3DCGで何をどう作るか考え中

ZbrushとBlenderの使い方、ヒント、コツなど。たまにZbrushプラグイン開発も。

スマホでのオススメ電卓アプリ「式と履歴が見れる電卓」(無料)

(約 1,900文字の記事です。)

f:id:yamato-tsukasa:20191209004254p:plain

iPhoneで使える理想的な電卓アプリ(無料)に辿り着いたのでご紹介いたします。Android版もある模様。
無料版を触りながら見てもらった方が早いので今回は画像は少な目。DLしながら読み進めて下さい。
有料版との違いは画面上部のバナー広告の有無のみ。

式と履歴が見れる電卓

式と履歴が見れる電卓 PanecalST | Appsys

できること

  1. 括弧の付いた数式計算
  2. 履歴を利用して再計算
  3. 税込み、税抜きボタンあり
  4. 時間の計算(6:30 + 1:00 = 7:30:00など)

詳細は上記リンク先をご覧下さい。丁寧に一読すると全機能を理解できます。結構便利機能がありますよ。

例えば500円の10%OFFなどは、500-10%と打ち込めば450と出てきます。これ、電卓でも一般的な入力方法らしいのですが、知らなかった。私は関数電卓で数式通り500×0.9と打っていましたが、このアプリからは直感的に前者の数式でいけるので、便利ですね。小技です。

括弧付き計算の重要性(スマホ乗り換え時の検討)

例えば格安SIMの乗り換え検討で役に立つ。あれさ、数字が税抜きと税込みとが入り乱れている。だが実際に知りたいのは税込み価格なのだ。それを月数で掛けたり、家族割りで何円引きだったりと、かけ算と括弧書きの減算とが重要になる。普通の電卓では無理。かと言ってExcelを使う程かと言われるとそうでもない。

今この場でささっと計算したいだけなのだ。

だから括弧書き演算できることが重要。

で、例えば1GBプランと3GBプランでトータルコストがいくら違うのかを知りたいときに、1GBプランの税抜き価格の計算式を使い回して、3GBプランの価格に書き換えて=を押すと、数式丸ごとコピーされて演算結果が出てくる。このように過去の数式を使い回して部分修正できるのも重要なのだ。毎回打ち直しなどしてられない。

意外と括弧書きで税計算できて履歴を簡単に使い回せるアプリが少ない

私も実は最初、この作者の関数電卓を使っていた。

関数電卓 Panecal | Appsys

f:id:yamato-tsukasa:20191209011435p:plain

が、00ボタンと税込みボタンが欲しいと思い、リクエストをすべく公式サイトを覗いてみたら、何とこのアプリがあったわけで。

式と履歴が見れる電卓 PanecalST | Appsys

f:id:yamato-tsukasa:20191209011611p:plain

まさに理想的。素晴らしい。

環境設定はMENUボタンを長押し

最初気付かなかったが、App Storeの特徴欄にきちんと書いていた。MENUボタンを長押しすると出てきます。このアプリの小さな文字は、基本的に長押しすると呼び出せます。
クリック音をOFFにしたり、0と00のボタン位置を入れ替えられます。

関数電卓のように上下左右ボタンが嬉しい

関数電卓では、履歴を呼び出したり、カーソル位置を移動させるために上下左右キーがある。これは一般的な普通の電卓にはないが、関数電卓ならほぼ常備されている便利ボタン。これがあると、ほぼ似たような数式から一部の数値を変えるだけの計算を簡単にできる。いちいち全部の数字を打ち直してなどいられない。その際に上下左右キーが活躍する。iPhoneでもだいたいの所をタップして、細かい移動を左右キーで移動させられるのが嬉しい。

気に入った人は有料版250円を投げ銭してみよう

私も過去にいくつか電卓アプリを使ってみたが、これが最高に使いやすい。無料版でも広告は邪魔にならないが、気に入った人は投げ銭のつもりで有料版を買ってみてはいかが?
私は別にアプリ開発の関係者でも回し者でもありません。
便利ソフトだったので人に知らせてみたくなっただけですヽ(´ー`)ノ

式と履歴が見れる電卓 PanecalST | Appsys


今回の創作活動は約30分(累積 約1,239時間)
(444回目のブログ更新)