🚧 サイトをリニューアル中。運営しながら少しずつ改良中。見づらくてすいません 😭

人感センサー付きLEDライトはLYRIDZ製品がオススメ

(約 6,100文字の記事です。)

LEDセンサーライト 人感センサー 足元ライト コンセント式 LYRIDZ 常夜灯 明るさ無段階調光 ナイトライト 白い電球色 光センサー 廊下 玄関 階段用 室内 【2個セット PSE承認済 日本語取扱説明書】

自宅の環境の最適化のためにLEDライトを導入している。その中でも特にオススメなのが人感センサー付きLEDライトだ。暗くなってから人の動きを検知するとライトが点灯し、一定の時間が経過すると勝手に消灯する。人感センサー付きなのでハンズフリーで便利。明度センサーも搭載しているので日中は点灯しない。暗くなってからのみ自動点灯する。

凄く便利なのだが、何種類か使ったうちでもっともオススメできる製品がLYRIDZ製品だ。

対象読者は人感センサー付きLEDライトを探している人。夜中に自動で点灯する照明があると便利だと思った人。


Amazon

充電端子はマイクロUSB。USB-Cだったらよかったのだが、この手のコンパクト優先の機器はまだまだマイクロUSBが主流である。

USB充電タイプには白色はなくてオレンジ色の電球色のみ。そして明るさも最大で20ルーメンと、白色の最大120ルーメンに比べるとかなり暗いかな?と思ったが、そうでもない。というのもUSBタイプのこの商品は完全に足元灯に特化している。なので寝起きの目には20ルーメンは明るすぎるくらいだった。結果、最低の1ルーメンから1つ上げたレベル2で運用しているが、こちらも満足度が高かった。というのも低消費電力ゆえにバッテリーが長持ちするのだ。

USBタイプはフェードインで点灯する(だがパッと消える)

USBタイプは点灯時にフワッとフェードインして光る。これが目に優しい。ただし消えるときにはパッと消える。割り切った仕様。

点灯時間は20秒と短め。そして輝度も低いので、結果的に長寿命だったりする。実際に試してみたところ、照度を下からレベル2にセットし、トイレに行く際の足元灯として運用して1ヶ月経ったがまだ普通に使えている。とはいえ1ヶ月も持ったのだから十分なので、待ちきれずに今日充電したが、1時間もしないで完了した。まだまだバッテリー残量があったみたいだ。

やはり低照度と短時間点灯のコンボで長寿命化を実現している印象。そしてそれに不満はない。素晴らしい。

少しの暗がりでも反応=点灯する

どうやら明度センサの感度が高めに設定されているらしく、我が家では天井の照明=2本の蛍光灯を1本点灯に切り替えると、その状態で人影がライトを覆うとセンサーが人を検知して点灯してしまう。なのでUSBタイプの場合は明度センサーのしきい値が若干高めに設定されているようだ。

USBタイプの磁石はネオジム磁石

銀色のつるつるした磁石だ。直径の割には吸着力が強いネオジム磁石だ。黒くて非光沢のフェライト磁石よりも強力だ。これは高評価ポイントだ。

バッテリー残量通知機能付き(点灯時の明滅)

バッテリーの残量が減ってくると点灯時に「設定値の明るさと最弱の明るさとに交互に切り替わって明滅する」という親切設計。なので点灯時に明滅したら翌日の日中にでも充電しておこう。

目次

【総評】どちらもリピート買いしたい一品

コスパと性能を比べるとかなりオススメだ。私が人感センサー付きLEDライトを買い増しするなら間違いなくLYRIDZ製品をリピート買いする。

(番外編)最初に買った他社製品

小型 LED人感センサーライト USB 充電式 室内 明暗センサー マグネット 両面テープ付き 3個入 昼白色

これは最初に1セット買って気に入り合計2セット買って自宅に6個設置している。だが1つがバッテリーに不良があり、バッテリー残量が減ると突然に点灯しなくなるトラブルがあって廃棄。実質5個で運用中。

内蔵の白色LED6個が光るのでかなり明るいが、相対的に早くバッテリー切れが起こるので2週間に1度くらいは充電が必要で、結構頻繁だなぁという印象。バッテリー容量と照度と消費電力の関係は何ともならない。自宅にあるライト本体が5個もあるので常に何かを充電している印象があるが、その頻度は仕方がない。

白色LED×6個なので点灯時にはかなり明るいのでいいのだが、頻繁に人が通る場所に設置するとあっという間にバッテリー切れになっていて気がつけば点灯しなくなっている。そういう所への解決策としてUSB版LYRIDZ製品を採用したが、これがビンゴだった。頻繁に人が通る場所に設置して1ヶ月普通に使ってもバッテリーは十分にもった。(いつ切れるか分からないので我慢できずに1ヶ月目で満充電にしたが(笑)、それでも充電時間は1.5時間程度だった。)

さて、

小型 LED人感センサーライト USB 充電式 室内 明暗センサー マグネット 両面テープ付き 3個入 昼白色

上記製品は3個入りで1600円程度とかなりコスパがいい。照度も高いが反面バッテリー容量が多くはないので、割と頻繁に充電が必要。体感では2週間に1度は充電が必要。

ただしセンサーの感度は割と良好。LYRIDZとほぼ変わらない。照度はUSB版LYRIDZ製品よりは圧倒的に明るい。その分バッテリーが持たない。トレードオフの関係。

つまりは「照度優先かつ低頻度」ならば上記製品でいいし「バッテリー寿命優先でほわっと明るければそれでいい」ならばUSB版LYRIDZ製品、最大にした圧倒的照度と人感センサーとなるとコンセント版LYRIDZになる。うん、結局LYRIDZ製品でいいね、ということだ。その分価格が上記製品よりも高めだが、満足度はそれ以上なのでオススメする。

というわけで人感センサー付き明度センサー付きLEDライトはLYRIDZ製品がオススメです。

自信を持ってオススメできる一品。自腹で買ってみて本当にいいと思ったからオススメしています。私はLYRIDZの回し者ではありません(笑)プロモーション記事でもありません。

当ブログの読者様で人感センサー付きLEDライトを探しているならば是非ともオススメしたい一品です。

今回の創作活動は約2時間30分(累積 約2,672時間)
(779回目のブログ更新)

筆者はAmazonアソシエイト・プログラムに参加しています。(AmazonアソシエイトとはAmazon.co.jpの商品を宣伝し所定の条件を満たすことで紹介料をAmazon様から頂けるという大変ありがたい仕組みのこと。)
以下のリンクを経由してAmazonでお買物をするとその購入額の1~3%ほどのお小遣いが私に寄付されます(笑)

LEDセンサーライト 人感センサー 足元ライト コンセント式 LYRIDZ 常夜灯 明るさ無段階調光 ナイトライト 白い電球色 光センサー 廊下 玄関 階段用 室内 【2個セット PSE承認済 日本語取扱説明書】

LEDセンサーライト 足元灯 常夜灯 ナイトライト LYRIDZ 無段階調光 人感 3つのモード usb充電式 電球色 省エネ 廊下 寝室 玄関 階段 【2個セット·日本語説明書付】