3DCGで何をどう作るか考え中

ZbrushとBlenderの使い方、ヒント、コツなど。たまにZbrushプラグイン開発も。

Local by Flywheelのインストールメモ

(約 3,200文字の記事です。)

f:id:yamato-tsukasa:20211109194840p:plain

いきなりレンタルサーバに何かを入れて不具合が出たら怖い。そもそもWordPressのことは全く分からない。なので情報収集をしているうちにPC内にWordPressをインストールできることが分かった。仮想環境のようにPC上で、ソフトウェアでサーバ環境を作り、その中にWordPressを入れられるらしい。

で、情報源を色々探した結果、まずはこちらのYouTube動画が長くて詳細な解説をしていたので、これに従ってLocal環境を整えようと思った。

パソコンにWordPressをインストールして制作を楽にする!Local by Flywheelの使い方をたっぷり紹介 - YouTube

youtu.be

ここから先は備忘録。

インストール先

インストール先がデフォルトでCドライブのユーザーフォルダになっていたのが気持ち悪かった。加えて階層が深い(笑)。

なので、別のDドライブ直下にに「LocalByFlywheel」というフォルダを作ってそこにインストールした。無駄にCドライブを使いたくない。予感は当たってインストール後のフォルダ容量は1.5GBだった。Dドライブで正解。MySQLが約800MBと半分を占めている。要するにサーバ環境の構築にファイル容量がかさばっている感じ。ここからWordPress関連のものをインストールするわけで。

いよいよ動画に従ってWordPressをセットアップしていく。だがいきなり罠があった!

【重要】アンチウィルスソフトを一時的にOFFにする

いきなりハマった罠。アンチウィルスソフトがONのままだとWordPressを後からアップデートされない。私の場合は5.2がインストールされ、「アップデートするよ」ボタンを押してもエラー画面がでて終了。色々調べたら無事解決。

  1. 作成したサイトを削除(右クリック>Delete)
  2. アンチウィルスソフトを一時的にOFFにする
  3. 再びサイト作成(example)

すると自動で最新のWordPressがインストールされる。焦った。

Local by flywheelがUh-oh Could not update hosts fileの時の対処法 | ザリガニデザインオフィス

終わったら安全のためにアンチウィルスソフトをONに戻す。

念のためアンチウィルスのリアルタイム検索からLocal by Flywheelのインストールフォルダを除外した。なお自己責任でお願いします。

作業内容

日本語化。UTC+9、日付、時間、カレンダー始まりの変更。

プラグイン>新規追加>検索ウィンドウ>WP Multibyte Patchをインストール

Contact7は導入しない。既にブログでGoogle Formを使っているので。

ブループリントは便利。何度でもやり直すときに再設定の手間がない。これはいきなりサーバにWordPressを構築するよりも効率的に試行錯誤ができるからいいね!

Local本体にアドオン:Notesを追加。他、紹介されているTable Plusは使いそうもないので今はパス。

Local本体のアドオン:Image Optimizerだが、Localにアカウントを作ってログインしないと使えないようなのでパス。次に解説されたLive Linkも同様。もしスマホでの見え方チェックをしたくなったら再度検討しよう。

カスタムフォルダにWPを移植する関連

.htaccessの中に追記のコピペ用。customはwpのインストールフォルダ名。example2はサイト名。

RewriteEngine On
RewriteRule ^(custom/|custom)$ https://example2.local/ [R=301,L]

WordPress本体にアドオンをインストールする

WP Multibyte Patch

日本語DBに必須らしい。

WP Downgrade

WordPressのダウングレード用アドオンはまだ使わないので今回は入れていない。

BackWPupをインストール

WindowsユーザーはZipのままでいいらしい。お好みでTar GZipもいいだろう。

ジョブの設定は後で調べる。

All-in-One WP Migrationをインストール

これも後から調べよう。

データフォルダの位置を変更したい

動画の通りに作っていくとCドライブのユーザーの中の深い階層にデータファイルが生成される。貴重なCドライブを埋めたくないので変更したい。

  1. Localでブループリントを新規作成保存
  2. 新しいサイトを作成
  3. ドメインとLocal site pathについて任意の文字列を指定する
  4. 先ほど作成したブループリントを指定する

f:id:yamato-tsukasa:20211109204429p:plain

これで綺麗さっぱり「データフォルダの位置」だけが変わった新規データが作成される。プラグインなどの再インストールも不要。

古いほうのサイトデータはあとでLocalソフト上から右クリック>DeleteしてOK。

私はこれで、さっきまでセットアップしていた内容を引き継いだまま、Dドライブの直下にLocal Sitesフォルダに移植できた。このブループリントはまさに仮想環境ならではの便利機能だ。やり直し作業がないのがとても効率的だ。

もしいきなりレンタルサーバに入れていたら、こんな感じでフォルダ変更も大変だったのだろうと思う。仮想環境ならではお手軽さと学習環境だ。

ウェブサイトくらいならば容量が少ないのでCドライブでもいいが、今後ブログを移植した場合には画像も多用しているはずなのでCドライブを埋め尽くすのは避けたいのでDドライブに移動させられたのは地味に嬉しい。

ちょっとずつ成長してきた(笑)

とりあえずこれで終了

これで動画を視聴した際のメモは終了。基本的には動画の通りなので、細部は書いていない。あくまで自分の備忘録。本当はEvernoteにメモしておこうと思ったが、いくつかつまづいたところがあったので公開しておこうと思う。

次はLightningのテーマを入れてサイト作りをする予定。だがさすがに大したネタはないと思うので今後はEvernoteに作業メモをつけることにする。





今回の創作活動は約1時間30分(累積 約2,614時間)
(763回目のブログ更新)

筆者はAmazonアソシエイト・プログラムに参加しています。(AmazonアソシエイトとはAmazon.co.jpの商品を宣伝し所定の条件を満たすことで紹介料をAmazon様から頂けるという大変ありがたい仕組みのこと。)
以下のリンクを経由してAmazonでお買物をするとその購入額の1~3%ほどのお小遣いが私に寄付されます(笑)