3DCGで何をどう作るか考え中

ZbrushとBlenderの使い方、ヒント、コツなど。たまにZbrushプラグイン開発も。

Back To the Center(BTC)プラグインVer.2.6.0の変更内容

(約 1,300文字の記事です。)

f:id:yamato-tsukasa:20210712203745p:plain

Zbrush用プラグインBack To the Centerプラグインを久々に修正。一部機能の変更などのマイナーチェンジです。

Zbrush用プラグイン「Back To the Center」(斜め配置したパーツを最短ワンクリックで左右対称編集) - YAMATO Tools - BOOTH

対象読者はBack To the Centerプラグインユーザーです。

変更内容一覧

  1. ボタンUIのバグ修正。Doneボタンの表示状態の異常を修正。
  2. Undo Miss Click ボタンの追加。BTC Again, Relocationボタンの押し間違い時のアンドゥ用。
  3. Step2中の上下・前後反転時にキャンバス描画がフリーズして正しく状態を表示できていなかった不具合を解消。
  4. BTC Again, Relocationボタンのクリック時にカメラ位置を自動で移動させないように変更。

上記の通りですが、以下、大きく変わった部分の解説。

間違ってBTC Again, Relocationボタンを押した場合の復旧

このボタンを押すとBTC Again, Relocationボタンによるメッシュの移動を規定回数だけアンドゥして移動前の状態に戻せるようにしました。

f:id:yamato-tsukasa:20210712203745p:plain

YT Symmetrizerからの移植機能です。手動で8回アンドゥするよりも正確にアンドゥできます。

もちろん手動でのアンドゥ・リドゥもできます。

BTC Again, Relocationボタン利用時のカメラの移動をしない

以前のバージョンでは、BTC Again, Relocationボタン利用時にその都度カメラがズームインしてキャンバスの見え方が変わっていた機能を今回から廃止し、カメラ制御をしない仕様に変更しました。この「2つのボタンで往復しつつメッシュの状態を観察したい場合に不便だった」そうで、カメラを制御しない仕様に変更しました。

他はちょっとしたマイナーバグの修正

特に前後のバージョンで違いを感じないほどのマイナーバグを修正しました。

Zbrush用プラグイン「Back To the Center」(斜め配置したパーツを最短ワンクリックで左右対称編集) - YAMATO Tools - BOOTH





今回の創作活動は約45分(累積 約2,467時間)
(738回目のブログ更新)

筆者はAmazonアソシエイト・プログラムに参加しています。(AmazonアソシエイトとはAmazon.co.jpの商品を宣伝し所定の条件を満たすことで紹介料をAmazon様から頂けるという大変ありがたい仕組みのこと。)
以下のリンクを経由してAmazonで何かを買うと購入額の1~3%ほどのお小遣いが私に寄付されます(笑)