画力がないなら立体を作ればいい

3DCGでワンシーンメイキング(オリジナル小説の挿絵作り)

Zbrushの貫通穴の作り方

(約 700文字の記事です。)

f:id:yamato-tsukasa:20190112220958p:plain

Zbrushで穴を塞ぐ方法は以前の記事で紹介した。今回は逆に、貫通穴を作ってみよう。

今回はヒントだけです。 キーワードをGoogle検索すればすぐにいいサイトが出てきます。

CurveBridgeブラシを使う

TOP絵がそれです。欠点は内部空間のポリゴンのトポロジがあまり綺麗にならない点。

f:id:yamato-tsukasa:20190112221557p:plain

妙な三角ポリゴンが出来ることも多い。手動での調整が必要。

Zmodeler > Edge > Bridge > Two Holesを使う

f:id:yamato-tsukasa:20190112221756p:plain

こちらはすぱっと綺麗なトポロジで作ってくれる。また、ドラッグ操作時にブリッジする円環状のポリ割りを調整できるのも便利。

個人的にはZmodelerのBridgeを使うことの方が多いが、どっちがいいかは好みだ。

 

これらの2つの技は、他にも例えば、腕と肩口、前腕と手首などをつなぐ用途でも使える。便利な技なので体得しておくといい。

番外編 ブーリアン結合

Zbrushにはライブブーリアン結合があるので、プレビューをリアルタイムで見ながら結合やくり抜きが出来る。これならば断面もすぱっと綺麗で確実だ。実はこれが最終兵器にして最高に綺麗な穴を作れる。意外と盲点になりがち。ただし仕上げの直前にしか結合しないほうがいい。エッジ部分に三角ポリゴンが量産されるからね。

 

f:id:yamato-tsukasa:20190112223548p:plain

本質的。ある意味、一番自由な穴の作り方だ。面倒臭がらない方が最終的に仕上がりがいい。何でもかんでも技術に走ってしまうよりも、基本に戻ろう。

 

 

今回の創作活動は約15分(累積 約665時間)