画力がないなら立体を作ればいい

3DCGでワンシーンメイキング(オリジナル小説の挿絵作り)

ZbrushユーザーのためのTips集2「目次」

(約 3,100文字の記事です。)

f:id:yamato-tsukasa:20190104123100p:plain


各記事の詳細な情報はリンク先にあります。リンク先は有料記事のプレビュー記事です。記事の利便性を確かめてみてください。各記事の詳細な手順は、各記事内にあるnoteの有料記事へのリンク先にあります。
読むためにはnoteアカウントからマガジンを購入してください。

1つのマガジンを買うとマガジン内の全ての記事を見ることができます。

記事は不定期に追加されていきます。その際にはnoteアカウントにそれをお知らせする通知が届きます。また、不定期メンテによって情報が追記された場合でも同様に通知されるので安心。
現在、14個の記事があります。

不定期でメンテナンスで更新します。(更新履歴を参照)

ですが、記事の本数の追加はありません。

その代わり、続編のZbrushユーザーのためのTips集3「目次」 を更新中です。

更新履歴

(上が最新)

2019/07/31 Zbrushのキャンバスに謎の余白ができた(ズームしても描画されない領域)
2019/07/18 Zbrush用ブラシ管理ツール「XMD ToolBox」を導入する
2019/05/07 スムーズブラシでも直せないエッジの乱れたメッシュの直し方
2019/04/29 カーブブラシの性能を引き出す使い方

2019/04/22 Close Holesで余計な部分にメッシュが張り出してしまう対処方法
2019/04/21 VDMとIMブラシの相互変換方法
2019/04/20 オリジナルIMMカーブブラシの作り方

2019/04/20 オリジナルIMMブラシ(IMブラシ)の作り方(カーブブラシ以外)
2019/04/19 オリジナルVDMブラシの作り方

2019/01/20 Zbrushで効率よく左右に長いポリゴン面を作る方法
2019/01/12 Zbrushのポリグループを簡単に修正する方法
2019/01/04 Zbrushのマテリアルをスキン表示とメッシュ表示とで自動的に切り替える方法
2019/01/04 Zbrushの全てのサブツールのマスクを一発で解除する方法
2019/01/04 Zbrushのカラーピッカーの挙動を安定させる方法

 


ポリゴン操作

スムーズブラシが効かない・かからない板ポリのエッジ部分の乱れを直す方法

板ポリで作業をするとエッジ部分の乱れに遭遇するがこれはスムーズブラシでは何ともならない。今まではダイナメッシュするしかないと思っていたがトポロジを保ったまま綺麗に治せる方法が見つかった。

https://www.yamato-tsukasa.com/entry/2019/05/07/122547

f:id:yamato-tsukasa:20190507115457p:plain

 

 カーブブラシを自在に操るコツ

カーブブラシに関するボタン類はめまいがするほどあるが「どこをどう調整すればどうなるのか」に絞ってカーブブラシを使いこなすための記事。

https://www.yamato-tsukasa.com/entry/2019/04/29/075729

f:id:yamato-tsukasa:20190429074837j:plain

 

Close Holesで余計な部分にメッシュが張り出してしまう対処方法

特にU字型の溝を埋めようとすると結構な確率で変な水平メッシュができて困る。

https://www.yamato-tsukasa.com/entry/2019/04/22/021447

f:id:yamato-tsukasa:20190422022937p:plain

 

VDMとIMブラシの相互変換方法

タイトルのままですね。

https://www.yamato-tsukasa.com/entry/2019/04/22/021447

f:id:yamato-tsukasa:20190422021034p:plain

 

オリジナルIMMカーブブラシの作り方

便利だけれど作るのは何だか面倒くさそうなカーブブラシ。実はIMMブラシの作り方が分かれば後は簡単だったりする。これで世の中の沢山のカーブブラシを自分で使いやすいようにカスタム出来る。完成したらもう端部のメッシュ修正作業とはおさらばだ。

https://www.yamato-tsukasa.com/entry/2019/04/20/224108

f:id:yamato-tsukasa:20190420220025p:plain

オリジナルIMMブラシ(IMブラシ)の作り方(カーブブラシ以外)

要は既存のメッシュをその場に挿入するブラシなのだが、実は追加も削除も結構スピーディーにできる。制作したあらゆるメッシュをオリジナルのIMMブラシに保存しておけばスピーディーに呼び出せる。ゼロから造形しなくてもいい。そんな便利ツールを使って育てるも、使わないのもあなた次第。

https://www.yamato-tsukasa.com/entry/2019/04/20/050240

f:id:yamato-tsukasa:20190420052246j:plain

 

オリジナルVDMブラシの作り方

任意のメッシュに、事前に作ったメッシュを植えることができるVDMブラシ。これを自作できればブラッシングをかなり省略して造形できる。効率化の可能性。

https://www.yamato-tsukasa.com/entry/2019/04/19/202829

f:id:yamato-tsukasa:20190419201523j:plain

Zbrushで効率よく左右に長いポリゴン面を作る方法

いわゆるブリッジ操作を簡単にする方法。操作量を半分に出来るぞ。

https://www.yamato-tsukasa.com/entry/2019/01/20/000554

f:id:yamato-tsukasa:20190120000416p:plain

 

Zbrushのポリグループを簡単に修正する方法

ポリグループのちょっとしたはみ出しなど少しポリグループを調整したいときの簡単な方法。

https://www.yamato-tsukasa.com/entry/2019/01/12/214434

f:id:yamato-tsukasa:20190112204146p:plain

 


見た目に関する操作

Zbrushのマテリアルをスキン表示とメッシュ表示とで自動的に切り替える方法

1つのマテリアルだけでは表示状態によってどちらか一方が見づらいよね?それを解決しました。

https://www.yamato-tsukasa.com/entry/2019/01/04/222012

f:id:yamato-tsukasa:20190105015155p:plain

 


効率的な操作

Zbrush用ブラシ管理ツール「XMD ToolBox」の導入と使い方

Zbrush純正機能だけでは有料ブラシ群や自作ブラシ群を管理しきれない。ブラシにカテゴリやタグ付けして一括管理出来るブラシ管理ツールを導入しよう。

https://www.yamato-tsukasa.com/entry/2019/07/18/022701

f:id:yamato-tsukasa:20190716191932p:plain

Zbrushの全てのサブツールのマスクを一発で解除する方法

ギズモでサブツール全体を移動させようとすると引っかかる難敵。いちいちサブツールを選ぶなんて面倒だ。

 https://www.yamato-tsukasa.com/entry/2019/01/04/155600

f:id:yamato-tsukasa:20190104154514p:plain

 

 

Zbrushのカラーピッカーの挙動を安定させる方法

Zbrushのカラーピッカーの挙動がコロコロ変わって使いにくい。なぜカラーピックした色で塗られないの?

https://www.yamato-tsukasa.com/entry/2019/01/04/124757

f:id:yamato-tsukasa:20190104123030p:plain


 

 

 


その他の操作

 Zbrushのキャンバスに謎の余白ができた(ズームしても描画されない領域)

UIを変更するとズームしても描画されない無駄な領域がキャンバス上にできて困ることがある。その解決方法。

f:id:yamato-tsukasa:20190731002400p:plain

 


記事は不定期に追加されていきます。たまに追記情報などもありますが、その場合でもnoteアカウントに記事更新の通知が届きます。マガジン購入のためにはnoteアカウントが必要です。

 

noteって何?

主にクリエーターの情報発信の場を意識して作られた無料のSNSサービス。発信内容はマンガ、コラムやエッセイ、写真、音楽配信が多い。Twitter以上ブログ未満という印象。noteには手軽に有料記事を配信できる仕組みがあるので、筆者はそれを利用させて頂いております。

note.mu

 

アカウントをお持ちでない方はこちらから無料で登録できます。ごく普通のSNSサービスのアカウント作成手順ですね。

https://note.mu/signup

 

有料記事の執筆には1記事あたり1.5~2時間かけておりますので、ちょっといいレギュラーコーヒーを2,3杯ほど飲めれば幸せかなと思っております。筆者選りすぐりの情報であり、簡単に手に入らない情報ばかりですので、興味がおありでしたら是非ともご購入をお願いいたします。