画力がないなら立体を作ればいい

3DCGでワンシーンメイキング(オリジナル小説の挿絵作り)

温故知新 Zbrush2019になってスポットライトを見直す&ひらめく

(約 2,200文字の記事です。)
Zbrush2019になりスポットライトVer.2とスナップショット3Dが脚光を浴びている中、スナップショットを試すつもりでスポットライトをいじっていたらひらめいた。そんな日記。

スポットライトは基本的にそんなに変わっていない

スナップショット3Dのインパクトが大きいせいか、スポットライト自体の機能がかすんでいる様に思われるが、そんなことはない。好きなテクスチャや絵を、筆圧やブラシサイズで制御してポリペイントに転写できる機能が、そもそものスポットライトの機能。それは変わってはいない。私も昨日改めてスポットライトをいじっていて気がついたこと。

スポットライトでテクスチャを重ね塗りする

筆圧やブラシサイズでテクスチャの濃淡を制御できるって凄いよね?そりゃSubstanceペインターを使えばできるかもしれないけれど、Zbrush上でならUV展開なしでいきなりできる。テクスチャの大小もスポットライトの拡大縮小一発だ。

これ、思ったんだけど、UE4で山を作ってテクスチャを数種類、分けながら濃淡での合成をしながらの塗りが、Zbrushでもできるって事だよね?緑エリアには写真かなんかを用意して適当に塗ったり重ねたり、テクスチャの大きさを変えたりして。同様に、岩肌、山頂付近の雪なんかも塗れることになるよね?

f:id:yamato-tsukasa:20190313221800j:plain
Pixabayの商用利用可能なフリー画像。これを「適当に作った山型」の表面にブラシで濃淡や大小のリズムを付けて塗ってみたらどうなるのかテスト。

f:id:yamato-tsukasa:20190316022212p:plain

f:id:yamato-tsukasa:20190316022215p:plain

若干違和感があるが、かといって使えないほどでもない。多分上手くやる方法があるのだろう。慣れの問題かも。


最初はUE4でのリアルさに驚いたけど、NPRが仕上げの前提ならばそんなにリアリティが必要ない。

山肌用のブラシなどはないけれど、ブラシでの造形ならば慣れている。そこに写真ベースのテクスチャを塗るならば、やれることはUE4と変わらない。もちろん大気のかすみシミュレーションがない分だけZbrushが不利だが、ポスプロと割り切ればクリスタ上でモヤを合成すればいい。

Zbrushを使っての2次元絵の創作へのシフト

もしかしたら今後はこっちにシフトするかもしれない。3DCGによるポージング、カラー化、構図の作成、でも完成形はイラスト、小説の挿絵。

Zbrushは一般的な使われ方として主にフィギュア造形が9割程度、残り1割はゲームキャラ用途というのが私の印象。だが私の使い方は超マイノリティーで絵を作るための使い方。本当に少ない人の使い方だと思う。だから3Dプリンターネタも動画ネタも皆無だ。質感にこだわるならUE4上でのマテリアルを煮詰めることになるが今はそのレベルにない。タイムリーなZbrush2019のNPRのイラストタッチをベースとした2次元表現が今のところのベース。それ以上ならUE4+光源制御の予定。だがしばらくはキャラデザなどてんこ盛りなのでZbrush+NPRフィルタでのイメージボード作りになる気がする。実質的に小説用の8割完成型のイラストになってしまうのだが。

私の使い方にはZbrush+クリスタが合っているようだ

今日考えてみたのだが、Zbrush+NPR+クリスタでのポスプロ処理が自分のにとっての今のベストな使い方だと判断した。UE4でのリアル表現よりも直感的なペイントの方が早いしイメージ通りに仕上がる。クリスタはある程度使い込んでいるので挙動がイメージできる。一方UE4は0スタートなので色々遠回りだ。おまけにパラメータ制御ならばアセットごとに全く独自のノウハウが必要なので毎回0スタートに戻るのも辛い。岩肌のマテリアル制御と、岩肌テクスチャの制御との間に相関性はない。それが別アセットだったりするとなおさらだ。当然草や樹木とのAssetとの関連性もゼロ。毎回ゼロスタートになるのが辛い。趣味では無理。

一方、Zbrushでなら立体化はブラシの使い方に習熟すればいい。IMMブラシを活用するのもありだ。色やテクスチャについてはスポットライトを使いこなせばどんな模様でもOKだ。共通だ。それらが遠景ならばなおさら適当でいい。とにかくある程度雑でもある程度早いというのが期待できる。UE4は逆だ。細かくリアル、その代わりとても時間がかかる。自分にとって必要なのは、だいたい適当に早くそれっぽく、なのでZbrush+スポットライトの方が合っている。最後にNPRフィルタでディティールが消えることを考慮するとなおさらだ。

どうやらZbrush+クリスタが私の定番作業環境になりそうだ。

今回の創作活動は約1時間(累積 約789時間)
そのうちモデリング作業 約30分(累積 約135時間)
(219回目のブログ更新)