画力がないなら立体を作ればいい

「何を作る」より「どう作るか」を考えたい人

chromeのアドレスバーの横の翻訳アイコンが消えた場合の復活方法

(約 800文字の記事です。)
f:id:yamato-tsukasa:20191204033121p:plain
英語を日本語に翻訳させたり原文を表示させたりしているうちに、なぜか翻訳アイコンが消えてしまった。不便。というわけで復活させる方法です。

まずはここを確認

このサイトの説明に従って、「母国語以外のページで翻訳ツールを表示する」が「オン」になっていることを確認。もしかしたらこれだけで戻ることもあるかも。

Google Chrome - 翻訳ツールバーを有効/無効にする方法 - PC設定のカルマ

それで無理なら次に進みます。

ページを更新してオリジナルの言語のページを表示させる

更新ボタンをクリック。要はオリジナルの言語のページを表示させられればどんな手段でもOK。

普段なら「このページを日本語に翻訳する?」というポップアップが出るのだが、翻訳アイコンが出ない状態ではそれもない。沈黙。

ページ内を右クリックして翻訳オプションを表示させる

以下、画像をご覧下さい。

f:id:yamato-tsukasa:20191204033437p:plain

f:id:yamato-tsukasa:20191204033546p:plain

f:id:yamato-tsukasa:20191204033836p:plain

これで翻訳アイコンが復活したはずだ。

f:id:yamato-tsukasa:20191204033121p:plain


今回の創作活動は約15分(累積 約1,238時間)
(443回目のブログ更新)