画力がないなら立体を作ればいい

「何を作る」より「どう作るか」を考えたい人

アルファポリス様でのビジュアルノベルの画像枚数とタイトル追加(ブック追加)についての回答

(約 1,900文字の記事です。)
f:id:yamato-tsukasa:20190326032139j:plain

前回の記事で、アルファポリス様に挿絵を多用する「ビジュアルノベル」を小説枠で投稿した場合に、上限の200枚を超えたらブックを変えて同一タイトルを継続してもいいのか、それともガイドライン違反になるのかを運営に問い合わせたところ、仕様上しょうがないのでブック変更OKとの返信を頂けた。今回はそのまとめ。

アルファポリスって何?

小説投稿サイトの1つ。もちろん小説の他にも様々な投稿が可能だ。

https://www.alphapolis.co.jp/

私はここに挿絵多用のビジュアルノベルとして作品を投稿するつもりでいた。だが1つのタイトルあたりの挿絵の上限が200枚だったのだ。ビジュアルノベルとして数年間投稿し続けるには心許ない。かといって、ガイドラインには1つのタイトルを別ブックとして分割して投稿するのはNGとの規約があった。(インセンティブポイント計算の都合上、1つのタイトルを細切れに投稿されてはインセンティブ計算が不平等になると筆者は予想する。その対策だろう。)さて、ビジュアルノベルの場合はどうなるのかな?と思って思い切って問い合わせしたところ、メールでOKとの返信が。ヤッタネ。これで投稿先はアルファポリスに絞れるぞ。

返信内容の要約

返信メールのコピペはマナー違反な気がしたので、返答内容の要旨だけを書く。もし皆様がビジュアルノベルを長期的に運用するなら運営に問い合わせての回答をもらうのが一番だと思うが、そんなに需要のあるジャンルではないと思うので、情報共有してもいいと思ったのでブログに書く。

仕様上やむを得ないので複数ブックOK

ビジュアルノベルの場合、1タイトルあたり画像200枚制限は仕様上しょうがないので、その場合にはブックを変えての続編投稿はOKとのこと。
1ブックあたりの挿絵200枚制限は「仕様上やむを得ない」との断り書きがあった上で、作品を複数に区切っての投稿がOKとのこと。

違反だと疑われないような措置を講じてね

他ユーザー様から違反だと思われないような措置を講じてね、とのこと。例えば、話を切りのよいところで区切るなど。
これに関しては、元々9割程度の180枚を目安として話の区切りのいいところでブックを変えるつもりだったので問題ない。

例えば、ビジュアルノベルであっても10枚程度の画像しかなくて文字数もたいしたことないのにタイトル(1)~タイトル(99)みたいにブック数(タイトル数)を量産したらそりゃポイント稼ぎでしょ?と思われても仕方がないが、逆にきちんとブック上限の200枚に挿絵の枚数を近づけた上で、話の区切りも考慮した上で、タイトル(1)からタイトル(2)に移って1ブックあたりの画像枚数の上限をリセットするのはOKということだね。常識的な判断が頂けてとても助かった。嬉しいね。

例えば本における長編小説でも、タイトル(1)、タイトル(2)、というように複数巻に別れることをきちんとアルファポリス様は許容してくれた、ということですね。常識的な判断でとても嬉しい。私の場合は挿絵なので、200枚は十分超える可能性がある。ビジュアルノベルなら特に。なので最初に問い合わせた次第。
なお、1話あたりの上限文字数は10万文字だが、1ブック全体の文字数上限は特にないらしく、またそのような情報も見聞きしたことがない。テキストベースなら気にしなくていいようだ。)

何にしてもこれで挿絵多用のビジュアルノベルはアルファポリス様に細々と長期間にわたって投稿できることが分かった。ヤッタネ。

なお、保険として講談社のNovel Daysにもアカウントを開設したが無駄になったな。アルファポリス様からのブック分け運用OKがもらえた以上、数年単位でブック(1)、ブック(2)……ブック(N)化できるので、あえて別のサービスを使う必要がなくなった。

何にしてもモチベーションが上がったことは間違いない。

今回の創作活動は約30分(累積 約801時間)
(228回目のブログ更新)