Zbrushなのにマウスだけで作った靴(Zmodelerだから)

(約 500文字の記事です。)

Zmodelerで靴底を作っていたら、もう面倒くさくなってそのままマウスでもこもこと靴の上まで作った。反省している。やっぱりペンタブで柔らかく触らないとうまく使えない。机の上を片付けます。今度から。

教科書は相変わらず作って覚える! ZBrushフィギュア制作入門である。

作って覚える! ZBrushフィギュア制作入門

作って覚える! ZBrushフィギュア制作入門

  • 作者:ウチヤマ リュウタ
  • 発売日: 2020/04/21
  • メディア: Kindle版
 

(2022/11/19 追記)
レンダリングについては当時はまだ知識がなくて、たまたま学習していたFusion 360にメッシュをFBXやOBJで移植し、Fusion 360のレンダラーでレンダリング。なのでPBRな写実的なレンダリング結果になっています。Zbrushでのレンダリング画像ではございません。念のため。(恐らくはZbrush 2023以降のRedshiftレンダラーが実装されればこれらの画像をZbrushのみで出力できるかも知れません。)

20180820182257.png

Zbrushからobjで出力してFusion 360で色つけ+レンダリング。

テストなのでダイナミックサブディブの最低レベル。ソールがカクカクだ。

モデリング中はまるでピーナッツだったが、色を付けてみると意外とイイネ。

20180820182347.png

無駄にソールをメタリックにしてみた。金属素材を選んだだけだけどw

20180820182325.png

こうして見ると結構デフォルメが効いて可愛い。さわやかブルーが白に合うね。

20180820182743.png

ところがどっこい。足を入れると途端にリアルにw

デフォルメのかわいさがまろやかになって乙女の足にぴったりフィット。

20180820182748.png

しかし、足が入るだけで靴の造形の印象がこんなにも変わるとは。モチベーションアップ。

学んだこと

・靴は靴だけにあらず。足と合わせて考えよう。

筆者はAmazonアソシエイト・プログラムに参加しています。(AmazonアソシエイトとはAmazon.co.jpの商品を宣伝し所定の条件を満たすことで紹介料をAmazon様から頂けるという大変ありがたい仕組みのこと。)
以下のリンクを経由してAmazonで何かを買うと1~3%ほどのお小遣いが私に寄付されます(笑)

作って覚える!  ZBrushフィギュア制作入門

作って覚える! ZBrushフィギュア制作入門

  • 作者:ウチヤマ リュウタ
  • 発売日: 2018/03/02
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
お役立ち情報を伝えよう!
  • URLをコピーしました!
目次