3DCGで何をどう作るか考え中

ZbrushとBlenderの使い方、ヒント、コツなど。たまにZbrushプラグイン開発も。

関連コンテンツが使えるようになったがサムネイルが出ない

(約 2,200文字の記事です。)

f:id:yamato-tsukasa:20200918052532p:plain

地味にブログに広告を貼って改良してます。気が付けば関連コンテンツなるものが使えるようになっていたので利用しようと思ったらとんでもなく大変だった件。

関連コンテンツ、欲しい人はとても欲しいものらしい

f:id:yamato-tsukasa:20200918052532p:plain

なかなかこれが使えるようになるにはハードルが高い模様。だがやりたい放題やってきたブログなのでPV数とか記事数は問題なかったらしく、気が付けば使えるようになっていた。

関連コンテンツとは、著者のコンテンツの関連記事の中にひっそりと「広告」と題して紛れ込んでいるアレだ。クリック率が良くなるらしい。だまされるのか?ちょっとずるい気もするが、それで収益がだいぶ変わるなら利用したい(笑)

だがしかし!本来出るはずのサムネイルが出ない。テキストしか出てこない。The 殺風景なのである。

で、調べてみたらグーグルアドセンスとグーグルサーチコンソールとグーグルアナリティクスとを連携させて再度関連コンテンツのコードを取得し直して貼り付け直して2, 3日すればサムネイルが付くようになるらしい。

この3者連携も面倒だった。長くなるので割愛。ま、サチコへの登録方法が2種類あってドメインで登録している場合ではだめでURL単位で再登録が必要で。

また、サムネイル表示もデフォルトではされないらしく、コード取得後にヘルプドキュメントに従って何種類かのコードの中から選択して貼り付ける。

うん、面倒臭い(笑)

記事下の攻防

記事下は割と重要らしく、広告の表示位置としてはゴールデンな場所らしい。が、はてなブログではそこには「関連記事」が鎮座する。OFFにすれば回遊率が下がりそうな気がする。だが関連コンテンツと「かぶる」のだ。ばっさりOFFにすればいいのだが、そうもできない事情があって、ここでも色々苦労した。

結果的には理想的にできた。上から順に、

  1. 記事の終了
  2. 広告
  3. 関連コンテンツ
  4. 関連記事

と表示させることに成功。

f:id:yamato-tsukasa:20200918053056p:plain

とりあえずこれで記事下には十分に広告を配置できた。満足(笑)そして仮に広告が表示されない場合でも一番下の関連記事が繰り上がって表示されるので、コンテンツとしては問題ない体裁となる。満足。

地味に大変だった。広告が関連コンテンツの下に来たり、広告がなぜか何度もリロードしないと表示されなかったり。結果的には一番理想的な形で実装できたので良かったが、疲れすぎた。

地味に写真をセンタリング

f:id:yamato-tsukasa:20200918053114p:plain

これ、noteだと画像挿入で勝手に真ん中に来るが、一般的なブログサービスでは左寄せなはずだ。これもCSSに数行のコードを貼り付けるだけで実装できた。記事中に自動挿入される広告も中央揃えなので統一感が出る。CSSで調整なので過去の記事にも今後の表示時に適用される。この辺がスマートだ。

夜中の集中力が最低の時にコード関連をいじるものじゃない

集中力低下で低レベルなミスを連発してやり直して、というひどい無駄な作業を繰り返してしまった。さっさと寝て早起きしてからスッキリした頭で一気に作業したほうが良かった。

反省。

ここまでのノウハウは別記事にて公開予定です。今日はただの日記です。

枠組み作りは本当に地味

コンテンツ作りが中身作りだとすれば、広告の入れ方とかCSSとかは枠組み作りだ。地味だ。そして誰得感が漂う。100%趣味というか自己満足に近い。もちろん最終的には収益という形で自分に戻ってくると信じたいが、それは分からない。

ブログもレイアウトとかそういう部分にこだわるときりがない。そして地味だ。自己満足の世界だ。だがリターンがあるならば少しでも多い方がいい。

だが地味だ。


夏が終わる。


そして、ひたすらに地味だ。雨の夜長、眠い。





今回の創作活動は約30分(累積 約1,901時間) (617回目のブログ更新)

筆者はAmazonアソシエイト・プログラムに参加しています。(AmazonアソシエイトとはAmazon.co.jpの商品を宣伝し所定の条件を満たすことで紹介料をAmazon様から頂けるという大変ありがたい仕組みのこと。)
以下のリンクを経由してAmazonで何かを買うと1~3%ほどのお小遣いが私に寄付されます(笑)