3DCGで何をどう作るか考え中

ZbrushとBlenderの使い方、ヒント、コツなど。たまにZbrushプラグイン開発も。

Zbrushでスカルプト+Blenderでポージングするワークフロー

(約 2,300文字の記事です。)

f:id:yamato-tsukasa:20211030063621j:plain

ZbrushでAポーズの大部分をスカルプトし、必要ならばサブディビジョン・モデリングも利用する。それと並行してBlenderでボーンやリグ入れしてポージングさせる。作業中のメッシュをZbrushとBlenderとで往復させつつ、いつでもポーズの微調整ができるというワークフローが完成した。この記事はその導入記事。

対象読者はZbrushでフィギュアを作っている人、Blenderが使える人です。

更新履歴

2021/10/30 第6回までの記事を執筆したので記事の内容を一部修正。

技術的なブレークスルー

上記のテーマは過去に取り組んだが、制約事項が多すぎて頓挫していた。だが今回改めて調査し、加えて自分でも何とかBlender用アドオンを作ってみたりして、そこそこ快適に両者を往復させつつ、スカルプトとリグポージングを両立できたので、記事を執筆することにした。

具体的には、

  1. Zbrush側でのサブディビジョン・モデリングを維持できる
  2. Blender側でいつでもポーズの再調整ができる
  3. どちら側でもトポロジ変更とポーズ調整が可能

この3つが出そろった。

もちろんこれら以外にも技術的な制限によって、何でもかんでもメッシュに関して自由に両者を往復とは行かない。不可能な事象もある。だが実践的なワークフローにかなり近づいたと思っている。

Blenderでの自作アドオン

またBlender側での操作も自作アドオンで数クリックにできたことも大きい。だが私はBlenderアドオン開発のプロではないので、つぎはぎだらけで何とか「仕様通りに操作した場合のみ仕様通りに動く」という、永遠のベータ版だが、それを手作業でプチプチするよりは圧倒的に早い。それらもマガジン内で公開する予定。

執筆状況

2021/10/30 現在で、内容を6回に分けて基本的なことから実際の作業手順までを記事にした。

11月上旬にかけてBlenderアドオンで更にその手順を簡略化して利用できるようにしたい。予定としてはノーサポートの代わりに無料で公開するが、一般公開ではなくて以下のマガジン購入者にだけ公開する予定だ。そもそも使い方や仕様などもマガジン内の記事に書くので、いわゆるフリーツールとして公開するつもりはありません。

Zbrushのフィギュアをボーンでポーズ変更する(第1回)はじめに(無料記事)|大和 司 2nd|note

マガジンはこちら。

ZbrushユーザのためのBlender2.9系Tips集2|大和 司 2nd|note

中級編になって内容もかなり濃くなった。価格はエネルギー量を示しています(笑)ちょっとお高めですが、それだけ濃い実践的な内容に仕上がっています。

ほぼプロ向けの内容です。具体的にはフィギュア原型師向けの情報が多めです。

その他の参考情報など

ZbrushとBlenderを使い分ける 第1回(両者のメリット・デメリット) - 3DCGで何をどう作るか考え中

ZbrushとBlenderを使い分ける 第2回(両者でできないこと) - 3DCGで何をどう作るか考え中

Blenderのアーマチュア、ボーン、リグを理解する - 3DCGで何をどう作るか考え中





今回の創作活動は約1時間(累積 約2,568時間)
(757回目のブログ更新)

筆者はAmazonアソシエイト・プログラムに参加しています。(AmazonアソシエイトとはAmazon.co.jpの商品を宣伝し所定の条件を満たすことで紹介料をAmazon様から頂けるという大変ありがたい仕組みのこと。)
以下のリンクを経由してAmazonでお買物をするとその購入額の1~3%ほどのお小遣いが私に寄付されます(笑)