3DCGで何をどう作るか考え中

ZbrushとBlenderの使い方、ヒント、コツなど。たまにZbrushプラグイン開発も。

ゼロから始めるBlenderのウェイト塗りのメモ 2枚目

(約 3,000文字の記事です。)

f:id:yamato-tsukasa:20210812195449j:plain

前回の記事でBlenderのウェイトペイントの基本はほぼ押さえられたと思う。

ゼロから始めるBlenderのウェイト塗りのメモ 1枚目 - 3DCGで何をどう作るか考え中

今回からはより実践的なウェイト塗りの知識を身に付けたい。

この記事では、紹介した動画でいいと思った点のメモや、足りないと感じた補足事項などをご紹介。基本的に私の備忘録です。

対象読者はBlenderユーザー、ボーン・ポージング初心者です。

はじめに

全ての動画の作成者様に感謝いたします。おかげでド素人でも知識ゼロからでもBlenderを学ぶことができています。

基本を押えた実践的な解説

mmCGチャンネル animetic 様の動画で学習しました。

【Blender 2.9 Tutorial】ウェイトペイント/メッシュ変形 解説 - Weight Painting/Mesh Deforming - YouTube

youtu.be

この動画では、前回の動画でボーン入れが半分終わった段階の続きとなっている。ウェイト塗りの話からスタートしている。もちろんボーンとリグ設定の動画を見てもいいが、今はウェイトの学習に集中したい。

いいなと思ったところのメモ

詳細は結局のところ上記動画を見れば分かると思うので個人的なメモとしてスクショ的なメモを置いておく。ほとんど自分用備忘録です(笑)

https://youtu.be/QbWW-RyO_jc?t=351

f:id:yamato-tsukasa:20210812133215p:plain

https://youtu.be/QbWW-RyO_jc?t=553

f:id:yamato-tsukasa:20210812134228p:plain

https://youtu.be/QbWW-RyO_jc?t=817

シームを切った場合にはLキーでシームの内外を個別に選択できるとは知らなかった。(なおShift + Hで選択領域のソロ表示が可能です、豆知識。)

https://youtu.be/QbWW-RyO_jc?t=1281

下着や水着などの薄い衣類はアーマチュア変形ではなくてサーフェス変形・モディファイアなんだな。初めて聞いた&知った。ただしペアレントを手動でセットしないと置いてけぼりになる。

ちなみにBlender 2.93.2現在ではモディファイアをアウトライナー上でD&Dで他のオブジェクトにコピペできる。豆知識。

https://youtu.be/QbWW-RyO_jc?t=1785

ん~?個人的にはメッシュの形状をいじるのではなくてウェイト値で調整すると思う。これをやったら修正の無限ループに入るのでは?ウェイト値で調整できるスキルを身に付ける方が私にとっては重要だ。

でもどうなんだろう、作業効率との兼ね合いでプロの現場では「いたしかたなし」なのかも知れない。ここは少し模索する必要がある。

総評

丁寧な解説で実践的な内容が多かった。実力アップには丁度いい。mmCGチャンネル animetic 様の動画はとにかく丁寧なので動画の時間数が膨大になるが、その分だけ実力になるだろう。

またこの動画の前のボーン入れの動画も見たくなってしまった。

https://youtu.be/G2orwhrl4VU

だがとっちらかりそうなので今は我慢。あとから見よう。それはボーン入れだけではなくてリグ入れなのでIKとか色々ありそうなので、今はまだ消化不良を起こしそう。

かなりいい動画なのだが、若干気になった点もある。

気になったこと

ウェイトペイントの状態をボーンポージングさせて確認していないままウェイトのスムージングを行っている。なぜ?Ctrl + ボーンクリックで変形させるという技を使っていない。これは気になった。他の動画配信者の皆様は大抵その機能を使ってウェイトとメッシュ形状とを見ながらウェイトを微調整しているので。便利機能なので私は使っていきたい。

手順の効率化はもっとできそうだと感じた。何度も同じ作業が多かったため、別の手法で一発でできるような改善ができそうだ。ここは各自で情報収集して作業の効率化を追求したいところだ。

その他のTips

画像を明るくする

画像が暗いと思ったら明るくできる。

f:id:yamato-tsukasa:20210811230753p:plain

ウェイトペイントモードでVキーを押してマスクモードに切替えた後にCtrl+右ドラッグで投げ縄ツールを利用できる。

ウェイト色が黒の意味

正規化ONでもブラシ塗りでウェイト値0に戻すことはできる。(黒で表示される状態に戻せる。)だがしかし、1つの頂点をVキーでマスクモードにしてアイテムからウェイト情報を確認すると、そのボーンではウェイト0になるが、代わりに他のボーンの頂点グループのうちウェイト値がゼロではないグループにウェイト値が均等に割り振られている。

なので自動の正規化ONのままブラシでウェイト値All Zeroにはできない。最終的にどこかのグループのウェイト値が1.0になる。例えウェイト値0で塗ったとしても。念のため。

【まとめ】

動画2本見終えて実際に手を動かしてみた。だんだんとウェイト塗りが分かってきた。1本目の動画のセオリーと、この動画の実践的なノウハウで、かなりウェイト塗りが分かってきたぞ。

後は適当に触ってみたら何となく分かってきた

f:id:yamato-tsukasa:20210812195449j:plain

もっと色んな動画を紹介しようと思ったのだが、ウェイト塗りだとあとは大体同じで、あまりまとめて紹介するほどのTipsが見つからず。なので後はMyネタ帳にメモする程度で十分だと判断した。なのでウェイト塗り編の動画の紹介はこれまでにします。





今回の創作活動は約3時間30分(累積 約2,534時間)
(750回目のブログ更新)

筆者はAmazonアソシエイト・プログラムに参加しています。(AmazonアソシエイトとはAmazon.co.jpの商品を宣伝し所定の条件を満たすことで紹介料をAmazon様から頂けるという大変ありがたい仕組みのこと。)
以下のリンクを経由してAmazonで何かを買うと購入額の1~3%ほどのお小遣いが私に寄付されます(笑)