画力がないなら立体を作ればいい

デジタル箱庭クリエーターを目指す小さな足跡

カーブナイフとパレットナイフとスカルプトリスプロの将来的展望

(約 2,800文字の記事です。)
f:id:yamato-tsukasa:20190709195931p:plain

スパッと直線的に切れてエッジも残せるプラグイン、スカルプトリスのカーブナイフ。ようやく公開した。
Zbrushを便利にする色々なプラグイン「YT Misc Tools」 - YAMATO Tools - BOOTH

あとは自分で使ってみて改良していくだけだが、まずは祝杯と共にちょっと日記。

スカルプトリスのナイフシリーズが完成した気がする

姉妹プラグインとしてパレットナイフがある。これはマスクしたか所をほぼ平らに切り取るプラグイン。スカルプトリスで盛り上げるのは簡単だ。問題は平らに戻すことだったのだ。で、完成したのがまずはパレットナイフだった。マスクで塗ったか所が平らになる。ただそれだけだが、Zbrushには切り取るという概念がなかったのでとても便利だった。

だが、使っているうちに新たな課題。それは、エッジを切り取りで作れない、ということ。これではハードサーフェスモデリングの検討に使えない。角を一直線に切ることしかできないのでは役に立たない。

そしてついにカーブナイフの完成です。

万能ではないのは本家トリムカーブブラシのバグ挙動

そもそも本家ツールがしっかりしていればこんなに苦労しなかったのに。というわけで本家の挙動由来によるものがほとんどです。なので、マスクか所を分離したり、ダイナメッシュでつなげたりという泥臭い動作を裏でZscriptが必死にこなしています。見た目には分からないようになっていますが、メッシュをよく観察すると跡が残ります。だからこそスカルプトリスプロでの初期の造形検討用、として紹介しています。仕上げ直前にメッシュを壊す物は誰も使わないでしょ?スカルプトリスプロならば、メッシュじゃなくて形だけが重要。なのでそれ専用のツールです。

球からサイコロへ、サイコロから球へ

こういう往復を自由にスカルプトリスでやりたかったのね。今ならばカーブナイフを使ってすぱすぱ対称カットすればサイコロになる。スムーズブラシで四角おにぎりから球へも簡単だ。そんな感じで、何となく板っぽい物をスカルプトリスで引っ張りながら伸ばし(あるいはギズモ+ダイナメッシュしてそのままスカルプトリスモードで作業の続きをするとか)、で、カーブナイフでスパッと平面化する。あっという間に機械の翼が完成する。メッシュの細かさやトポロジも全く関係ない。考えなくていい。引っ張って伸ばして、真っ平らに切り取る。真っ平らの2面の組み合わせでエッジを作る。シンプル。だがこれが今までできなかった。

f:id:yamato-tsukasa:20190709024443p:plain

だがこれからはできる。シンプルに考えてシンプルに形にする。
そもそも羽の大きさが大きい小さいとか、翼端の角度がきついとか緩いとか、そういうのは造形「方法」とは無関係の部分、形を作るところの部分。そういう所を直感的に作っては試し、眺めては修正する、というのを直感的に高速でやりたかったのだ。検討するならば作りながら・眺めながらが一番いい、3DCGでは。そう思っている。

メッシュとかトポロジとか、データの重い軽いなんてその次のステップだよね。最初の形作りが最も大切だと思うの。だからこだわって作ったプラグインなんです。使い方もシンプルに。

ガンダムが作れそうな気がしてきたよ

まぁ、思うのは自由です(笑)でも、要所ごとにサブツールに分けてカーブナイフでスパスパッと切っていけば、滑らかカーブはブラシで盛ってスムーズをかければいいことになる。盛りすぎたらまた切り取ればいい。形は作れるよね、うん。粘土で作れそうな気がしてきたのだから、Zbrushでも作れることになる。うん。あとは作りたいかどうかというモチベーションだが、版権物はよしとこう。でも、ツノだけ、口周りだけ、パーツだけなら結構簡単に「形にできる」ことは間違いない。納品レベルで作れるとは言っていない(笑)形を作れるだけ。でも3DCGで形を作れるってのはとても重要だと思うのだ。だってそれがなければ前に進めない。

もちろんZRemesherやリトポツールを駆使すればラフモデリングに変形可能

ここから先はZbrush使いの技量になる。でもエッジがきちんと立っているならばZRemesher V3からはエッジ検出が優秀になったので綺麗なリトポメッシュが手に入りやすいだろう。そうなると、スカルプトリスの粘土造形がいきなり「いい感じのメッシュでいい感じの形」になってしまうことになる。一気にラフモデリングの進捗が進む。こういうことがデジタルでできるから侮れないのね。

もしそれが不可能でも、半透明モードにしてそれに重ねるように新規で新たなトポロジから作っていっても、大外れがないし調整で悩むこともないから単純作業で淡々と作るだけで綺麗なメッシュの完成造形に近づく。これも力強い。頼れる味方。完成型が既に目に見える形になって存在しているってのは、ゴールが分かりやすくてモチベーションにつながる。

スカルプトリスの本領発揮のためのツールだな

というわけで、パレットナイフとカーブナイフとスカルプトリスプロとで、ようやく絵を下書きするのと同じレベルで直接立体をこねながら作れるような状況に辿り着いた。長かったな~。

画力の無さを直接立体化することで補えるってのは、いいことだ(笑)なのでこれが私にとっての下書き環境ですね。なので私は勝手に造語として「下書きモデリング」と呼んでいます。ラフモデリングよりもさらに前段階の造形って意味で。落書きに近い。でもそこで色んな部分の形や全体のバランスを詰めれば、そこからラフモデリングを開始しても大きく外れないから、結果的に省エネになる。だから試行錯誤を高速で沢山やれる環境を整えておくってのは、生涯での造形量の差になる、と思っているのだ。

だから皆様もパレットナイフとカーブナイフを使ってスカルプトリスプロの力を引き出してみて下さい。

Zbrushを便利にする色々なプラグイン「YT Misc Tools」 - YAMATO Tools - BOOTH


というわけで今日の日記おしまいです。酒が旨い!

今回の創作活動は約30分(累積 約882時間
(286回目のブログ更新)