3DCGで何をどう作るか考え中

ZbrushとBlenderの使い方、ヒント、コツなど。たまにZbrushプラグイン開発も。

スクリーンショットに署名を入れることにした

(約 2,000文字の記事です。)
f:id:yamato-tsukasa:20200420155500j:plain

今まではスクリーンショットを取りっぱなしのピュアな画像だけにしていたが、今回、思うところがあって署名を入れることにした。

f:id:yamato-tsukasa:20200420161256j:plain

経緯

気が付けば多少なりとも当ブログの知名度も上がっているらしく?今回、たまたまなのだがTwitterで私のスクショが引用されていたツイートを発見。で、湧いた感情は2つ。

  1. 引用されるほどの価値ある、分かりやすいスクショになったから使われたのだな、嬉しい。
  2. 勝手に引用されるのは気分が悪い。

ま、普通の人ならこの2つは当たり前だろう。
とはいえ、テスト造形の何の変哲もないメッシュのスクショなので、それにいちいち著作権を主張するのは野暮ってものだ(権利はあるけれど)。
別に引用されたことについてグジグジ言うつもりはない。が、このままでも何かもったいない気がした。ちょっと考えてみた。


今回の件について思ったことは2つ。

署名がないと出典(出所)がわからない

まずはこれ。これは私の気分の問題は無関係として、引用されたスクショを渡された人は、一体どこを参照すればスクショの出所の記事や経緯を知ることができる?無理だ。私だからこそ「あ、このスクショは私のだ。だから私のブログにある。けど、どこの記事だったっけ?」となるのだから、他の人は知る由もない。それはもったいないことだ。

いつ執筆した記事だかわからない

例え私のブログに辿り着いたとしても、そこからどう探せばいい?これは難しい。作り手の私だからこそ「バイクのホイール、ディスクブレーキ関連の話だ」と分かったからその辺の日付の記事を眺めて辿り着けたが、普通の人はやはり難しい。というか諦めるのが落ちだ。それはそれでもったいない。

URLを貼ってもらえればいいのだが

もちろん引用してくれた人が私のブログのURLを貼ってくれればいいのだが、スマホでその操作は面倒だろう?(笑)PCならコピペは簡単だがスマホだと面倒臭すぎる。その手間をかけてまで画像+URLを貼り付けてまでツイートする几帳面な人は、かなり少ないだろう。なのでそういう善意には期待できない。なので仕組みとしてはちょっと最良とは言えないと判断した。

で、どうするか?

大きめのスクショには署名+日付を付けることにした

こんな感じ。

f:id:yamato-tsukasa:20200420160537j:plainf:id:yamato-tsukasa:20200420160542j:plainf:id:yamato-tsukasa:20200420160546j:plain

文字色。これはソフト背景が濃いグレーであることが多いことから、白文字にした。でテスト中に、Fusion 360などの白背景では文字が見えない(笑)なのでそこそこ濃いグレーで囲んでブラーをかけることに。こうすれば背景色にかかわらず見える。デザインで言うところの可読性を確保している。フォントの大きさ的にもピクセルのギザギザがフォントの見栄えに影響を与えないギリギリの小さいサイズにしている。美観の問題。


署名なのでもちろん「私が撮ったものだ!」という主張もできるけれど、主な目的はそれよりもむしろ、私がいつ頃に作成した記事に関するスクショなのかをたどれるようにすること。だから普通の署名にはない「作成日」をカンマの後に付している。

あとはこの文字列と日付をGoogleに打ち込めば私のその日の記事が上位にヒットするのでそれを読めばいいという仕組み。Google先生頼み(笑)

個人的な難点としては、過去の画像の使い回しがバレてしまう点(笑)ま、それは事実だからいいか、仕方がない。

もちろん、将来的に絵とかレンダリング結果で「これぞ私の作品!」といえるものが完成したならば、もう少し手の込んだ透かし署名を作る必要があるが、今はこれで十分かな。わざわざ署名を切り取るトリミング加工をしてまで引用する人は、ま、しょうがない。それは防げないし、あまりその価値もないだろうし。

ただし、この文字列よりも小さいような小さなスクショについては署名を付さない場合もあります。それくらいはもういいやと諦めることに。


というわけで今後のスクショにはほぼ自動的に署名+日付が入ります。
過去分の画像の差し替えは手間がかかりすぎるので放置。今日以降のスクショにだけ署名が入ります。


今回の創作活動は約1時間30分(累積 約1,561時間)