3DCGで何をどう作るか考え中

ZbrushとBlenderの使い方、ヒント、コツなど。たまにZbrushプラグイン開発も。

ZbrushのV1~V8ボタンのサブツールの可視状態をコピペする「Vボタン管理ツール」

(約 1,900文字の記事です。)

f:id:yamato-tsukasa:20220109064554p:plain

Zbrush 2022になって搭載されたV1~V8ボタン。せっかく可視状態を調整したのに別のVボタンにコピペできない……。

というわけでVボタンのサブツールの状態を別のVボタンにコピペするプラグインを開発しました。

当プラグインがあってようやくZbrush 2022のV1~V8ボタンの本領発揮です。

対象読者はZbrush 2022ユーザーです。業務の都合上Zbrush 2021を使っているユーザーは2022へのアプデ時にでもご検討ください。

以下ではV1~V8ボタンのことをVボタンとも呼びます。

微妙に使いにくいV1~V8ボタン

Vボタン、かつて私が開発したVisibility SwitcherというプラグインがついにZbrush本家の機能として登場してきた。ところが使ってみると結構使いにくい。というのも、たくさんあるサブツールをプチプチと目玉アイコンを制御した所で、別のVボタンは全て可視状態(または全て不可視状態)からスタートになっているわけである。毎回プチプチ目玉アイコンをクリックし直すの?Noである。(※ ある規則性によって全て可視/不可視が決まりますがほぼランダムだと思っていいw)

このようにV1ボタンでコツコツ見た目を調整しても、

f:id:yamato-tsukasa:20220109064118p:plain

V2ボタンを押してみたら全表示状態に。つまりV1のカスタム状態をまたゼロからV2ボタンにセットする必要がある。

f:id:yamato-tsukasa:20220109064157p:plain

これさ、サブツール総数が数百ある場合、どうするの?全く役に立たないぞ。

Vボタンの内容をコピペするツールを作りました

ZbrushのV1~V8ボタンをコピペする「Vボタン管理ツール」 - YAMATO Tools - BOOTH

というわけでプラグインを作りました。現在選択中のVボタンの全サブツールの状態をコピーし、任意のVボタンを選び直してペーストするプラグイン。これで上記のV1の見た目をV2などにコピペできるぞ!

f:id:yamato-tsukasa:20220109064905p:plain

他にもコピーしたあとに全てのVボタンに一括ペーストする「全てにペースト」ボタンも実装。V1~V8に8回もコピペする必要なし!1回分のコピペ操作で全てのVボタン内の見た目を共通化できます。

実はメチャクチャ大変だった

もうね、普通の人には作れないプラグインです(笑)リファレンスを100%理解したとしても作り出せないでしょう。だってリファレンスにないコマンドを知っていないと作れないプラグインだったから。情報収集にかけたコストがそのまま価格に反映されています。

気合いと根性と努力と粘り強さの勝利でした。

当プラグインがあってようやくZbrush 2022のV1~V8ボタンの本領発揮です。

是非とも活用して快適な創作活動を手に入れて下さい。





今回の創作活動は約45分(累積 約2,663時間)
(776回目のブログ更新)

筆者はAmazonアソシエイト・プログラムに参加しています。(AmazonアソシエイトとはAmazon.co.jpの商品を宣伝し所定の条件を満たすことで紹介料をAmazon様から頂けるという大変ありがたい仕組みのこと。)
以下のリンクを経由してAmazonでお買物をするとその購入額の1~3%ほどのお小遣いが私に寄付されます(笑)