画力がないなら立体を作ればいい

「何を作る」より「どう作るか」を考えたい人

Zbrushの背景色を変更する方法

(約 1,000文字の記事です。)

f:id:yamato-tsukasa:20181223233653p:plain

この記事はZbrushのドキュメント(キャンバス)の背景色を変える方法です。

Zbrushで選択したサブツールやアイテムの背景色をカラーにする方法はこちら。

f:id:yamato-tsukasa:20190218163747p:plain:w240

Zbrushの選択色をカラーにして見やすくしよう - 画力がないなら立体を作ればいい

前回の記事で、ファイル保存時にサムネイル(プレビュー画像)を同時に自動で保存する方法を紹介した。だが、オブジェクトの色によっては、デフォルトの背景色では暗すぎてよく見えないことがある。今回はZbrushのキャンバス内の背景色を変更する方法&リセット方法をご紹介。

背景色を変更する

まずは変更したい色をあらかじめ指定しておきます。(省略可)

f:id:yamato-tsukasa:20181223231951p:plain

ここでは分かりやすく黄色。
次、Document > Backをクリックすると、指定色になります。

f:id:yamato-tsukasa:20181223232102p:plain

f:id:yamato-tsukasa:20181223232153p:plain

まぶしいね。

先ほどのBackキーを押したままドラッグすると、リアルタイムスポイトになるので、画面上のお好みの色をスポイトして下さい。例えばブラシアイコンのグラデーションをスポイトすると微妙なグレーを探すことができます。

f:id:yamato-tsukasa:20181223232313p:plain

グレーのグラデーションが豊富w 個人的にはかなり薄めのグレーが万能です。

これでZTLなどのツールのサムネも綺麗に取れるぞ!

 

背景色のリセット方法

これまたシンプルで、Backキーをドラッグして、元々の背景色であったキャンバスの位置まで引っ張ってくると、自動的に元の背景色のダークグレーに戻ります(RGB 48,48,48)。ただし、一度背景色を別の色でZPRを保存して再読込した場合、BackキーをドラッグしてもZPR保存色にリセットされるだけなので注意。

謎の仕様だが仕方がない。背景色を変な色にしたままZPRを保存しない方がいいっってことだね。

 

なお、キャンバス上には(RGB 48,48,48)の色はない。別のツールでRGB値を測定しまくったが見つからず。ようやく見つけた最も近い色(RGB 49,49,49)なら見つかった。

f:id:yamato-tsukasa:20181224012035p:plain

キャンバスとインターフェースの縁の内側1~5ピクセル程度が (RGB 49,49,49)。人の目で見て元の色(RGB 48,48,48)との差を見分けられる人はいないだろう。

f:id:yamato-tsukasa:20181224012551p:plain

画像の十字の左側が初期値(RGB 48,48,48)、十字の中央を含むその右側が(RGB 49,49,49)。う~ん、見分けられない。なので実質のリセット手段だ。覚えておくと精神衛生上楽。

 

 

今回の創作活動は約15分(累積 約630時間)