画力がないなら立体を作ればいい

3DCGでワンシーンメイキング(オリジナル小説の挿絵作り)

Twinmotionで森っぽい風景を作ることに成功

(約 600文字の記事です。)
f:id:yamato-tsukasa:20190904001804p:plain

今回は風景の全体を少し小さめにしてテスト。結果、何とか森っぽい領域を作ることに成功。

静止画でもよかったのだが、せっかくなので動画でテストしてみた。動画でも見られる程度の広さを森っぽくすることができた。

youtu.be

最初、ブッシュで試したが木っぽく見えずNG。もちろん草も試したがこれもだめ。結局普通に木を植えることに。それでもある程度広いと、木の大きさが分からなくなった。ついでに山の起伏も森に覆われるとさっぱり分からなくなる。山の形は、実は円形になるほどフラットなほうが、山の形は分かりやすい。ジャングルのようにもじゃっと木々に覆われると立体感が分からない。
そう言えば、映画で見たベトナムの山々も遠近感がわかりにくかった気がする。果てしなく続くジャングルのような。

ま、とりあえず森は作れることが分かった。キャラ配置はまた今度。ちなみに以後はムービーではなく静止画でいこうと思う。なんだかんだ言って動画はUPなどの手間がかかる。

今回の創作活動は約2時間(累積 約959時間)
(342回目のブログ更新)