いきなりホットパンツのすその制御が手に負えない

20191001015416j:plain:w240
リグ入れでオリキャラが自由にポージングできる入り口に立ってみたが、いきなりホットパンツのすその制御が難しいことが分かった。

目次

ホットパンツが足の角度で短パンになる

ま、ボーンとリグ入れの経験者あるあるだと思うが。
前から見たら、おーいいじゃん。
20191001015137.jpg

横から見ると、いきなり小学生になりました。運動会?
20191001015141.jpg

大腿骨1本のボーンだけでは無理だとすぐに分かった。アニメーションならIKとかを駆使してえらい大変なギミックを仕込むことになるのだろうが静止画ベースなら手動で位置調整しても構わない。で、今使える自分の技術を駆使して補助ボーンを入れて試行錯誤。まだ完全ではないが、制御できそうな感じが分かったので今日はここまで。

もちろん、Zbrushに戻してZbrush上でブラシで微調整してもいいのだが、Zbrushでのギズモ調整はとても大変。なのでボーンで回転や拡縮や移動がドラッグ一発でできる状態である程度までは変形させたいと思って補助ボーンで試行錯誤してみた。

20191001015416.jpg
20191001015420.jpg
20191001015423.jpg
20191001015427.jpg

ようやくそこはかとないセクシーさが表現できるように(笑)

ボーンのヘッド位置は重要

これも初心者あるあるだと思うが、ボーンのテールとヘッドの位置は、最初は何の意味があるのかよく分からなかったが、ウェイトを塗ったりポージング状態で修正してみたりしてよく分かった。ボーンのヘッド位置はとても重要。そこを中心に回転したときの影響が、そのボーンの上下左右で全然違うから。ここら辺もプロのリグ入れ職人はノウハウまみれなんだろうなと思った。そこまで深入りはしないが、綺麗な関節を作るためには色々な技術が使われているのだろう。

今の暫定の各関節の位置もこれでいいとは限らない。まだまだ試行錯誤が必要だろうが、とりあえずは作って、調整して、試行錯誤して、のループで育てていく予定。早く絵を作りたい。3DCGは手段であって目的ではないのだよ。

あまり沼にはまらないようにし、仕上げはZbrushでブラシでちょっと触って形を整える分けなので、ハマらないようにしよう。

ホットパンツの裾の試行錯誤で終わってしまった。悔しい。
20191001015431.jpg

ってかさ、3DCGって、楽し~と思えるまでの道のりが長すぎる気がする。もはや何の修行なんだろうと思ってしまう。作るより、ゲームをやって遊んでいた方が、、楽しい気もして、、、きた……。

今回の創作活動は約4時間15分(累積 約1,102時間)
そのうちモデリング作業 約4時間(累積 約198時間)
(380回目のブログ更新)

筆者はAmazonアソシエイト・プログラムに参加しています。(AmazonアソシエイトとはAmazon.co.jpの商品を宣伝し所定の条件を満たすことで紹介料をAmazon様から頂けるという大変ありがたい仕組みのこと。)

以下のリンクを経由してAmazonでお買物をするとその購入額の1~3%ほどのお小遣いが私に寄付されます(笑)以下のリンクを経由して頂ければ紹介商品以外のご購入でもOKですよ~。

お役立ち情報を伝えよう!
  • URLをコピーしました!
目次