画力がないなら立体を作ればいい

3DCGでワンシーンメイキング(オリジナル小説の挿絵作り)

「Zbrush初心者のためのブラシ理論」をnoteで執筆予定

f:id:yamato-tsukasa:20190729234621j:plain

前回の記事で、結局はブラッシングによるスカルプト力が重要だってことは改めて理解した。だが、ブラッシングに関する情報はネット情報ではほとんどない。せいぜい無料ブラシの紹介程度で、具体的な使い方などはほぼない。理由は簡単だ。記事を書くのにものすごく手間がかかるから。逆に手間を資金回収できる「書籍」ではもちろん丁寧に書かれている。だが書籍はまだまだ少ない。そして書籍もまた中級者以降を対象としていることが多い。

私は初心者である(笑)

もちろん現存する書籍は一通りこなした。だが初心者である。なんてったってアウトプットが少なすぎる。そしてショボい(笑)だからどうにかして色々作ってみたいのだが、ここで最初のテーマにぶち当たる。

ブラシの使い方がよく分からん。

これである。本の通りに作るならば誰でもできる。何となく理解した。だが、オリジナルを作ろうとすると手が止まる。ここで初めて、ブラッシングが自分の血肉になっていないことに気付く。アレっぽい物は作れる。ソレっぽい物も作れる。だが作りたいのはアレでもソレでもない。じゃあどうすれば?今ココ。

試行錯誤するしかないのはわかるけれども、みんなが試行錯誤するべきなのか?

これな。もちろん血肉にしようと思ったならば四の五の言わずに片っ端から試すべきだ。体験による蓄積が一番の資産だからだ。でも、近道したいと思う人はたくさんいる。ならば、私が試行錯誤した結果を近道に使ってもらえればいい。そのかわりにちょっとの寄付を頂ければそれでいい。そう思ったわけで。

古参の諸先輩方のアプローチ方法への懐疑論

Zbrushは進化している。なので、ちょっと前のVer.でのやり方が、今のVer.ではもっと楽することができる。これがソフトウェアの進化なのだ。Zbrushの情報は少ない。そのため、古い情報で古いやり方で、非効率的なアプローチもネット上に散在する。だが技術は日進月歩。結果が同じならば早くて正確な方がいい。なので、過去のやり方に囚われず、現行Ver.で、現行で手に入る手段を利用して試行錯誤したらどうなるの?という部分に着目したい。

ま、今から私が試行錯誤してみるので、過去のやり方は知らないので、今の手段から取捨選択してアプローチ&トライしてみるよ、ってことですね。

例えば、古いやり方で手順1~5まで必要なことも、今のやり方ならばどっかのプラグインを導入してそのボタンを1つONにするだけでOK、ということが有り得るのです。。。

本気の情報には価値がある。

私が好きな漫画に「宇宙兄弟」がある。その中の一説に、「本気の失敗には価値がある。」「本気でやった場合に限るよ。」というフレーズがある。これにしびれた。その通りだと思う。

Zbrushで試行錯誤することは簡単だ。だが、そこから次につなげるべき示唆を文字にして残すのはとてもエネルギーがいる。

ツイートは簡単だ。だがはっきり言って情報不足だ。役に立たない。そして面倒だから、手間だから、あるいは情報発信したくないから、形として残っていない。プロにとってはそれこそがノウハウだったりするからなおさらだ。

だが私は素人だ。関係ない。そしてそこでぶつかる壁はZbrush初心者の多くがぶつかる壁だろう。どうやって乗り越えるかは自由だ。プロ志望ならば四の五の言わずに乗り越えなければならない。だが私は素人だ。乗り越えることそのものに意味があるかどうかすら分からない。回避でもいいわけで。

なぜnoteでの有料公開?

ただ、どうせなら真っ向勝負でいこうと思う。その過程を情報として残す。ただし、それ相応のエネルギーは必要なので、有料マガジンとして公開する。本気の情報だからこそ、きちんとメンテできる形で作りたいし、本気で欲しいと思っている人のために執筆したい。無料ならばソレこそ2分でできるツイートでいいのだ。だが私の場合は有料無料問わず、記事の執筆には最低でも30分、多いときには3時間ほど使って書いている。本気の記事だからだ。だが今後はこれも難しい。ボランティアではないのだ。だから、本気の情報については寄付を頂ける方のために書きたいと思っている。情報は無料ではない。書き手にコストが発生している。これを回収するための手段が必要だ。noteはそれができる基盤だと思っている。

noteならば加筆修正時に購入者にnoteからの通知が届く。即時性の不要な情報であっても、たまに覗いた際に記事の更新通知などがあるのは極めて重要だ。一方でBOOTHではそのようなアフターフォローが難しい。だから利益を減らしてでもきちんと今後の情報の加筆修正に対してフォローするためにも、noteでの記事更新を考えている。1年以内程度の、情報が陳腐化する時期まではアフターフォローできることが重要だと考えるからだ。

もちろん細々としたTipsなどはブログで無料公開していく

とはいえ何でもかんでも有料化すればいいってもんじゃない。中級者にとっては常識の知識も初心者にとっては目から鱗かも知れない。そんな情報は引き続き無料でブログに記事として執筆していきたい。情報の重要性や価値のメリハリを付けるという点では今までと変わらない。

まとめ

というわけで、私も少しずつ造形に入っていくので、初心者として日々学ぶ事になります。そしてそこから学んだのエッセンスだけを結論としてnoteにコンパクトにまとめ、これからのZbrush初心者がそれを一読すれば最短で技術向上できるようなエッセンスをnoteにまとめていきたいと思ったのでした。

今回の件では特にブラッシングに注目した記事の集合=マガジンとしてまずは執筆したいと思っています。ブラッシングについては奥深い故に初心者には広大過ぎる。そこに少しずつ自分のアプローチでの結論を簡潔にまとめていきたいと思っています。

自分の理想の形を作れなければどんな知識も無意味なんだ。だったらどうやってそこに辿り着いたのかの軌跡には情報として価値がある、そう思ったのです。


とまぁ少し興奮気味なので、今日はこの辺で。

今回の創作活動は約1時間(累積 約901時間)
(321回目のnote更新)