画力がないなら立体を作ればいい

3DCGでワンシーンメイキング(オリジナル小説の挿絵作り)

久々にZbrush用のプラグインを作ったが満足です(実際に使ってみた)

(約 2,000文字の記事です。)
f:id:yamato-tsukasa:20191006011201j:plain
久々にZbrushのプラグインを作った。Zbrushのツールを綺麗に整頓するツールだ。BlenderとZbrushとでGoBをしたり、サブツールで別れているツール全体を位置調整するためにトランスポーズマスターを使ったりしているうちに、ツールがどんどん一時ツールで溢れる。困っていたのだが、思い切ってプラグインで片付けることにした。

結構疲れた

ほぼ丸一日かかった。シンプルな機能だが、これまた人に使わせようとすると、想定外の使われ方をするものだから、エラー処理で想定の4倍の時間に(笑)自分で使うだけなら1,2時間で終わっていたのだが、エラー処理を考えると結局そうなる。面倒臭い。

実装についても1箇所だけ難しいところがあり、そこで2時間くらい詰まったけれど、最終的には本質的に解決できた。よかった。

仕上がりは上々

シンプルな機能をシンプルかつ確実に動作するようにした結果、シンプルに使えます。何を言っているのかよく分からない。要するに簡単に使えるってことだ。

今まではツールは整頓のしようがないと思っていたがこのツールでほぼ綺麗に片付く。不要なツールを表示させておく必要がなくなったし、不要なツールが溜まっても一気に片付けるように削除ができる。もちろん事前にバックアップを作る仕組みも実装済みだ。抜かりはない。特にツールの削除はUndoが効かないので、別名保存か、最低でもクイックセーブが必要。もちろん実装している。

GoBは結局お蔵入り

話は変わって、GoBを使ってZbrushとBlenderとを連携させていたが、GoBのバグがひどくてお蔵入り。FBX経由で出し入れした方が確実だと分かった。で、GoBでも中間の一時ツールがどんどんできて大変。またトランスポーズマスターでも一時ツールが溜まって大変。もうね、どれが必要なツールで、どれが一時ツールか分からなくなるのよ。あの狭いエリアにツールが溢れるわけだから。

f:id:yamato-tsukasa:20191005225559j:plain

これな。

でもこのプラグインでワンクリックでスッキリこうなる。

f:id:yamato-tsukasa:20191005225810j:plain

これならば、使えるメッシュが4つで、おや?赤い球があるぞ?これ要らないよね?削除。という風に思える。

これは無理だろ?もはや何がなにやら分からない。
f:id:yamato-tsukasa:20191005225559j:plain

たったこれだけでもストレス具合が違う。やる気に関わるよ。
特にツールを削除すると必ず現れるこのスター。

f:id:yamato-tsukasa:20191006005234p:plain

このスターは削除できない。非表示にするしかないのだが、当プラグインなしで非表示にしようとすると、かなりクリックしまくることになる。全部を非表示にすることは簡単だ。このRボタンを押せばいい。

f:id:yamato-tsukasa:20191005231653p:plain

で、どうやって必要なツールを再表示させるの?はい、ウィンドウから一つずつクリックするしかないのです。

f:id:yamato-tsukasa:20191005231359p:plain


やってられるかよ!ということで作ったプラグイン。ワンクリックです。いつでもワンクリックで綺麗になります。おまけに今作業したいと思うツールだけは、一番上に移動させることができます。これは個人的にほしかった機能。これで「アレ?今作業中のツールはどれだっけ?」と言うことがなくなる。ツールの場所で判断できるからだ。

画像はDogをてっぺんに持ってきた例。Dogを選んでボタンをクリックすれば自動で入れ替わる。その他は作成した昇順。唯一の並べ替え手段だ。
f:id:yamato-tsukasa:20191005235009p:plain

たったこれだけでもだいぶ楽にツール管理ができるぞ。
個人的には久々のスマッシュヒット。Z Intensity Controllerと並ぶ良プラグインだと思う。

が、今日創作活動できなかったのが残念。

せっかくなので最近のZPRに使ってみた

こちらのシーンを作るのに使ったZPRでテスト。

f:id:yamato-tsukasa:20191003192316j:plain

Before

もはやめまいが。
f:id:yamato-tsukasa:20191006025645j:plain

TPはトランスポーズマスターの残骸、CLはUVマスターのクローン。どちらも作業後には不要な物。後はZTLインポート時の残骸。こんなにもツールのウィンドウ内に隠れていたとは……。

ポリメッシュ3Dを非表示化

スターが一つ減った。BU 1~4はバックアップ用の転送先ツールです。
f:id:yamato-tsukasa:20191006025717j:plain

これを使っています。
サブツールを別のツールにバックアップ(サブツールのコピー転送)
Zbrushのサブツール操作プラグイン「YT Subtool Helper」 - YAMATO Tools - BOOTH

バックアップは4つのツールだと丁度画面への収まりがいいのね。ツールNo.も49~52と常に一定にしています。No.48がメインかあるいはアーカイブか、とにかく何かを作るツールにしています。

f:id:yamato-tsukasa:20191006025717j:plain

ここに表示されているのが加工可能なメッシュ一覧。他にはない。全部ってのが重要。
で、よく見ると、ほとんどトランスポーズマスターの一時ツールじゃないか。残骸ばかり。無駄。不要。二度と使わないツールばかりだ。

f:id:yamato-tsukasa:20191006000744p:plain

こいつで1つずつ確認しながらまとめて削除だ!YESかNOを1クリックするのを繰り返すだけ。楽ちん。
で、こうなった。

After

f:id:yamato-tsukasa:20191006030150j:plain

完成型だから、結局ツールNo.48のみが実質的に残った。だいぶ綺麗になったね、うん。
ちなみにファイル容量的にもこうなりました。

f:id:yamato-tsukasa:20191006030234j:plain

ほぼ4分の1……。ファイルがスッキリして、ファイル容量も減って、いいことずくめだ。開発してよかったと思えるプラグイン。即効性がありすぎた(笑)



今回の創作活動は約1時間(累積 約1,140時間)
(387回目のブログ更新)