画力がないなら立体を作ればいい

3DCGでワンシーンメイキング(オリジナル小説の挿絵作り)

Zbrushのトランスポーズマスターでエラー「Vertex count mismatch」の対処方法

(約 1,200文字の記事です。)
f:id:yamato-tsukasa:20190127070728p:plain
Back To the Center Pluginを使って「チェンジザワールド軸」モードを使うためには、トランスポーズマスターを使う必要がある。だが、その肝心のトランスポーズマスターがエラーを吐いてしまうことがある。今回は筆者がハマったその例と解決方法をご紹介。
Zbrush用プラグイン「Back To the Center」(斜め配置したパーツを最短ワンクリックで左右対称編集) - - BOOTH

トランスポーズマスターで「結合する」分には問題が無い

だからすんなりいきそうな気がする。だが、肝心の「分解」つまり元に戻す際にエラーが出るのだ。
例えばこんな感じ。
f:id:yamato-tsukasa:20190127060617p:plain

これを一度結合し、再度解凍しようとすると、こんなエラーが。
f:id:yamato-tsukasa:20190127070728p:plain

そしてこうなった。
f:id:yamato-tsukasa:20190127063142p:plain

で、Google先生に聞いてみると、Zbrush Central (英語本家)にヒットし、そこで「公式リファレンスを見よ」というような書き込みがあった。
さっそく調べてみると、こんな感じの内容があった。
f:id:yamato-tsukasa:20190127063341p:plain
Transpose Master | ZBrush Docs

確かに当該サブツールの一部が「非表示のまま」だったのでエラーになった

あごひもを非表示にしたままになっていたみたい。
f:id:yamato-tsukasa:20190127063426p:plain

なので、非表示をDel Hiddenしてから再度トランスポーズマスターで結合&解凍したら上手くいった。

トランスポーズマスターをかける前に全サブツールを検査する必要がある

これは今後の課題だな。トランスポーズマスターに依存する「チェンジザワールド軸」をすんなり実現させるためにはその仕組みが重要だ。
今後のBTCPの改良案件に組み込むことにしよう。
幸い、筆者は、全サブツールのマスクを解除するようなスクリプトを既に開発しているので、それと同様に全てのサブツールを全表示化させる処理を実装することは可能だ。
あとはどれくらい寄付が集まるかで考えることにします。この辺はシビアにします(笑)善意はどれだけ真実なのか?

2019/07/21 気まぐれに追記
Back To the Center Ver.2.5系では既にトランスポーズマスター直前に事前に自動で全ての可視サブツールをチェックする機能が実装されているので安心です。

BTCプラグインVer.2.4の使い方(応用編) - 画力がないなら立体を作ればいい

今回の創作活動は約15分(累積 約736時間)
(164回目のブログ更新)