画力がないなら立体を作ればいい

「何を作る」より「どう作るか」を考えたい人

「Zbrushでエッジを作る=面倒くさいの脱却」への序曲

(約 1,500文字の記事です。)
f:id:yamato-tsukasa:20190707231203p:plain

もうすぐスカルプトリスのカーブナイフがリリースです。これがリリースされればZbrushでエッジを作ることが面倒くさくなくなります。ただしラフモデリング限定。きちんとしたモデリングでエッジを出す大変さは皆様ご承知の通り。山谷の稜線にそれぞれ辺(Edge)が必要なのです。それが大変、それこそローポリ制御だから。メッシュ制御だから。でもラフモデリングならメッシュ無視で。形「だけ」が重要。だから直感的に作れるラフモデリングの制作時間効率を極限まで高める。時間は後工程のために節約する。それをするためのツール。それがカーブナイフ。そんな日記。

ほぼ実装完了

今回は、実はプログラミング上の問題点はほぼ無かった。難敵は「トリムカーブブラシの挙動(バグ有り挙動)」だったのだ。Zbrush純正ツールがバグ有りときたら、そりゃ大変だ。それがZbrush(笑)なので、それを回避する「使い方を模索する」時間のほうが長かった。だがそれもゴールが見えてきた。あとはエラー処理用コードを仕込めば、リリースできる。

今回は先にマニュアル作り

形になりそうだと分かったので、完成版を仕上げる前に下書きとして「マニュアル」を作ってみた。ついさっき完成。マニュアルを作り、人に説明するように考えていると、別のアイディアが出ることがある。ここはこっちの方が使いやすいかも、とか、ここは改良すべき、等、人に説明しようとして考えていると、考え方の方向が変わるせいか、新しいアイディアが出てくることに最近気付いた。だから今回は先にマニュアル作り。今回は幸い、最初の想定から大きく外れることもなく、マニュアル完成。なので想定通りの仕様で作り、エラー処理用コードを仕込めば終わりそうだ。

Zbrushはエッジを作るのが苦手

だからZbrush Coreなどのモデルは丸っこくてモコモコした物ばかりなのだ。だが、造形の幅が一気に狭まる。きっちりしたエッジ、丸いカーブ、この自由な組み合わせこそが自由な造形に絶対に必要なのだ。ツールが創作を狭めてはいけない。その自由の空を広げるために、色々なプラグインを開発している。Zbrushには造形の可能性を感じる。だがZbrush自体が不便なことも確かだ。だったら便利にすればいい。そういう思いでプラグインを作っている。

今回のツール、スカルプトリスのカーブナイフは、パレットナイフを上回る便利ツールになる予感だ。だってZbrushで苦手とされてきたハードエッジをドラッグ+ホットキー一発で作れるのだから。ラフモデリング限定とはいえ、これは心強い。なにしろ私自身がとっても欲していた機能だからだ。ハードエッジと丸い造形の2つを自由に作れるならば、世の中の大抵の形はラフモデリングできることになる。ようやく粘土造形をフルでデジタル化できるレベルに達するのだ(私にとってはね。)使用感としては、ほぼ達成したと思っている。使いにくさはZbrush純正のトリムカーブブラシの使いにくさそのもので、それ以外はほぼ許容範囲内、という印象。

問題なければ明日(日付が変わったので今日)の夜くらいにはBOOTHにリリースできそうだ。

乞うご期待。

今回の創作活動は約30分(累積 約878時間)
(284回目のブログ更新)