3DCGで何をどう作るか考え中

ZbrushとBlenderの使い方、ヒント、コツなど。たまにZbrushプラグイン開発も。

近いうちにZbrushプラグインの開発に復帰します(+映像チュートリアル作りの話)

(約 4,600文字の記事です。)

f:id:yamato-tsukasa:20210526030016j:plain

かなりしばらくぶりだが、近いうちにとあるZbrush用プラグインの開発に復帰する。またテキスト主体の表現手法から動画+音声表現へのシフト。そんな日記。

対称読者はZbrushユーザーと、動画編集に興味のある人です。また動画チュートリアルに興味がある人も。

過去プラグインの改良

まだコーディングを始めていないので、本当にそのように動くかどうかは定かではないが、一応アルゴリズムはできている。なのでZscriptが素直にそれを実施してくれれば実装はさほど大変ではない。

詳細はまだ言えないが、過去のプラグインの改良・拡張・シンプル化だ。小回りが利いて運用性が高まる。Ver.2の作成。ただ、今までとはちょっと発想を変えるつもり。できることはほぼ一緒だが、発想の転換で驚くほど軽快になる予定。

テキスト+スクショ画像から動画+音声解説へ

今後、発表メディアの主体を徐々に動画に替えていこうと思っている。今まではテキスト+スクショ画像だったが、今後は動画を積極的に使っていくつもりだ。別にYouTubeに限らない。非公開状態でmp4でもいいわけで。3DCGに関して言えば、テキスト+スクショという2次元表現では、1次元分足らない。Gif動画では音声が使えないしファイルサイズにも上限があり、フレームレートも低すぎる。

なのでテキストの文字数は増えるし、スクショでは動きを見せられない。だが動画ならば割と簡単に見せられる。そこに声の情報が加われば、テキストという目に見える形にこだわる必要がない。日本人同士ならば。

生声を披露するかボイスチェンジャーエフェクトを噛ませるかは検討中だが。イケボじゃないので……。

今、テスト的に、色々と模索している。だが、手順の伝達やチュートリアルはどうやっても動画のほうが伝わりやすい。そして私のほうでもPowerDirectorという動画編集環境を整えた結果、カット編集メインならば動画のほうが早くて正確で情報量が多いメディアを作れている実感がある。

サイバーリンク

なので、今後はスクショ動画+声+カット編集で、なるべく効率的かつ大量の正確な情報を伝達する手段を採用していこうと思っている。くどいが、動画=YouTube公開とはかぎらない。動画ファイルをDLして見てもらっても一緒だ。なので文字通り、動画手段で色んな情報を正確かつ大量に伝えることにステップアップする予定。

テキスト+スクショも重要

とはいえ、今までのスタイルは捨てない。ただ、今までのスタイルは最終的に動画を見てもらうための誘導手段になる可能性が高い。動画の弱点は最後まで視聴してもらわないと何も伝わらない点だ。動画は文字のように流し読みができない。早送り再生にも限度がある。ところがテキスト+スクショならば、スマホでもみんながやっているように高速スクロールで流し読みができる。

またGoogleなどの検索エンジンへのヒットも、まだまだテキストが主体だ。少しずつ音声認識によるテキスト情報も検索ヒットするようになったが、それはまだまだ人気動画についてのみなので、テキストのチカラも全く馬鹿にできない。

とはいえ、限られた時間で正確かつ大量の情報を伝えるためには動画のチカラは絶大だ。なので、要旨、レジュメとしてのコンパクトなテキスト情報+スクショ画像、詳細はリンク先の動画を見てね、というスタイルを目指している。もちろん無料で公開できる情報ならばYouTubeが便利だ。有料の動画公開となるとまだハードルが高い。色々模索中。

PowerDirector

PowerDirector 365のサブスク購入先はこちら。( Mac対応版はこちら

PowerDirector 365(Windows版)

サイバーリンク

難点といえば、プロユースレベルの細かい部分でちまちまとバグがある。今日もそれで2時間くらい持って行かれた(笑)動画編集の基本機能にまだまだ不安定さがある。とはいえ、過去の私のカット編集スタイルを再現できた数少ない動画編集ソフトなので、私は使い倒すつもりだ。2週間のうちに4本もバグレポートを送っている(笑)そのうち1つのSVRTが効かないバグはもう直った。いくつかの致命的なバグも、現在検討中という返信があり、結論を待っている状態だ。

サポート担当者が問題を投げっぱなしにしない点は評価できる。

というわけで、この私がバグ修正に協力しているのだから、絶対にPowerDirectorは伸びてくる編集ソフトだよ(笑)

Screen Recorder というソフトも付いてくるのでソフトウェアの操作解説動画を作るのにまさにぴったり。

f:id:yamato-tsukasa:20210515030210p:plain

しかもストップモーションやズームイン、ズームアウトも簡単だし、注目点に赤ペンで丸を付けたり四角で囲んだりのエフェクトがD&D一発なので、サクッと編集できる。音声のノイズ除去やエフェクトなども一通り揃っているので、大抵のことはサクッとやれる。

(逆に重箱の隅をつつくようなこだわりの微調整はできない。)

SVRT編集がかなり便利

SVRTとは、一般的にいわれているスマートレンダリングのことで、何かというと、「動画(見た目)を再編集しない区間は再エンコードしないでそのまま出力しちゃうよ」という超絶効率的な機能のこと。クロスフェードしたり映像に何かしらの手が加わった領域だけをレンダリングするので、再編集時のレンダリング時間がかなり減る。これが使いたくてPowerDirectorを選んだと言っても過言ではない。スマートレンダリングがまともに使えるソフトは他にPremiere Pro, TMPGEncで有名なペガシス製品、CorelのVideo Studioくらいしか知らない。Video Studioはこれから始める人にはちょっと不安要素が多い。先行きの点で。

そりゃもちろんPremiere Proならできることは間違いないが、月額が(略

Premiere Proは通常で年額約2万8千円、セールを駆使しても年額で2万円を切らない。対してPowerDirector 365は年額約8千円台、初年度は約6千円台であり、YouTube受けするテンプレート素材が充実している。このテンプレの充実具合はますます加速するだろう。

年間のトータルコストがPremiere ProとPowerDirectorとで違いすぎるが、YouTube受けすればいい動画を作るというレベルであれば両者に差はない。(もちろんポストプロダクションレベルで作品を仕上げるとなればPowerDirectorはショボすぎて論外である。)
だが、勝負の土俵が「主にYouTube的な素人視聴者のための動画作り」となればその差はほぼないだろう。

調べれば分かると思うが、PowerDirectorの強みはエンコード時間の短さだ。画質はほどほどでいいので、とにかく撮影から編集、mp4出力までを高速にやりたい、という人には向いている。カット編集に少々のエフェクト追加で十分ならば、Premiere Proは無駄が多い。なので私の場合にはまさにPowerDirectorが最適なわけ。

レンダリング待ちとかだるすぎる。とにかくサクッと作ってアップロードボタンを押したいのだ。

NVEnc+SVRT

NVIDIAのグラボを積んでいればNVEncというハードウェアエンコードが使える。ハードウェアエンコードなのでCPUエンコードよりも5~6倍速い。これを知ってしまったらCPUレンダリングに戻れない(私)。画質が多少犠牲になるが、見れないレベルじゃない。チュートリアル動画としては及第点。

デスクトップ動画に画質を求める人はいない。むしろ画素数のほうが大事。1080pと720pはだいぶ違う。

それに加えて編集していないところは再エンコードしないSVRTとの組み合わせは最強だ。となれば、デスクトップキャプチャの段階でH.264 NVEncでキャプチャすればPCが軽い負荷のままで録画できるし、録画素材もSVRTによるスマートレンダリングならば余計なレンダリングの待ち時間も発生しない。また、よくあることだが、完成したと思って動画を見てみるとあとから手を入れたくなる部分も多い。そんな時にもスマートレンダリングがあれば、いじっていない部分の出力の待ち時間はほぼゼロになる。

つまり、動画編集であったとしても修正に対する気兼ねがほぼなくなる。これがとても重要。

テキスト+画像の修正と同じ感覚で動画も修正できるならば、そりゃ動画チュートリアルのほうが良いでしょ?という具合。

しかもスマートレンダリングはあくまでも「映像部分」について加工しているか否かだけで判断されるので、音声トラックにBGMを追加したとしても画像そのものの再レンダリングは発生しない。これ重要。なので音声解説にBGMを加えたとしても映像の再レンダリングはない。私はここを勘違いしていたが、今日試してみて分かった。

BGMを加えるだけでは映像に再レンダリングが発生しないので、SVRT様々だ。驚速レンダリング出力だ(笑)
VEGAS Proよ、さようなら……。

つまり、カット編集ならばBGMを加えたとしても瞬殺レンダリングで出力される。(音声の再エンコードなんて数秒で終わる。動画レンダリングの比ではない。)

なので、サクッと録画してサクッとカット編集し、さっさとmp4化して、レビュー時の再編集だったり少々の動画加工ならばスマートレンダリングのチカラで短時間ででサクッと前に進めることができる。私にとってはNVEnc(ハードウェアエンコーディング)、SVRT(スマートレンダリング)の2つがとても重要なのだ。

この2つがそろってようやく、動画コンテンツを手順説明用のメディアに使おうと思ったわけだ。世間的にはだいぶ後れを取ったが、何かを始めるのに遅いと言うことはない。今からスタートなのだ。

【まとめ】プラグイン開発再開と動画チュートリアルの充実

なので、とりあえず近日中からZbrushプラグイン開発を再開し、それらの解説には積極的に動画+声による解説にシフトする予定。

という今後の展望についての日記でした。

PowerDirector 365のサブスク購入先はこちら。( Mac対応版はこちら

PowerDirector 365(Windows版)

サイバーリンク





今回の創作活動は約2時間30分(累積 約2,406時間)
(724回目のブログ更新)

筆者はAmazonアソシエイト・プログラムに参加しています。(AmazonアソシエイトとはAmazon.co.jpの商品を宣伝し所定の条件を満たすことで紹介料をAmazon様から頂けるという大変ありがたい仕組みのこと。)
以下のリンクを経由してAmazonで何かを買うと購入額の1~3%ほどのお小遣いが私に寄付されます(笑)

PowerDirector 365 1年版(2021年版)|ダウンロード版

PowerDirector 365 1年版(2021年版)|ダウンロード版

  • 発売日: 2020/09/16
  • メディア: Software Download