Zbrush 2021でサブディビジョン付きのメッシュの見え方を固定する方法

(約 800文字の記事です。)

20201114203105.jpg

Zbrush 2021にしてからサンプルのソルジャーを表示させて眺めてみると、サブディビジョンレベルがコロコロ変わる。ちらついて見える。鬱陶しい(笑)

これはBlender 2.9系で「マルチレゾリューションモディファイア」を適用したままスカルプトしたときと同じ挙動だ。

Zbrushでは「デジタル粘土」であって欲しいのだ。なのでカメラアングルを変えるだけで「見え方」が変わってもらっては困るのだ!ドラッグ開始前後でメッシュ(見え方)が変わらない安定した見え方が良かったのだ!つまり、従来通りのZbrush 2020までの表示方法に戻したいのだ!

今回はその直し方(戻し方)の記事です。詳細はこちらの有料記事をご覧下さい。こちらの記事にはZbrush 2021になってから感じた違和感やその解決方法を今後追記していく予定です。

note(ノート)
Zbrush 2021へのアップデート後に戸惑ったことを解決する|大和 司|note (約 2,100文字の記事です。) Zbrush 2020から2021になった事で注目されるのは布ブラシ系のことだろうが、それ以前に地味ながら今までの「基本的な部分」がひっそりと変...
ご支援のお願い

筆者はAmazonアソシエイト・プログラムに参加しています。(AmazonアソシエイトとはAmazon.co.jpの商品を宣伝し所定の条件を満たすことで紹介料をAmazon様から頂けるという大変ありがたい仕組みのこと。)
以下のリンクを経由してAmazonでお買物をするとその購入額の1~3%ほどのお小遣いが私に寄付されます。誰が何を買ったという情報は私には通知されませんのでご安心下さい😊
以下の商品名や画像アイコン、またはAmazonページへのリンクなどを経由して頂ければ紹介商品以外のご購入でもOKですよ~。

著:ウチヤマ リュウタ, 編集:堀越 祐樹
¥3,960 (2023/01/26 17:10時点 | Amazon調べ)
お役立ち情報を伝えよう!
  • URLをコピーしました!
目次