス3Dペインター2021ユーザー、またはこれからサブスタンス3Dペインターを買おうと思っている人です。

目次

サブスタンス3Dペインター2021を持っていない人

あわせて読みたい
Substance 3D Painter 2022 on Steam Adobe Substance 3D Painter is the reference texturing app for 3D professionals and enthusiasts. From AAA Game Developers to Indies, from Feature Animation to Vi...

今のセールだと33%OFFの10,653円で買える。5,247円お得である。

20211127190015.jpg

この価格で1年間は無料でアップデートできる。ま、来年にはサブスタンス3Dペインター2023を買うかどうかの判断が毎年繰り返されるわけだが。

買い切り版を購入しておいて、その後、Adobeのサブスク版との組み合わせが一番効率的だ。詳細はこちら。

あわせて読みたい
サブスタンス3Dペインターのお得な買い方(Steamセールとサブスク購入を組み合わせる) (約 5,200文字の記事です。) サブスタンスペインター(Substance Painter)が「Substance 3D Painter」として新登場。Adobeプラットフォームになった。 今回はサブペ...

では今年の7月初旬に上記と同じ価格で2021を買ってしまった人(私)はどうするべきか。

Steam版の2021を持っている人

1万円の出費のわずか5ヶ月後に2022が登場。じゃあ2021はもうアプデ終了ということか?だとすればちょっとひどい。

現在2021ユーザーにはスペシャルオファーがSteamに来ていて、50%OFFで買える。

20211127190704.jpg

約8千円。合計で1万8千円も出してようやく2022年いっぱいはアプデが無料になる。

……、今から買う人のほうがだいぶお得では?ずるい。

というのも私事であるが、あまり7~11月の今日までサブスタンス3Dペインターを使い込んでいない。眠っていた状態に近い。それ故に自分勝手な不公平感を募らせているのだ(笑)

もちろんサブスタンス3Dペインターをガンガン使い込んでいる人は50%OFFのこの機会を利用すべきだろう。

だが今の私のように、サブスタンス3Dペインターをあまり使い込んでいなくて、今後もその予定が立たない場合、果たして合計で1万8千円もだす価値があるか?ということになる。

今の2022は2021と大差なし?

以下のデータを見る限り、カラーマネジメントの機能ばかりが強化されているので、素人目には2021との強烈な差を感じない。

あわせて読みたい
Substance 3D Painter 2022 - Substance 3D Painter 2022 is now available! - Steam News Color management, undockable viewport and a year of updates ahead.

今のスペックでは2021から2022に乗り換えのモチベーションが沸かない。2021永久版なので2021でできることに満足しているのであれば敢えて2022にしなくていい気がする。

もちろん今後、数ヶ月後に2022が大幅リニューアルして魅力的な機能が付く可能性は否定できない。でももしそうなったときにAdobeからサブスクでお試し1ヶ月間だけ使ってみる、という手がある。

サブスク購入では1ヶ月当たり30個のサブスタンス 3D アセットのダウンロード権が手に入る。それを使って2022の機能を試し、必要な期間だけサブスク購入すればいい。その機能が不要な作業ならば永久版の2021で作業ができる。

この「将来の2022の機能の向上」に投資するかどうか。8千円の投資ができる人は買いだろうし、懐疑的だったり慎重派ならば待ちでいいだろう。どっちに賭けるかは各自の判断となる。

2022を見送る場合

サブスタンス3Dペインター2021所有の場合、2022を見送りつつ、もし数ヶ月後に大幅な機能向上によって2022を使いたくなった場合を想定してみた。

20211127191734.jpg

  1. 機能の向上がない期間は2021で作業できる
  2. 2022に新機能が加わった場合、それが魅力的な場合、Adobeからサブスク1ヶ月だけ購入する(月額2,398円)
  3. 新機能を使い続けたい場合、Steam版サブスタンス3Dペインター2023が出るまでサブスクを続ける
  4. 2023を33%OFFの約1万円で新規購入
  5. 溜まったサブスタンス 3D アセットポイントを使って適宜アセットを買い増しする

で、ここからは仮想の話。仮に2022のアップデートにより魅力的な機能が6ヶ月後に登場したとしよう。サブスク金額はこうなる。

2,398円 × 6ヶ月 = 14,388円

残念ながら8千円よりも7千円近くオーバーする。だがサブスタンス 3D アセットのポイントが180ptも付く。

だが、仮に機能が魅力的だとしても6ヶ月間ずっと使い続けなくてもいいと判断した場合、必要な月だけサブスクし、それ以外の作業はサブスタンス3Dペインター2021で作業するならば計算が変わる。

サブスタンス3Dペインター2022を50%OFFの約8千円で買う場合の予算があれば、Adobeのサブスクを3~4ヶ月分購入できる。そうなると累積で4ヶ月間だけ2022を使えるし、DLポイントも120pt付く。

2021で十分か、2022の新機能が優秀か

これは各自の判断となる。今の各自の能力と、2022の新機能による作業効率の良さ。これのバランスになる。

今の私に限って言えば、2022でないとできないことはなさそうなので、2021で使っていき、どうしても乗り越えられない壁が出てきたときに、賭けに負けたということでサブスク2022を1ヶ月単位で買うことになる。もちろんそれとは無関係にサブスタンス 3D アセットが欲しい場合にもサブスクすることになるが、そのときに2022をお試しで使ってみるという手もある。

というわけで私はSteam版サブスタンス3Dペインター2022は買わないと思う。Steam版2021でしばらく初心者的なことを行い、高度な内容を扱うようになって2022の機能が優秀だと判断するまでは、お金を払わない基本戦略を取ろうと思う。仮に賭けに負けてサブスク2022継続になったとしてもDLポイントは貯まる上に有効期限は無限なので、それでもいいかな、と思う。

【結論】Steam版2021があるならそれを使い倒す

前の記事でも書いたが、Steam版サブスタンス3Dペインターはソフトそのものを買うスタイルであり、サブスク購入はサブスタンス 3D アセットのDL権を買うスタイルなのだ。そのDL権にオマケでサブスタンス3Dペインターが使えるという仕組みだ。なのでスポット購入によってある時期だけ2022を使い、2022でなければならない理由がなければSteam版2021を使えばいいのだ。

今回の私の作戦は、Steam版2021を基本とし、どうしても2022でなければならなくなったらAdobeのサブスク版を買う、ということにしようと思う。まだそんなに2021の機能をきちんと使いこなせていない上に、2022でなければならない理由がまだ見つからないからだ。

もちろんサブスタンス3Dペインター2021を持っていない人は、このタイミングで2022を買うのが最もお得ということになる。来年の今頃に再び2023を50%OFFの約8千円で買ってもいいし、今回の判断のように2024まで粘ることもできる。

結局の所はだいたい年額8千円ほど払ってサブスタンス3Dペインターを利用していることになるので、考え方によってはどっちの場合も「ほぼサブスク」と言えるかも知れない。なかなか上手い商売だ。

というわけで少しでも無駄金は省きたいので今回のSteam版サブスタンス3Dペインター2022は私は見送ることにしました。

皆様は各自の状況に合わせてご判断下さい。

今回の創作活動は約2時間(累積 約2,635時間)
(771回目のブログ更新)

ご支援のお願い

筆者はAmazonアソシエイト・プログラムに参加しています。(AmazonアソシエイトとはAmazon.co.jpの商品を宣伝し所定の条件を満たすことで紹介料をAmazon様から頂けるという大変ありがたい仕組みのこと。)
以下のリンクを経由してAmazonでお買物をするとその購入額の1~3%ほどのお小遣いが私に寄付されます。誰が何を買ったという情報は私には通知されませんのでご安心下さい😊
以下の商品名や画像アイコン、またはAmazonページへのリンクなどを経由して頂ければ紹介商品以外のご購入でもOKですよ~。

著:鬼木拓実, 著:玉ノ井彰祥, 著:大澤龍一, 著:黒澤徹太郎, 著:留目貴央
¥2,926 (2023/01/27 08:52時点 | Amazon調べ)
お役立ち情報を伝えよう!
  • URLをコピーしました!
目次