3DCGで何をどう作るか考え中

ZbrushとBlenderの使い方、ヒント、コツなど。たまにZbrushプラグイン開発も。

GoBを支援するZbrush用プラグインの開発中

(約 2,200文字の記事です。)

f:id:yamato-tsukasa:20200513001327j:plain

まだ開発中なのではっきりしたことは言えないが、GoBを使ってZbrushとBlenderとの往復をより快適にするための支援アドオンを開発中。結構難航しています(笑)

GoBプラグイン、便利そうで結構不便(笑)

最初は歓喜した。

だが使ってみると結構使いにくい。ZbrushからBlenderへは割と安定している。問題はBlenderからZbrushに戻した後のZbrush側の挙動の不安定さだ。一部のサブツールは元のサブツールと置換されてくれて便利だと思いきや、別のサブツールは別のツール(サブツールではない大元のツールの方ね)に分離したり。そしてZbrushの仕様の悪いところは、サブツールのコピペでサブツール名の後ろに数字(サフィックス)が付く点。なので一見すると同名サブツール問題の回避に便利そうだが、サブツールの「上書き移動」ができないのだ。だからGoBしたり別のツールに一次的に移動させて処理してから元に戻す、なんてことをやるとあっという間にものすごい数のサブツールに膨れ上がる。hooというサブツールがいつの間にかhoo1, hoo2, あるいはhoo1_1, hoo1_2という具合に。

カオスである。

Zscriptだけでサブツール名の自動リネームはできないっぽい

これは数年前から探っていたが諦めた。ないのである。Renameウィンドウを呼び出して処理が止まる。プログラム中で処理させるためにはOS側のDLLファイルを経由しないと無理っぽい。そしてそんな知識は私にはない。お手上げ。純粋にZscriptだけで処理することは無理っぽいのだ。ここに難しさがある。それがなければコピペして古いサブツールを消去後に、サフィックスの数字を消しておしまいなのだが、それができないから大変なのである。

Zbrushではあまりキーボードタイプしたくない

そもそもペンタブ操作主体なはずなので、その操作の中にちょこちょことキーボード操作があるとかったるい、まどろっこしい。もっとこう、スマートにサクサクと操作したいのだ。だがサブツールのリネームはそれに干渉する。面倒臭いのだよ、いちいち、EndキーとかBSキーとかDelキーとか(笑)そしてもちろん同名サブツール問題は怖いので、サブツールの削除の操作も入ってくる。だが気を抜くと消してはいけないサブツールまで消してしまう。あ、クイックセーブがない、何時間前の操作まで戻るの……(泣)

GoBで快適に同名サブツールの入れ替えをしたい

というものを実現させるためのアシストツールの作成中です。

将来的にはBlenderから複数サブツールを出力させてそのままZbrush側に同名サブツールとして複数サブツールをインポート出来るようにする予定。今のGoBでは不安定すぎて複数サブツールの出し入れは絶望的。そこをなんとかしたい。

とはいえ、実は1つのサブツールの出し入れでもかなり面倒なことが分かっているのでまずは1つのサブツールだけの出し入れで実装する予定。それができたら複数サブツールの実装予定。インポート自体は簡単だが、自動で「複数のサブツールを消す」処理の安全性の確保に、かなりの工夫がいるのだ。面倒なので後回し。まずはシンプルな1つずつの同名サブツールの入れ替え実装の予定。

久々のコーディングで

久々のコーディングで、色々忘れていた(笑)IFの構文がw カンマとか改行とかそういう部分まで忘れていた。過去の自分ソースが一番の教材だったりする。頑張ったね自分、偉いよ自分。細かいルールとかコツとか忘れていても、過去に検証済みのコードはコピペで機能を復活させられるから、デジタルはいいね。車輪の再発明は無駄だからね。サブツール名、どうやって取得させるんだったっけ?とかね。調べるとまたカオスだが、過去の実装からそのコードを眺めれば、あぁこうなっていたんだ?(今はよく分からないw)ってことになるが、動かすと確かに動作する、とかもある。それでリリース済みのプラグインが正常動作しているわけだから、きっと正しいコードなのだろう(笑)


今日は論理開発で疲れ切ったので、コーディング実装は明日以降の予定。


今回の創作活動は約3時間30分(累積 約1,625時間)
(575回目のブログ更新)

筆者はAmazonアソシエイト・プログラムに参加しています。(AmazonアソシエイトとはAmazon.co.jpの商品を宣伝し所定の条件を満たすことで紹介料をAmazon様から頂けるという大変ありがたい仕組みのこと。)つまり読者様ご自身のアカウントにチャージするだけで無料で筆者に投げ銭できるシステムです。

Amazon.co.jp: アカウントにチャージ

https://amzn.to/2yIRctQ