3DCGで何をどう作るか考え中

ZbrushとBlenderの使い方、ヒント、コツなど。たまにZbrushプラグイン開発も。

Blenderのアドオン「Fluent(フルーエント)」の使い方の記事が完成

(約 1,000文字の記事です。)
f:id:yamato-tsukasa:20191216014010j:plain
フルーエントの使い方を9割網羅した使い方記事が完成しました。後の1割は、メニューボタン名とポップアップを読めば分かるので省略。

これを読めば誰でも使いこなせる

Fluent - Stressless modeling tool - Blender Market

フルーエント自体は、Blenderのモディファイア適用支援機能なので、Blenderでできないことはできないのだが、そのモディファイアを適用するのがとても早い。
具体的に言うと、平面ベース+角丸の造形ならば、かなり早い。

また、配列による造形や、回転体での造形も得意。
これらをBlenderの機能のみで使いこなすのはかなりの手間だが、フルーエントからの呼び出しならばかなり早い。
フルーエントでできることは公式動画をざっと眺めれば分かります。

具体的な手順については以下の記事をご覧下さい。
有料記事ですが、短時間で使いこなしたい人にはオススメです。公式チュートリアルではなかなかわかりにくい部分を丁寧に解説しています。もちろん日本語です(笑)

フルーエントの使い方(これで9割を使いこなせる)|大和 司 2nd|note

(12月21日(土)追記 Power Trip部分も追加)

これでフルーエントとパワートリップの2つをカバーする記事が完成しました。
これにてフルーエントの使い方記事の執筆は終了です。

今回の創作活動は約15分(累積 約1,278時間)
(452回目のブログ更新)