画力がないなら立体を作ればいい

「何を作る」より「どう作るか」を考えたい人

Blenderのプラグイン「フルーエント」の使い方記事執筆中

(約 1,700文字の記事です。)
f:id:yamato-tsukasa:20191216014010j:plain
フルーエントは、一言で言うとBlenderでブーリアンを用いたモデリング(ブーリアンモデリング)を行うためのプラグイン。それだけ、と作者が公式動画で言っていた。その使い方の記事を書き始めた。

フルーエントとは

Fluent - Stressless modeling tool - Blender Market

実際に触ってみると、Blenderのブーリアン系モディファイアをサクサクと簡単操作で適用させて形を作る感じだ。基本的にBlenderの持つブーリアンモデリングの機能を組み合わせて形を作っているわけだ。

(適用するまではメッシュにならないので編集モードで眺めてもキューブがちょこんとあるだけだったりする。)

なので、深いところでの微調整は、残念ながらBlenderの各モディファイアのパラメータについて知識がないと難しい気がする。だが、それを知らなくても、とりあえずはフルーエントでできることが分かりさせすればその組み合わせや応用で色々とハードサーフェスは作れそうだ。

とはいえ、まだ触り始めただけなので謎な部分も多い。それは追々理解できるだろうと思いながら、コツコツ学習を進めていきたい。

平面ベースのローポリモデリングならFusion 360に匹敵するかも

あくまでも平面ベースの造形ならば、Fusion 360での造形に匹敵すると感じた。水平、垂直、45度などの幾何学的な造形が瞬殺だし、押し出しや押し込みによる造形もドラッグ一発。角丸も綺麗な正円のアールを描いてくれる。これもドラッグ一発。もちろん非破壊なので可逆でいつでも調整できる。角丸のベベルや直線ベベルなども然り。もちろん斜めカットや幾何学的な筋彫りも得意だ。

とにかく、フルーエントの得意分野についてはどれも数クリックと数ドラッグでできてしまうのだから恐ろしい。驚速なのである。

有機的なメッシュに対しては無力?

一方で、有機的なメッシュはそもそも作れないので、それはフルーエントでどうにかする部分ではない。BlenderでもいいしZbrushで作ってもいい。そこに幾何学的な凸凹、直線的な形状をブーリアンで追加するにはいいだろう。

(だが、有機的な曲面に、深さを保った直線の彫り込みはおそらくフルーエントでは難しい気がする。有機的な曲面に沿って、という概念がそもそもない。ブーリアンで作るから。Zbrushなどで一度ハイポリメッシュを作って、そこから表面から一定深度のブーリアン減算用のメッシュを作ってブーリアン減算することになるだろう。フルーエントの出番はないと思う。)

カックカクのローポリモデリングなら瞬殺かも知れない

ローポリモデリングでもBlenderのモディファイアを使ったりZbrushでダイナミックサブディビジョンを使うと有機的な造形が可能だ。そういう場合を除いて、平面ベースあるいは円形ベースののロボットや人工物ならばかなり早いと思う。特に角の面取りがBlenderでは優秀なので、そういう機能を簡単に使えるのが嬉しい。どのモディファイアを選ぶべきか知らなくてもフルーエントでどの操作をすればいいかは簡単なので、そういう意味でも簡単に品質アップが可能だ。

最近知った「Face weighted normals」についても、なんてことはないフルーエントのLatest Bevelsを適用させただけじゃないか、という具合。

全機能の理解にはもう少し時間がかかりそうだが、だんだん構造が分かってきたので進みやすそうだ。

今回の創作活動は約30分(累積 約1,256時間)
(447回目のブログ更新)