3DCGで何をどう作るか考え中

ZbrushとBlenderの使い方、ヒント、コツなど。たまにZbrushプラグイン開発も。

TickTickの使い方(今の結論)

f:id:yamato-tsukasa:20210226150116p:plain TickTickに関する今の結論ページです。

更新履歴

2021/02/26 公開。現在の結論を追加。

現在の私の結論

TickTickは良くも悪くも「1行1タスク型、チェックオンで非表示化される付箋紙」のような使い方が一番いい。アナログの付箋紙と違って、定期的なイベントの登録が不要で自動的にチェックリストに復活してくれるのが便利。(毎週のゴミ捨てタスクなど。)

逆に記事の第2回目で試したように、情報収集と整理の手段としては、残念ながらあまり向かない。しぼり込みが弱すぎるのだ。

今現在、私はNotionという管理ソフトで情報収集と整理・分析を上手く行えている。特にブックマークの収集と管理にはNotion+Save to Notionというアドオンが完璧だ。

Notionは最高の情報保存ツールだ「収集・要約・重要度分け・抽出」が便利 - 3DCGで何をどう作るか考え中

Notionはデータベースが使えるので、条件検索、しぼり込み、並べ替えが自由自在。

TickTickは現在、シンプルにチェックボックスON/OFF型の「上から順にこなせばいいルーチンワーク」専用タスク処理ソフトになっている。

それ以外の、もっと複雑なタスク、例えばプロジェクトの進度に応じてやるかやらないかを決めたりするタスクの管理には、Notionを使っている。Notionでプロジェクト内のタスクとチェックボックス付きタスクとを一緒に管理している。

逆にNotionでは繰り返しタスクは自動で復活しないので、そういう場合にはTickTickに登録すればいい。

TickTickのタスクの中に「Notionの○○リストを確認する」と入れたり、Notionにも「TickTickの○○リストを確認する」と入れておけば完璧だ。相互に上手く利用することで弱点を補える。

TickTick+Notionでタスク管理はほぼ完璧

この2つでほとんどのことは完璧にこなせると思う。まずはTickTickから初めて、ちょっと難しいNotionの学習計画をTickTickで立てつつコツコツと学べばNotionも強力な武器になる。私はこの2つのツールの利用をオススメします。





今回の創作活動は約1時間(累積 約2,300時間)
(702回目のブログ更新)

筆者はAmazonアソシエイト・プログラムに参加しています。(AmazonアソシエイトとはAmazon.co.jpの商品を宣伝し所定の条件を満たすことで紹介料をAmazon様から頂けるという大変ありがたい仕組みのこと。)
以下のリンクを経由してAmazonで何かを買うと購入額の1~3%ほどのお小遣いが私に寄付されます(笑)

はじめてのGTD ストレスフリーの整理術

はじめてのGTD ストレスフリーの整理術