3DCGで何をどう作るか考え中

ZbrushとBlenderの使い方、ヒント、コツなど。たまにZbrushプラグイン開発も。

やっぱりメッシュを作ったらレンダリングしたいよね

(約 1,000文字の記事です。)
f:id:yamato-tsukasa:20191231041043j:plain
しばらくの間、ひたすらメッシュの形を作ることだけをやっていたが、やっぱり形を作ったらレンダリングして見栄えのいい絵にして完成させたいよね。そう思ったただの日記。

最初の感動はFusion 360のレンダラーだった

思い出してみれば遠い昔のようで数年前でしかなかったりするのだが、それでもお手軽操作で想像以上に綺麗に仕上がったのが、Fusion 360のレンダラーの印象だった。そこに魅了された。3DCGって凄いなって思った。苦労して形を作ったメッシュが、想像以上の品質で画像になった時の感動。あれは今でも忘れられない。

で、久々にFusion 360を使ってモデリングしたので、ちょっとレンダリングしてみようと思ったわけ。

f:id:yamato-tsukasa:20191229001647p:plain

これ、プラモデルの塗料の蓋っぽいな、と思ったので瓶の本体もさくっと作って、後はD&Dでお手軽マテリアル設定。
Fusion 360の場合は、ここが簡単で、色を指定するくらいでOKだったのが印象深い。今回もまたそれ。あとはガラス素材を指定するだけ。

で、レンダリング結果。

f:id:yamato-tsukasa:20191230020352j:plain

おや?なぜかぼけている。被写界深度がかかっている。と思ってチェックすると、デフォルトでここがONになっていた。
なのでOFFでリトライ。

f:id:yamato-tsukasa:20191230020527j:plain

Fusion 360のレンダラーは、このお手軽さでこの品質になるのが凄いんだよね。ホント、クリック数回とD&Dを少々。
Blenderだと、照明環境や背景設定など、面倒臭い。今それを模索中だが、あまり上手く見つけられなくてゲンナリして、Fusion 360に戻ってきてお茶を濁してみた次第。

今はまだ質感にこだわりたいと思えるほどのものを作り出せていないから、お気楽極楽で楽しくそこそこ品質のいい仕上がりになってくれさえすればそれでいいのだが、何かいい手段がないものかと思案中&検索中です。

今夜はここまで。

今回の創作活動は約15分(累積 約1,307時間)
(467回目のブログ更新)