3DCGで何をどう作るか考え中

ZbrushとBlenderの使い方、ヒント、コツなど。たまにZbrushプラグイン開発も。

note投稿「学びと信仰心」

信仰心があることの価値=感謝の対象が「常に」あるということ

感謝と謙虚さ、これは傲慢、慢心への抑止力である。どんな宗教の教えでも、傲慢や慢心がよしとなることはないと思う。それは自分の悪い部分を増長させる原因となり得るし、どんどん悪い方向に成長してしまう。悪い方向とは、ずばり神様が望まないことだ。

では神様が望むこととは何か。これは聖書に書かれています。という逃げ(笑)何だよ、ずるいなぁ。聖書には「これこれこうするのがよい」と列記などしていません。百科事典ではないし「良い生き方の指南書」でもない。

ですが所々に「絶対NGだよ!」ということは明記されているので、それはやってはいけないこととしてやるべきではない。また、やっていいこと・やるべきことについては「ぼんやり曖昧にその指針が示されている」のもまた確か。あとは学びの深さに応じて解釈が変わります。なので聖書を通じて聖霊を育て、聖書からの正しいメッセージを受け取って自分の「善く生きる指針」に追記していけば、自然と神の望む生き方、つまり幸せの多い良き人生となると思っています。なぜならばそれこそが神が私(人)に望んでいらっしゃることだからです。

神様はきっと「あなたは良き人生を送った後に最後に私の元に来なさい」と仰っていることでしょう、多分(笑)

(聖) 学びと信仰心 (聖書の学び 29)|大和 司|note