画力がないなら立体を作ればいい

3DCGでワンシーンメイキング(オリジナル小説の挿絵作り)

Fusion 360でobjファイルを出力させる方法【2018年版】

(約 500文字の記事です。)

f:id:yamato-tsukasa:20180802034402j:plain

ネット上には古い情報だったり、画像が古かったりして「それどこのボタン?」となることが多かった。今回は、Fusion 360とウェブブラウザのみでobjファイルを出力できたのでその紹介。

 画像の赤丸箇所をクリックすれば分かると思うので説明は省略(笑)

f:id:yamato-tsukasa:20180820162740p:plain

 するとウェブブラウザが立ち上がるので、

f:id:yamato-tsukasa:20180816201940p:plain

画面の右端

f:id:yamato-tsukasa:20180820162948p:plain

つまり、ネット環境がないとobj出力はできないわけだね。

あとは登録EメールアドレスにダウンロードURLが送信されるのでそこからobjをDLするといい。

 

(2019/03/29追記)

ZbrushでもSTLファイルを直接読むことができるみたい。

ZbrushでSTLファイルを直接インポートする方法 - 画力がないなら立体を作ればいい

 

(2019/01/02(水)追記)

Fusion 360単体でSTLを出力して、オンラインの無料変換サービスでobjに変換すると、objのサイズが変わってしまうことがある。(STLのサイズが正常なので、変換サービス側のバグかも。)一方、上で紹介したダイレクトobj取得方法ではそのようなことは起こっていない。