3DCGで何をどう作るか考え中

ZbrushとBlenderの使い方、ヒント、コツなど。たまにZbrushプラグイン開発も。

祝!VRoidがライダーになった日

(約 1,100文字の記事です。)
f:id:yamato-tsukasa:20200316064102j:plain
VRoidのメッシュがライダーとしてバイクにRide ON!した日です。

細かいことはどうでもいい。
今までは、バイクのみ、VRoidのTポーズのみ、だったが、今回、ようやくキャラクターがバイクに乗った。課題は山積みだが、人型のメッシュがバイクのメッシュにまたがり、ライドしているように見える。そういう絵を初めて作れた日です。

f:id:yamato-tsukasa:20200316062638j:plainf:id:yamato-tsukasa:20200316062643j:plainf:id:yamato-tsukasa:20200316062648j:plainf:id:yamato-tsukasa:20200316062653j:plainf:id:yamato-tsukasa:20200316062656j:plainf:id:yamato-tsukasa:20200316062702j:plainf:id:yamato-tsukasa:20200316062706j:plain

舞台裏はこんな感じ。

f:id:yamato-tsukasa:20200316063018j:plain

ボーンによるポージング。なのでポーズ変更はマウス作業で可能だ。これがZbrushとの大きな違い。スカルプトで造形するとポーズ変更がかなり大変だが、リグモデルでのポージングは変形が得意分野だ。もちろん細部を詰めるならばメッシュとして確定後にスカルプトすればいいだけの話。可逆性と表現の幅がかなり違う。

今回は暫定として細部は無視している。手もパーのままだし、色々突っ込み所はある。だが、暫定としてライダーがバイクに乗った絵は作ることができた。

f:id:yamato-tsukasa:20200316063625j:plain

これは小さな一歩だが、ここから絵作りが始まるのだ。小さな一歩。他人にとっては無価値な絵だが、私にとっては大きな一歩。ここから全てが始まる。


Ride ON!


今回の創作活動は約1時間30分(累積 約1,539時間)
(549回目のブログ更新)