3DCGで何をどう作るか考え中

ZbrushとBlenderの使い方、ヒント、コツなど。たまにZbrushプラグイン開発も。

BlenderとUE4での絵作りの違いから両者の特性を考えてみる

(約 3,200文字の記事です。)
f:id:yamato-tsukasa:20191003025813j:plain
ただしこの絵はTwinmotionです。UE4ベースなのは間違いない。

オープンワールドな広大なエリアや室内のムーディーな照明の静止画を3DCGで作る場合、BlenderよりもUE4の方が向いているんじゃないかな?と思ったわけで。

実はこちらの記事で流れで書いてみた内容が増えてしまったので別記事にしました。

Blenderと比較して思うこと

f:id:yamato-tsukasa:20191025230627j:plain

恐らくはBlenderでも同様のことができると思う。だが完成までの手間や時間が違いすぎると直感している。もちろん、スタジオ撮影環境での物撮りならばBlenderのCyclesの方が上、ということもあるだろう。Intel Denoiserも強力そうだ。だが、もし、どっちでもさほど変わらない、という状況まで持って行けるのであればUE4でしか効率化できない部分があまりにも多い。アセットにしても、テクスチャ、マテリアルにしても。

そしてそのノウハウの習得のためのチュートリアルビデオを、運営側がどんどん用意している。

UE4の公式ドキュメントを読むよりも公式ラーニングビデオを見た方が早い - 3DCGで何をどう作るか考え中

これはBlenderではちょっと弱い。有志によるYouTube頼みってところが大きい。それはそれで悪くない。探し回るのがちょっと大変なくらいで。だが日本語字幕は絶望的だ。リスニング力+英語リーディング力+視覚でカバーするしかない。

また、ウェブで眺めてみると分かるように、Blenderでの絵作りはオープンワールドよりもスタジオ物撮り撮影系が多い。一方でUE4はオープンワールド系が多い。広大な自然や風景や、逆に暗い室内のムーディーな照明環境での絵作りが多い。これは結局、作りやすい絵が異なるためだろうと思っている。物撮りの正確な表現ならCyclesがいいと思うので、それにあわせたスタジオセット環境を構築すればいい。そうすれば別にKeyshotや他のシェーダーに引けを取らない良質な絵ができる。デノイザーもかなり優秀になった。

だが、オープンワールドを作るのは大変だと思う。まず無料で使えるアセットが少ない。有料ならばいくつか出てくるが、質と量の両方を満たすサービスはちょっと少な目だと感じる。不安感。後は特殊エフェクトの問題。UE4はゲームエンジンだからその辺がかなり開発されている。対してBlenderでは「そもそもそれ、誰が使うの?開発ターゲットは?顧客は?」という所で引っかかる気がする。なので、あまり探し回っても使いやすそうな、無料なエフェクト系は少なかった気がする。あるいは見つけられないだけだったのかも知れないが、豊富というイメージではなかった。

ブルーム表現とCycles

Cyclesではブルーム表現ができない。Eeveeならある。ブルーム表現は嘘絵だから、Cyclesでは作れない。ポスプロ処理でコンポジットして作ることは可能だ。

f:id:yamato-tsukasa:20191029013734j:plain
コンポジットでブルームを追加。

でも、苦し紛れだな、という感想もある。コンポジットならば立体空間の影響が考慮されない。鏡に映り込むこともないだろうし、近接した物体の表面にブルームが写ることもないはず。立体としての表現からは少し遠ざかる。Photoshop加工と同じだからだ。

Cyclesはもちろんかなりリアルなシミュレーション結果になるので陰影のでき方や物の見え方は素晴らしい。だが、演出という意図で言うと、影の濃さをリアルタイムで調整できたりブルームをリアルタイムで増減できるってのは、絵作りのしやすさではそちらが上だ。だがEeveeはかなり癖があるため、使いこなすにはこれまた勉強が必要だ。

どうせ勉強するならUE4でそれを実現できた方が、後々自分のためになると感じた。UE4もリアルタイムなので、嘘絵が入ってくる。だがその絵作りが割と素敵。ほどよい所までリアルな表現でありながらリアルタイム表現できる処理のすごさ。(もちろん光源のビルド時間は事前に必要だったりするけれど。)それでもほぼ完成型の絵をリアルタイムでぐりぐり回して眺められるのは、創作のインスピレーションを高めてくれる。

さらにはリアルタイムレイトレーシングの表現力の今後の将来性。これにとても期待している。この点はBlenderとの大きな差になるかも知れない。

何よりも、試行錯誤していて楽しい!

これ重要。作りながら悦に入れる喜び。このわくわく感が、BlenderとUE4との操作時の違いだ、というのは、最初から感じていた。今UE4を触り始めても、やはりどこかわくわく感がある。

現時点では物撮りはBlenderのCyclesで実現できている

高品質案HDR画像を有料で入手し、後は後付けライトで調整したり等、あまりこだわらないでさくっとやる分には、実はBlenderでほぼできたな、と感じる。無料のお試し版HDR画像を使ってテストした結果がこちら。板ポリの角をCTRL+Bで角丸にして薄いグレーにしただけ。光源はHDRからのもの。

f:id:yamato-tsukasa:20200103014951j:plain

とりあえずはこういう絵が出せることは分かった。後は影のでき方とか方向とかは、HDRに依存するので気に入った物を探す(買う)、+光源の追加で影を調整すれば、Myスタジオ環境はできると思っている。あとはモデリングした物をそこに配置してテクスチャ・マテリアルを設定すればレンダリングしておしまい、というルーチンワークが予感できた。なのである意味満足なのだ(笑)

検討中の高品質HDR画像

ArtStation - 50+ High Quality Studio HDRI Pack

で、これから5個抜粋した無料お試し版がガムロードにある。

5 Free Studio HDRI's

当面は使い分け

かっちりした物撮りならばBlender+Cyclesで行こうと思う。そしてコツコツUE4の学習を進め、UE4でもそれができるようになれば、恐らくUE4に撮影環境を持って行くことができる。そこでの表現に対する試行錯誤のノウハウはきっと将来役に立つ。そうなればBlenderはどちらかというとモデリング支援ツールという位置付けになると思う。だが強力なポリゴンモデリングツールであることは間違いない。

というわけで、これからもUE4の学習を進めていきたい。


今回の創作活動は約30分(累積 約1,311時間)
(471回目のブログ更新)

筆者はAmazonアソシエイト・プログラムに参加しています。(AmazonアソシエイトとはAmazon.co.jpの商品を宣伝し所定の条件を満たすことで紹介料をAmazon様から頂けるという大変ありがたい仕組みのこと。)
以下のリンクを経由してAmazonで何かを買うと1~3%ほどのお小遣いが私に寄付されます(笑)

Amazonギフト券 Eメールタイプ - Amazonベーシック

Amazonギフト券 Eメールタイプ - Amazonベーシック

  • 発売日: 2010/07/15
  • メディア: Ecard Gift Certificate