3DCGで何をどう作るか考え中

ZbrushとBlenderの使い方、ヒント、コツなど。たまにZbrushプラグイン開発も。

ChromeでGmailをリアルタイム受信する「Checker Plus for Gmail」をわずか110円程でフル活用する

(約 3,600文字の記事です。) f:id:yamato-tsukasa:20200825185904j:plain

クロームブラウザでGmailをリアルタイム受信するための「Checker Plus for Gmail」アドオン。無料でも基本機能は使えるしリアルタイム受信するしデスクトップ通知も出る。だが、わずか110円程で全機能が利用可能になることをご存じだろうか?そう、110円ほどの寄付で全機能が開放される。受信メールを自動振り分け&ラベル付けするフィルターを設定後にそのラベル別に受信音を設定すれば読む前に内容を予測できるので便利。

1ヶ月前までは0.5ドルの寄付で全機能が使えた

実は8月初頭までは、1回のみの最低寄付金額は0.5ドルだった。今見てみると最低金額が1ドルに値上げされていた(笑)

私が過去に寄付し、「寄付済み」になっているせいで「もう一度1回のみの寄付金額の最低金額が増えた」のか、それとは無関係にたまたま作者が最低寄付金額を値上げしたのか?私の環境ではもはや確認できない。

私は当時ドルで支払ったので、記事中ではドルの場合の最低金額である1ドルで説明する。

が、寄付の画面で日本円を選ぶと、最低金額が¥100と表示されるので、日本円での支払いならば100円で済むかも知れない。手数料はどちら負担になるのかな?未検証。

3DCGをやるならPayPal支払いを整えておくべし

Blenderマーケットでも使えるし、Gumroad、ArtStationなど、とにかく海外での支払いはクレジットカードよりもPayPalのほうが安全。もちろんPayPalへの支払い方法にクレジットカードを登録すれば実質一緒だが、海外のよく分からない業者にクレカ番号を流すのはとても怖い。PayPalに仲立ちしてもらおう。為替などの仕組みも全てPayPalが整えてくれている。その代わりに手数料として4%程支払うことになるが、安全には代えられないだろう。

このように円をドルにしてPayPalで支払うと為替手数料が取られる。1ドル当たり4%くらいだから、大体110円程度支払うことになる。それでもわずかな金額だ。0.5ドルなら迷う金額ではなかった。くどいが海外への支払いはPayPalが一番安心だ。カード番号を流す必要もないし、クレジットカードがなくても銀行口座をPayPalに登録すれば普通に支払い可能だ。

当時、ちょうどBlenderマーケットでPayPal支払いをしてアドオンをいくつか買った時期だったのでPayPal支払いに不安はなかった。またGumroadで売れたアドオンの売上金がPayPal口座にドル建てで残っていて、1ドル未満の端数があったので、それを使って当時は0.5ドルで支払った。ドル支払いなので為替手数料は当然発生しない。まぁ大部分の人には関係のない話になると思うが。普通の人は円>ドルの為替手数料が取られるだろう。1ドル支払いならば数円程度だ。

ま、0.5ドルも1ドルも、缶コーヒー1本を我慢すれば済むだけの話なのであまり騒ぐ金額ではない。それよりも手に入る快適性が遥かに金額以上の満足感と価値だと思うのだ。

全機能を快適に使える

既にChecker Plus for Gmailをお使いのユーザーなら分かると思うが、まずは無料でも使える部分の特徴を簡単に列記。

  1. 複数のGmailアカウントを登録可能
  2. 30秒程度の遅延でデスクトップに受信通知可能
  3. ポップアップ通知で即座に内容を確認可能
  4. 通知ウィンドウをクリックしてGmailの画面を自動で開ける

で、無料版では受信音がデフォルトの1種類しか選べない。当然、無音という受信音にも変更できない。(ベルマークは通知窓そのもののON/OFFであって音の制御ではない。) だがこれが全機能を使えるようになると、

  1. 受信音を細かく変更可能
  2. 事前にフィルタ(ラベル振り分け)をしておくと、ラベルごとに受信音の変更可能
  3. 受信音は無音も選べる
  4. 受信ボックスでの通知ON/OFFだけではなくて、同じ扱いで各ラベルへの受信通知設定が可能
  5. 通知窓のポップアップありなしも制御可能

なお、Windows側で通知センターの設定を変更している場合には、通知窓が出ない場合もある。画面左下のWindowsアイコンの近くの虫眼鏡アイコンをクリックして「集中モード設定」と打ち込むとOS側での通知窓の出力方法を制御できる。

f:id:yamato-tsukasa:20200825182929j:plain

ここをオフ以外にしていたりタイマー設定していたりすると、通知窓は当然出ない。(ただし通知窓が出ないだけで受信音は鳴る。それすらも鳴らさないためにはChecker Plus for Gmailアイコンを右クリック>非通知モード>非通知にする時間数をクリック)

Windows側の制御が優先されるが、Windows側での制御の他にも、Checker Plus for Gmail側でも制御できる。例えばフル画面でゲームなどをやっている最中に通知窓だけを出さない設定にもできるし、Checker Plus for Gmailのみの通知を強制的に一時的にOFFにもできる(ただし受信時には自動的に未読アイコン化して未読数をアイコンに表示させることは可能)

一時的に集中して作業したいときにはWindowsそのものの通知機能を制御したり、Gmailの通知のみをOFFにできるのもいい。

(Gmailの一時的な通知OFF機能は無料版でも利用できます、念のため。)

通知窓の表示時間はデフォルトの5秒では短すぎるので5分に設定するのがオススメ。こちらの記事が分かりやすいだろう。

Windows10 - 通知を表示する長さ(時間)の設定・変更 - PC設定のカルマ

受信音を個別に割り当てるとリアルタイム受信時に即座に内容を判別できる

f:id:yamato-tsukasa:20200825182042j:plain

私の場合は、プラグインが売れたとき、TwitterのDM、1日の終わりに一気に見るだけでいいメールなど、リアルタイム性の有無の他にも、受信時に即座に「何の種類のメールか」を知りたかったのだ。プラグインが売れたらば、そりゃもう嬉しい(笑)あるいは即答が必要な人からのメールだったり、DMなどだったりと。それらに個別の受信音を設定しておくと、通知窓を見る前に気持ちのスイッチが切り替わるので、通知内容に目を通すときに楽なのだ。うきうき気分で読むのか、DMの返信がすぐに来たのか、などなど、心構えがちょっとだけ変わる。そういうのが地味に効いてくる。快適さにつながるわけね。

これらをGmailのアカウントごとに設定できるのだから、複数アカウントで仕事用とプライベート用のいずれのメールもチェックできるので快適。スマホ専用アカウントなどもPCが使えるならばPC上から対処したほうが早いし。

110円以上の価値がある

Checker Plus for Gmail 無料版でも便利に使っている人は、わずか110円程度でさらに快適になるのだからオススメです。1回きりの寄付であっても特に利用期限があるわけではないらしく、寄付時のGoogleアカウントに紐付いているみたい。他の同期デバイスでもChromeが使えれば、もちろん追加料金無しでChecker Plus for Gmailをフル機能で使えています。Chromeブック化したショボいノートPCのChromeでも動作しています。

是非ともお試しあれ。





今回の創作活動は約1時間30分(累積 約1,877時間)
(611回目のブログ更新)

筆者はAmazonアソシエイト・プログラムに参加しています。(AmazonアソシエイトとはAmazon.co.jpの商品を宣伝し所定の条件を満たすことで紹介料をAmazon様から頂けるという大変ありがたい仕組みのこと。) 以下のリンクを経由してAmazonで何かを買うと1~3%ほどのお小遣いが私に寄付されます(笑)

Amazonギフト券 Eメールタイプ - Amazonベーシック

Amazonギフト券 Eメールタイプ - Amazonベーシック

  • 発売日: 2010/07/15
  • メディア: Ecard Gift Certificate