画力がないなら立体を作ればいい

3DCGでワンシーンメイキング(オリジナル小説の挿絵作り)

3DCGで簡易的なマガモ作る(マガモ三昧な一日)

リアルなテクスチャを追求すると時間がいくらあっても足らず、他のテクスチャもそれに合わせるとますます完成できない。だから妥協が必要。アニメ的な情報の丸め込みが今後必要。

f:id:yamato-tsukasa:20190911012436j:plain

このシーンのために4パターンのマガモが必要に(笑)

Zbrushでちまちまと変形させました。

f:id:yamato-tsukasa:20190911012520j:plainf:id:yamato-tsukasa:20190911012527j:plainf:id:yamato-tsukasa:20190911012532j:plainf:id:yamato-tsukasa:20190911012537j:plain

絵としてこれだけ書くのは大変だが、3DCGなら変形させれば色はテクスチャなので使い回せる。背景の森もある。なので後はTwinmotionに配置して撮影すれば上記のワンカットはできることになる。

……地味だ、地味な作業である。全然派手じゃないね。思ったよりも3DCGは地味です。

今回の創作活動は約2時間15分(累積 約988時間)
そのうちモデリング作業 約2時間(累積 約169時間)
(356回目のブログ更新)