3DCGで何をどう作るか考え中

ZbrushとBlenderの使い方、ヒント、コツなど。たまにZbrushプラグイン開発も。

たったこれだけのこと(UE4とBlenderとの違い)

(約 2,000文字の記事です。)
f:id:yamato-tsukasa:20200107043539j:plain
くどいようだが当サイトでは静止画限定での表現でしか評価していない。動きを伴うモノについては(今は)存ぜぬ!ということを前提として。
早速UE4で実践練習。といっても試したいことは1つだけ。ブループリントの承継。親を編集すればレベル内に配置した複数の子がきちんと影響を受けて変更されるかどうか。そう、それだけ。

チュートリアルの入門編には紹介しかない

チュートリアルの入門編では、ブループリントの簡単な説明があったが、肝心の「親を変更したら子も連動するよ」という動画がなかった。そして探したけれど見つからない。それほど基本的なことなのか?うん、見つからない。単純なことだと思うのだが……。

結局、承継関連のドキュメントを見ながら適当に試したら上手くいった。だから見つけた方法が最短の手順なのか正しい手順なのか分からないが、まあいいや。とにかくできた。

親はこんな感じ。ライトと球とキューブ。

f:id:yamato-tsukasa:20200107043455j:plain

4つめはまあ固定的な必須なモノくらいの認識でOK。(ライトの色と位置は、実は変更後のものです。深くは気にするな。)

とりあえず適当に子ブループリントを配置してみた。以後、子ブループリントは一切触らない。

f:id:yamato-tsukasa:20200107043306j:plain


で、親のライトの色を変えてみた。ピンクから黄色に。

f:id:yamato-tsukasa:20200107043539j:plain

どん!

次に、親のライトの位置を変えてみた。

低い位置から高い位置に。

f:id:yamato-tsukasa:20200107043618j:plain

どん!

こんなわけで、あとは子ブループリントである構成物を自由に配置すればそれでおしまい。微調整は親ブループリントで調整すれば即座に全部に適用。

当たり前だが、連動する。たったこれだけのことを実現させるための試行錯誤が1時間くらい(笑)だができた。とりあえず静止画でワンシーンを作るためにはこれくらいで十分だ。細かいブループリントの制御は不要。ライトだってスタティックで最高品質を選べばいいわけだし。あるいはステーショナリーやダイナミックライトは、動画でも作らない限り不要。ブループリントのダイナミズムも不要。まとめて制御できればそれで十分。




たったこれだけのことだが、これ、

Blenderでできたっけ?

  1. 光源の色をまとめて変えたりできたっけ?(知らない)
  2. そもそもライトを含めたグループ化ってあったっけ(知らない)
  3. さらに言うとオブジェクト同士であっても上手くグループ化できない?(2.81aでも何だか挙動が変。何も起こらない。どこにできたのコレクション?)
  4. グループ化できたとしてそれを複数配置して、その子の角度や位置がバラバラでも連動させての位置変更&パラメーター変更って、できたっけ?(知らない)

初心者の私には心当たりがない。試しにBlenderをちょっと触ってみた。SHIFTキーを押しながら複数ライトを選択し、色を変更してもライトの色は個別制御になる。やはり……。

私見だが、Blenderは2.8になっても「まとめて変更」にやたら弱かった記憶がある。けど検証する必要もない。だってUE4でやれることが分かったのだから。
UE4のほうが遥かにマイクロソフトのパワポ、エクセル的である。Office的というか、普通の感覚に近い。

Blenderはモデリングツール&UV周りの調整ツールになる予定。

あくまでも初心者の私見です。もしできるとしても、使いにくいので使わないと思います。反論されても困ります(笑)だってUE4でさくっとできるようになったのだから、私にとってはね。

UE4ではSHIFT+クリックでライト2つを選んで、一気に色変更ができます。普通だね、うん。

f:id:yamato-tsukasa:20200107052326j:plain

普通のことが普通にできるってのがデジタルツールでは重要。なぜならば、そうではないツールがあるわけだから。使いやすさはとても重要。

とりあえず、いきなりUE4にして良かった理由が一つ見つかった。やはり私にはレンダリング環境としてはUE4が合っている。これが確認できただけでも満足だ。



とりあえず、一歩前進。



今回の創作活動は約3時間30分(累積 約1,322時間)
(476回目のブログ更新)