3DCGで何をどう作るか考え中

ZbrushとBlenderの使い方、ヒント、コツなど。たまにZbrushプラグイン開発も。

note投稿「趣味の創作活動は「スラムダンク」的でなくてもいい」

何が残るか

趣味の創作活動も、そうだ。10時間、100時間、1,000時間後、ポートフォリオと試行錯誤した日記と、わずかなファンが残るだろう。大したモノが残るかどうかは分からない。だが確実に言えることは、これまた記憶と体験が残る。

ただ、旅行やゲームと違うのは、記憶と体験が、1,001時間目にはきちんと確実に次の創作活動に生かされる点だ。11時間目では1時間かかった作業内容が、101時間目ではホットキーを駆使して30分だったり、1,001時間目では外部ツールなんかを使ったりして5分で終わらせられるようになっていたりする。

とまぁ、「そりゃ理屈でしょ?」と人は言うかも知れない。だが私だから言えること、ちゃんと累積で1,000時間以上試行錯誤してきたからね(笑)理屈じゃなくて事実です、私にとってはね。一例として、Back To the Center(BTC)プラグインでそれを体現したし。そこで得た経験から色んな便利ツールを作って高速化が進んでいるし。Blenderを使ってZbrushだけでは不可能なことをやろうとしているし。

続けるために

途中でも、不満でも、切り上げて次に進むことの重要性。それは、続けるためだ。いいんだよ、適当でも、不格好でも、美しくなくても、人からなんて言われようとも。趣味の創作活動なんだから、もっとワガママに楽しんでいい。

「ピカソの絵が何がどう凄いのかさっぱり分からない。あんなん俺でもかける。」とそう思うなら描いて楽しめばいいんじゃないの?何を口で批判して気分よくなってんだか(笑)描いて楽しいと感じるならただ描いて楽しめばいいじゃない?他人の作品と比べてどうするの?それ楽しいの?

上手く描かれた絵を眺めるのが目的なら「そもそも描かずに上手い作品を眺めて楽しむ」という路線変更が最も手っ取り早い。自分で描く必要ない。目的が「良い絵を眺める」ならね。

目的が「良い絵を描く」ならば、良い絵について理解して実践できるまで描くしかないんじゃない?それが目的なら、できるまで続ければ、そりゃできるでしょ?何でやめるのかが分からない。強いて言えば「本気じゃなかっただけ、遊びだったんでしょ。ゲームと一緒だ。」それはそれでいい。別に趣味なんだからコロコロ変えればいい。それは自由だ。コロコロ変えないと自分にぴったり合う趣味なんて見つけられない。そう、次の試合のため、だ。

趣味の創作活動は「スラムダンク」的でなくてもいい|大和 司|note

何が残るか

趣味の創作活動も、そうだ。10時間、100時間、1,000時間後、ポートフォリオと試行錯誤した日記と、わずかなファンが残るだろう。大したモノが残るかどうかは分からない。だが確実に言えることは、これまた記憶と体験が残る。

ただ、旅行やゲームと違うのは、記憶と体験が、1,001時間目にはきちんと確実に次の創作活動に生かされる点だ。11時間目では1時間かかった作業内容が、101時間目ではホットキーを駆使して30分だったり、1,001時間目では外部ツールなんかを使ったりして5分で終わらせられるようになっていたりする。

とまぁ、「そりゃ理屈でしょ?」と人は言うかも知れない。だが私だから言えること、ちゃんと累積で1,000時間以上試行錯誤してきたからね(笑)理屈じゃなくて事実です、私にとってはね。一例として、Back To the Center(BTC)プラグインでそれを体現したし。そこで得た経験から色んな便利ツールを作って高速化が進んでいるし。Blenderを使ってZbrushだけでは不可能なことをやろうとしているし。

続けるために

途中でも、不満でも、切り上げて次に進むことの重要性。それは、続けるためだ。いいんだよ、適当でも、不格好でも、美しくなくても、人からなんて言われようとも。趣味の創作活動なんだから、もっとワガママに楽しんでいい。

「ピカソの絵が何がどう凄いのかさっぱり分からない。あんなん俺でもかける。」とそう思うなら描いて楽しめばいいんじゃないの?何を口で批判して気分よくなってんだか(笑)描いて楽しいと感じるならただ描いて楽しめばいいじゃない?他人の作品と比べてどうするの?それ楽しいの?

上手く描かれた絵を眺めるのが目的なら「そもそも描かずに上手い作品を眺めて楽しむ」という路線変更が最も手っ取り早い。自分で描く必要ない。目的が「良い絵を眺める」ならね。

目的が「良い絵を描く」ならば、良い絵について理解して実践できるまで描くしかないんじゃない?それが目的なら、できるまで続ければ、そりゃできるでしょ?何でやめるのかが分からない。強いて言えば「本気じゃなかっただけ、遊びだったんでしょ。ゲームと一緒だ。」それはそれでいい。別に趣味なんだからコロコロ変えればいい。それは自由だ。コロコロ変えないと自分にぴったり合う趣味なんて見つけられない。そう、次の試合のため、だ。

趣味の創作活動は「スラムダンク」的でなくてもいい|大和 司|note