画力がないなら立体を作ればいい

3DCGでワンシーンメイキング(オリジナル小説の挿絵作り)

Dead by Daylight DBD コツ

(約 3,100文字の記事です。)

f:id:yamato-tsukasa:20180729055249j:plain

あなたは恐らく Dead by Daylightで悔しい思いをしたに違いない。そしてこのページにたどり着いた。
気持ちはよく分かる!
だがしかし!ここで少し冷静になって考えて欲しい。

DbDをやる必要があなたにはあるのか?

 結論から言おう。

DBDはやらないのが唯一のコツです。

いきなり全否定w Google検索1~2ページ目に出てきてのまさかの全否定。

(2019/05/08追記)

DbD自体はもう人気が落ちています。一時期はYouTubeでもプレイ動画をUPする有名実況者山が大勢いらっしゃったのですが、ここ最近は数えるほどの有名実況者しかUPしていない。やはりDbD人気に陰りが見えてきた証拠です。

キラーが少ないとか、キラーが辛いとか、もうゲームの領域を超えています。負担でしかない。なんでゲームでストレス溜めにゃいかんのだ?おかしいよね?


次いでシステムが複雑になりすぎて新規参入しても訳が分からない上に、分かるようになったとして以下のような長~い辛いことが多いからです。ストレス解消どころか逆にストレスが溜まる行為になります。気付いて。

私は今はZbrushの3DCGモデリングの活動をメインにし、その活動時間がDbDプレイ時間を超えた今、振り返ってみても無駄な時間だったと思う。
その時間をZbrushの活動に費やしていたほうが何十倍も有意義でした。ゲームに時間を費やしても何も身につかないよ、それを分かった上で遊ぶ方がいい。でもDbDじゃないゲームのほうが楽しいかもよ。

(追記終わり)

 

楽しくない娯楽に挑戦し続ける意味は?

所詮ゲームなのに、どうしてそこまで真剣になる必要があるのか、を。

DBDはやらないのが一番幸せなのです。 

自分自身にとって有益かつ気分転換となる活動はたくさんあり、賢い人はそちらを選んで人生を充実させています。あえてゲームを選ぶメリットがありません。

そこに気付いた時点で私はゲームを止めました。

 

この記事をGoogleで検索して閲覧してくれた人には申し訳ありませんが、突き詰めて言うと、DBDはやらないほうがいいのです。650時間プレイした結論です。

無益

Dead by Daylightが上手くなったとして、何が手に入りますか?

 

Dead by Daylightはスルメゲーと呼ばれるほど、やればやるほど面白くなりますが、同時に、時間という貴重な資源をどんどん消費します。
一方で、何も手に入りません。

Dead by Daylightの鯖(生存者)が上手い?
鬼が上手い?

 だから何?
PCやPS4の電源を切った瞬間からあなたには何が残りますか?

 Nothing!
何も残らない。

 

役に立たないスキル

Dead by Daylightは人間の黒い部分をまざまざと見せつけられます。裏切り、嫉妬、煽り、嘲笑、etc...それらは「下手、経験不足」という根拠をちらつかせられてしまいますが、そもそも上手くなったところで何なのそれ?だから何?
PCやPS4の電源がオンになっている瞬間にしか通用しないスキルを育てる意味は何?
人生に何の得がある?
楽しけりゃいい?
まぁ、そうですね。そうだと思います。(そっと閉じる)

 

そもそも上手くなる必要ある?

ゲームだからと割り切れるのであれば、そもそも上手くなる必要ある?
ないでしょ?ゲームはそのアクティビティ自体が楽しいはずであり、スキルアップを望む必要のある高尚なものなの?スキルアップしないと楽しめないなら、それは気晴らしや娯楽としての範囲を超えていないか?あなたの人生にとって、もっと他にスキルアップすべき方面・分野があるのではないか?

 

スキルアップを要求される娯楽があなたにとって本当に必要な娯楽・アクティビティなのか?よく考えてほしい。

 

 

初心者ほど悔しい思い(ストレス)

Dead by Daylight初心者はやればやるほど悔しくなるし、その憂さを晴すためにさらにDead by Daylightをやることになります。もはやゲームを楽しんでいるのか、ゲームに遊ばれているのか分からない。1時間プレイして4~5試合できるが、そのうち楽しいと感じる瞬間は1~2分程度しかない。逆に言うと1時間プレイして55分以上は確実に「どうでもいい時間」ということになる。

そして、ランク帯が上がってきて悔しさよりも楽しさが上回ってきたかな?という頃に、ふと1週間程度ゲームから離れてみると、このゲームのむなしさに気付き始めることでしょう。やり続けていると気付きにくいです。

 

ゲーム中の無駄な時間が多い

鬼ごっこ中はいいのだが、そうでない時間が意外とつまらない。

試しに、YouTubeでDead by Daylightの動画を2倍速で再生し、かつ、発電機の修理を始めたらプログレスバーを6ミリほど進めて視聴してみるとよい。何分かかった?

次に、もう一度同じ動画を1倍速で最後まで視聴すればいい。つまらないでしょ?

スキルチェックなんて音楽のない音ゲーだし。

緊張感の演出としてはわかるのですが、慣れてしまうとただの待ち時間でしかない。
パソコンで数GBのファイルコピー中のプログレスバーを見守るのと何が違うの?
無駄でしょ、その時間。

 

吊るされている間は何も出来ない。

  • 吊るされて助けてもらえるかどうかなんて相手次第
  • こちらがやきもきしたところで何の役にも立たない
  • 助けられてもすぐに追い打ちされる可能性が極めて高い
  • 助けられないと待ち時間自体が無駄

どっちみちストレスじゃん?

逃げ切れる「かも知れない」という期待が諸悪の根源。
吊るされている間中、それを願って待つなんてそれ本当に娯楽ですか?

 

人間不信に陥るかも

  • 鯖やると下手な鯖の無駄・無意味な行動にイラつくし。
  • 鬼やると強ポジぐるぐるや鯖からの煽りで頭にくるだけだし。

 

鬼やってて鯖を全滅してようやく気が収まるけど、そもそもゲームでストレスためるってこと自体がおかしいと思う。
だからDead by Daylightはやらないほうがいい。
鯖でも鬼でも、そもそもDBDやらないで別の娯楽を楽しんだほうが遙かに充実している。

 

 それでもハマる「一瞬の魅力」

それでもDead by Daylightが面白かったのは、その1時間あたりの数分間にあるちょっとした快感や、予期せぬ野良鯖のフォローの美しさに魅せられたから。あるいは鬼をやっていて戦略通りに事が運んだ快感

それらが「もしかしたら次の試合でも」という予感が次の試合にかき立てるのです。

無限ループ。そして時間が消費される。

でも、結果としてその予感が実現するのは数時間後の話であって、少なくとも次の1時間は無駄に消費されるのです。悲しいことに。
あるいは、全然つまらない、となってその日一日が終わるのです。

 

対処法

YouTubeの実況動画を2倍速で流し見するのが一番楽で満足度が高いです。ビール飲みながらでも見れるし。確かにドキドキ感はないが、そこそこDbDを楽しんだ気になれます。4時間DbDをやるのはあっという間ですが、さすがに4時間も2倍速YouTube動画を見ることはないでしょう。あまった時間で人生を充実させてくださいな。

 

結論

だから、最初に言った通り、DBDはやらない方がいいのです。

さようならDead by Daylight

人生で最も無駄な650時間でした。

もう一生ゲームはやらないと誓います。

 

もっと別の方面の健全なドキドキ・わくわく感を楽しめる趣味を見つけたほうが長期的に人生の糧になると思います。娯楽なら映画や読書もあるわけだし。