3DCGで何をどう作るか考え中

ZbrushとBlenderの使い方、ヒント、コツなど。たまにZbrushプラグイン開発も。

ミラーモディファイア利用時でも反対側を選択できる

(約 1,300文字の記事です。)
f:id:yamato-tsukasa:20200614205407j:plain

ミラーモディファイアを適用しただけでは編集モードでも反対側がソリッドでワイヤーフレームが表示されず、当然要素の選択もできない。だができるようにする方法があった。

モディファイアの逆三角ボタンをONにする

通常だとこうなっている(OFF)。

f:id:yamato-tsukasa:20200614210607j:plain


f:id:yamato-tsukasa:20200614205412j:plain

こうするとミラー側も選択できる上に、選択すると当然左右対称選択状態になる。

f:id:yamato-tsukasa:20200614210239j:plain

編集モードでミラー側を眺めていても当然その部位を選択状態にできるので、色々と編集しやすい。(もしOFFだといちいち反対側の要素をクリックし直しなのは効率が悪い。)
まるでZbrushのXミラーがOnの状態の挙動になる。なので分かりやすい。



このことは藤堂++様に教えて頂いた。

https://twitter.com/CGradToudou

藤堂様ありがとうございました。
また藤堂様のこちらの2つの記事もとても便利なので是非ご一読下さい。

Addon :Toggle Translated UI(日本語/英語UI表示ワンタッチ切替アドオン) - CGrad Project


透過操作なしに反対側も簡単に選択できる地味に便利なアドオン(Select Box X-Ray) - CGrad Project


ただしスカルプトモードでは無反応

スカルプトモードでは逆に本体のある側の操作しかメッシュに反映されない。ミラー側を触っても無反応。
残念ながら完全にZbrushのメッシュ操作のようにはならない。(ミラー側でも反応するのはあくまでも編集モードのみ。)

やはりというか、スカルプトについてはZbrushにまだ歩があると感じる。

逆にローポリなメカなモデリングならば編集モードでモデリングしていく分にはOn CageをONにして作業するほうが効率的だろう。


今回の創作活動は約1時間30分(累積 約1,712時間)
(589回目のブログ更新)



筆者はAmazonアソシエイト・プログラムに参加しています。(AmazonアソシエイトとはAmazon.co.jpの商品を宣伝し所定の条件を満たすことで紹介料をAmazon様から頂けるという大変ありがたい仕組みのこと。)
以下のリンクを経由してAmazonで何かを買うと1~3%ほどのお小遣いが私に寄付されます(笑)

Amazonギフト券 Eメールタイプ - Amazonベーシック

Amazonギフト券 Eメールタイプ - Amazonベーシック

  • 発売日: 2010/07/15
  • メディア: Ecard Gift Certificate