3DCGで何をどう作るか考え中

ZbrushとBlenderの使い方、ヒント、コツなど。たまにZbrushプラグイン開発も。

趣味で始めるWordPress用のサーバ選び(ColorfulBoxは微妙)

(約 9,500文字の記事です。)

f:id:yamato-tsukasa:20211107091131p:plain

WordPressを始めるためにレンタルサーバを探すと、

  1. Xserver(エックスサーバー)
  2. ConoHa WING(コノハ ウイング)
  3. mixhost(ミックスホスト)

推しの記事がたくさん出てくる。よくオススメされる上記3社は確かに色んな機能をカバーしているのだが、月額が高い。毎月10万PVにも満たない小規模サイトには辛い出費だ。

何とか月額千円未満で抑えたい。辿り着いたのがColorfulboxだった。

対象読者はこれからWordPressを始める初心者。ただし「ちょっとしたトラブルは自力でネット検索して解決する」つもりの人。PCにちょっと詳しいよ、という人ならば乗り越えられるはず。(逆にPC苦手というような人には向かない記事です。)

更新履歴

2021/11/09 やっぱりスターサーバのハイスピードプランを試すことにした。

色々考え直した点

趣味で始めるWordPress用のサーバ選び(スターサーバの弱点克服) - 3DCGで何をどう作るか考え中

ダウングレードはしないかも

ColorfulBox BOX1から2に上げてもBOX1に戻すことはなさそうな点。またBOX2から3に上げる可能性は低い点。

そしてBOX2ならば最初からエックスサーバも視野に入るのでColorfulBoxのメリットが小さい。

自動バックアップ&復元はプラグインで無料でできる

自動バックアップは結局WordPressのプラグインで対処できるため大したメリットにならない。遠隔地へのバックアップも、結局は自宅PCにバックアップを取れば同じでありそれも無料で作れそうだと分かったので、あまりメリットにならない。また全てのフォルダを丸ごとバックアップする手段も分かったしその復元方法も分かったので、自動バックアップをセットし、自分で復元すれば無料なのは当たり前。だからこの点のメリットはなくなった。というかどのレンタルサーバでも無関係になった。

LiteSpeed起因の不具合報告が多い

LiteSpeed起因のWordPressのプラグインやテンプレとの相性問題の報告がいくつかあったので、不安材料でしかない。特にLiteSpeed Cacheを利用した高速化ではレイアウトが崩れたり一部非表示などの報告があり、LiteSpeed Cacheを使った高速化は多分使わない。なのでメリットにならない。

その他、色々と不安要素

ColorfulBoxはアダルトOKのサーバも運用しているせいか、非アダルトサーバでも夜間のレスポンスが悪いという噂も見つけた。それは大いに有り得る話だ。となるとこれも不安材料だ。

ColorfulBoxではCPUやメモリの割当量が独立しているはずだが、情報収集した結果、何だか影響を受けているというような情報も見かけたし、WordPressの数が増えるとメモリ不足などで不安定になるというColorfulBox特有の現象の情報も見られた。他の共有サーバではそもそも割り当てを独立させていないので、そういう話はあまり聞かない。やはり不安材料だ。

また独自ドメインの設定の仕方が独特という点、cPanelという日本ではマイナーな管理システム、ユーザーによる情報提供の少なさゆえに「mixhostもcPanelだから参考になる」という遠回りな情報収集の手間が気になる。

総合的に考えると、例えトラブルシュートに自信があってもWordPress初心者が最初の1台目のサーバとしてColorfulBoxを選ぶべきではない気がしてきた。

知恵をつけて再検討したら不安材料の方が多かった

結論としては、知恵をつけて改めて各社を比較してみたらColorfulBoxのメリットは少なく、むしろ不安材料の多さが目立った。

というわけで再検討した結果、スターサーバのハイスピードプラン+半額キャンペーンのほうがいい、という結論に達した。



以下は過去ログ。




前提条件

私がレンタルサーバーを選ぶ前に、私の要求を明らかにしておこうと思う。

  1. WordPressサイトは1つか2つ、3つ以上は考えていない
  2. 最初は1つで運用でOK
  3. 専門分野のWebサイトを作りたい
  4. Local by Flywheelの仮想環境で開発したい
  5. 将来的に「はてなブログ」からWordPressに移したい(まずはウェブサイト構築が先)
  6. アフィリエイターではないので趣味ウェブサイトのアクセス量で十分
  7. 電話サポートなどには期待していない(基本、自己解決の世界だと思っているので)
  8. なるべく安い月額で
  9. 独自ドメインはムームードメインで取得済み

これらを考えると、

  1. WordPressを複数入れられること
  2. それが可能な最小構成でOK
  3. レスポンスの速さはあまり重視しない
  4. サーバ容量もさほど多くなくていい
  5. 電話サポートは期待していない
  6. 新規契約時の独自ドメイン無料サービスは不要

こんな具合になる。調べたところ、大体どのレンタルサーバーでも下から2番目のクラスになる。一番下のクラスはWordPressが1つしか使えない。データベース利用数が1の場合がほとんど。後は価格で容量だったりCPU数だったりが変わる。

電話サポートのあるサーバはほぼ月額千円以上のクラスだ。なのでそれは不要。基本的にサーバのトラブルシュートは自分で調べて解決するべきものだと思うし、今まで自作PCなどでトラブルシュートの経験値は素人以上なのでそこに不安はない。

ではサーバ各社を検討した結果を書いていく。

よく出るオススメ3社の検討

WordPressでレンタルサーバ選びをすると、やたらとエックスサーバー) 、ConoHa WING 、mixhost推しの記事が出てくる。確かに高性能なのはよく分かるし、初心者が迷ったら「無難にエックスサーバー」な理由も分かる。だが趣味でWordPressを始める小規模サイトにはオーバースペック。

そして年間維持費が高い!これだ。

だが月額500~600円のレンタルサーバになると今度は機能に不満が出てくる。性能の善し悪しではなくて、利用可能な機能が激減するのだ。例えば、

  1. 利用可能なMySQLのバージョンが古い
  2. 各種設定ファイルで編集可能な上限値が低い
  3. 自動バックアップ機能がない
  4. WAFがない
  5. プランはアップグレードできるがダウングレードできない

これらは後付けで何ともならない。サーバーレスポンスという性能の話ではない。機能の話なのだ。そして具体的に困ることとして上記に対応する順に書くと、

  1. ローカル環境構築時の足かせになる
  2. 使いたいWordPress用プラグインが使えない
  3. 他人由来のデータ消失時に困る(サーバー側のトラブル、不正アクセス被害発生時)
  4. セキュリティ・レベルが下がることは明らか
  5. 一時的に高機能化させられない

趣味WordPressでエックスサーバーは高め

もちろん費用を工面できるならばエックスサーバーでいいだろう。だがどうやっても月額が高い。移管ドメイン無料にできるけれども、年額のコストが「現状のドメイン年間維持費+サーバ年額」よりも高いのだ。私の計算ではやく4千円ほど高い。これに見合うサービスなことは分かる。だが最小のスタンダード(旧X10)プランでもsy機費用で大体14,000円からスタートするので初期費用も高い。

逆に言えばこのくらいの予算を組めるならば無難にエックスサーバーでいいだろう。

コストの代償は主に手間やちょっとした不便さだっりします。これらを回避したいならばやはり無難にエックスサーバにしとけ、となるかと。

だが高い。

同様の理由で、ConoHa WING 、mixhostも諦めた。高い。そして別にアダルトサイトを作りたいわけじゃないし。

ロリポップはWP運用に向かない

独自ドメインをムームードメインで取得していたので、最初に検討したのはロリポップ。だが諦めることにした。

  1. 利用可能なMySQLのバージョンが5.6縛り
  2. モジュール版PHPではphp.iniが変更不可

検討の経緯はこちら。

ロリポップでWordPressは不利(MySQL 5.6縛り、php.ini編集不可) - 3DCGで何をどう作るか考え中

安さでスターサーバーも検討したが機能に不安

友人にお勧めされたのがスターサーバーだ。WordPressを複数運用するスタンダードプランでも月額500~600円台とかなりお値打ち。初期費用無料キャンペーンで初期費用はかなり低い。ただ、調べていくうちに知識が付き、その結果、サーバ側の機能に疑問が出てきた。

  1. WAFがない
  2. 自動バックアップ機能がない

セキュリティと保守の機能だ。特にWAFは結構調べたが、無料で後から追加が難しい機能らしい。当初はWordPressのプラグインでWAFを入れればいいや、と思っていたが(どうせどのサーバにしても入れるつもりだし)、サーバ側のWAFとプラグインのWAFの違いが分からない以上、不安材料ではある。

また自動バックアップ、これは当初「自分で小まめにバックアップすればいいや」と思っていたが、例えばハッキングやサーバー側でのハードウェア故障や人的ミスの場合、自分で毎日バックアップしていない限り、損害が出る。そして自分で毎日自動バックアップの仕組みを「今パッと思いつかなかった」というのも大きい。特に同一サーバー内にバックアップを取るならば、サーバー側のハードウェア故障の対策にならない。Dropboxなどの別サーバに毎日バックアップを取る仕組みを作る必要がある。

これは結構面倒臭いぞ、と思った。数百円を払ってここを自動でやってくれるならば採用したいと思った。

結局、コストの安さが「機能の少なさ」だと分かった。それ以外は私にとっては十分な機能だと思ったので、スターサーバーにしようと思っていた。

だが何だか引っかかるので、かなり迷いまくっていたところ、情報収集の過程で「Colorfulbox」という単語が出てきた。

ColorfulboxのBOX1、いいんじゃない?

当初のサーバー検討では出てこなかった候補だ。新規事業者で歴史が浅いという点がデメリットであげられているが、これまでさほどひどい障害がないことを考えると、ここは気にしなくていい気がする。趣味WordPressなので。

ただ、複数WordPressの運用になると不安材料はある。以下の記事が参考になった。

【注意】ColorfulBoxで複数サイト運営、隠れたデメリットとメリット。 - ネビ活 | ネットビジネス生活

以下は2021/11/07時点のBOX1, 2の比較

f:id:yamato-tsukasa:20211107092450p:plain

アフィリエイター目線で考えるとBOX1は論外だと思うので、BOX2以上では月額千円を超えるので「だったらエックスサーバーのほうがいい」という判断も分かる。そうなるとエックスサーバーなどの上記3社に落ち着くのも分かる。

ColorfulBoxはいつでもプランのアップ・ダウングレード可能

とはいえ、私の要求にはまずはBOX1で十分なのだ。そしてColorfulBoxではプランの変更が即時可能(入金確認後に即時反映)とのこと。なので、一時的にバズった場合にはクレジットカード払いでアップグレードすればその場で一時しのぎができる、という安心感。

ColorfulBoxではプランのダウングレードもできるのが凄い!安いサーバはアプデのみという縛りが多い中で太っ腹すぎる。

しかも精算は日割り計算という安心設計。

契約期間中にアップグレード / ダウングレードした場合の差額はどうなりますか? – ColorfulBox(カラフルボックス) サポートサイト

BOX1のCPUとメモリの具合は無料の30日間で試すべし!

無料体験期間が驚きの30日!2週間どころではない。凄い。この期間中に自分のWordPress環境とCPUやメモリのスペックを見極めればいい。WordPress1つならばBOX1で十分な気がするが、試してみて重かったらBOX2か、あるいはエックスサーバーを検討してもいいかもしれない。何にしてもまずはBOX1を試す動機になる。

月間転送量が6TBなので日割りで200GB/日。趣味WordPressではこれを超えることはないだろう。また瞬間的にバズっても、月間6TBを超えるとは思えない。

とはいえWordPressが2つ以上になった場合には、分からない。もしかしたら重くなるかな?転送量に引っかかるかな?という気もするが、そもそもWordPressを2つにするかどうかも分からないので。(サブディレクトリで分ければWordPress1つで済むかもしれない)

またSSD容量が150GBと、他社と比べて小さめだが、そもそも自分にとって最低限必要な容量が分からないので、まずはこれで行ってみよう。

仮にBOX2以上になったとしても以下のメリットがあるので、値段だけでエックスサーバーを選ぶとは限らない。

自動バックアップと復元が無料

f:id:yamato-tsukasa:20211107093146p:plain

ColorfulBoxならではの機能として、サーバのバックアップを別の地域にできる点。東京と大阪の2つにサーバリージョンがあるので、互いに逆の地域にバックアップを作る。そのためサーバ側のトラブルがあっても安心。「過去14日分」の自動バックアップで災害やハードウェア故障時の備えとして安心できる。

特徴 | レンタルサーバーはカラフルボックス(ColorfulBox)

しかもColorfulBoxではバックアップからの復元が無料なのだ。これは珍しい。エックスサーバーはバックアップは無料でも復元は有料だ。

またWAFも充実している。文句なし。

その他の魅力

f:id:yamato-tsukasa:20211107083942p:plain

プランの違いで変わるところが

  1. SSD容量
  2. CPU
  3. メモリ
  4. 転送量

くらいであり、他はほとんどが共通になっている。だからBOX1であってもサーバーソフトがライトニング、電話サポートが(形式上は)利用可能になっている。(サポートにはあまり期待はしないが。)他社の場合、普通はプランのグレードに応じて色んなスペックが絞られるのだが、ColorfulBoxは特殊だ。だからこそBOX1のメリットが大きいような気がする。

またセキュリティも万全だ。WAFの他にもIPS, IDSなど、価格帯からは考えられない充実さ。その理由の上記から来ているのだろう。太っ腹。SSLも多くの他社がオープンソースのLet's Encryptを採用しているのに対しColorfulBoxはCOMODO社製品を採用。

他にもHTTP/3に対応、LiteSpeed独自のキャッシュ機能「LiteSpeed Cache」を使ってWordPressの高速化ができる。至れり尽くせりだ、BOX1にとっては

とにかく色んな機能をBOX1から利用できることが気に入った。もしBOX2に移っても、価格がトントンならばまだエックスサーバを検討しなくてもいいだろう。

実質的に常時「初期費用が無料」

3ヶ月以上のプランで初期費用が無料だから、キャンペーン中という餌もない。じっくり試して、いいと思ったら本契約をすればいい。WordPressのウェブサイトが軌道に乗るかどうかも分からないのでいきなり1年契約は怖いので、まずは6ヶ月契約で様子見で行こうと思っている(ビビリ)。

キャンペーンがないので、まずは自宅PCにLocal by Flywheelで環境構築をしながらWordPressの勉強をすれば、まだサーバを契約しなくていい。私の場合は慎重派なので、

  1. PCでのLocalテスト
  2. サーバ上のテスト用サイトに適用
  3. 公開サイトに適用

この3ステップで変更を加えたいのだ。WordPressやPHPなどのアプデなど、いきなり公開サイトに適用するのは危険すぎる。バックアップから公開サイトをロールバックするよりもテスト環境の復元の方が被害が小さいから。なのでPCのLocal環境での開発を前提としたいのだ。

ま、こんなやり方でWordPressでブログを作る人はいないだろうが、長期的にウェブサイト運営となると、刻々と変わっていくソフトの実験台は絶対に必要なのだ。なのでWordPressでサイトが完成するまでは契約しなくていい。PC上で試行錯誤すれば月額も少し浮く(笑)

その他の期待

またColorfulBoxは今年の8月に「契約期間中ずっと50%OFF!夏のキャンペーン」を実施している。

契約期間中ずっと50%OFF!夏のキャンペーンのお知らせ | お知らせ

なのでもしかしたら来年もそれがあれば、そこで新規契約で半額で取得してWordPressのお引っ越しをする、という作戦が使える「かも」しれない。そうなれば迷うことなくBOX2確定だし、BOX3も視野に入るだろう。夢は膨らむ。来年の夏に期待。

デメリットもある

もちろんデメリットもある。こちらの記事が参考になった。

ColorfulBoxはブログ初心者向き?本音5つのメリットデメリット - ネビ活 | ネットビジネス生活

だが私の場合、WordPress1つか2つで十分なのでおそらくBOX1, 2で十分だと思うので、この場合にはメリットの方が多めだと感じる。あとは実際に30日間のお試しで確認すればいいだろう。

WordPressは初心者向けじゃない!

というわけで、レンタルサーバはColorfulBoxのBOX1で行こう!と決めることができた。ようやくLocal by Flywheelの環境設定に打ち込める。BOX1の仕様に合うように指定して、作業を開始できそうだ。

いきなり手間がかかった。やはりWordPressは素人向けじゃないと感じる。全然お手軽じゃない。お手軽なのはサーバへのインストールが簡単インストールで整えられているだけであって、その他の周辺環境の確認などはまるっきり自己責任だから。自作PCを始めるときのハードルの高さと一緒だった。それがサーバ、サーバOSやソフトになっただけだ。全然初心者向けじゃない。





今回の創作活動は約3時間30分(累積 約2,608時間)
(761回目のブログ更新)

筆者はAmazonアソシエイト・プログラムに参加しています。(AmazonアソシエイトとはAmazon.co.jpの商品を宣伝し所定の条件を満たすことで紹介料をAmazon様から頂けるという大変ありがたい仕組みのこと。)
以下のリンクを経由してAmazonでお買物をするとその購入額の1~3%ほどのお小遣いが私に寄付されます(笑)