3DCGで何をどう作るか考え中

ZbrushとBlenderの使い方、ヒント、コツなど。たまにZbrushプラグイン開発も。

Zbrushの使い方-その他

Zbrush用ブラシ管理ツール「XMD ToolBox」の導入と使い方

(約 2,400文字の記事です。) ※残念ながらWindows限定のソフトです。 Zbrushには標準で300個以上ものブラシが用意されている。また多くの自作ブラシが出回っていることも明らかだ。問題はZbrush単体では大量のブラシを管理・運用するのがこんなんであるとい…

Zbrushのブラシの使い方を見直す

(約 3,200文字の記事です。) さて、オリジナルのVDMブラシ・IMブラシを作れるようになったので、次にいよいよ実践。今まで何となくStandardブラシやClay Build Upブラシなどを使ってきが、オリジナルのカスタムブラシが威力を発揮するのは「リピート」「ラ…

VDMブラシとIMMブラシとを相互変換することができる?

(約 1,000文字の記事です。) さて、VDMブラシもIMMブラシも自作できるようになったところで、一方から他方へと作り替えられるのかテストしてみた。ブラシ作りのおまけ記事。 VDMからIMへの簡単 IMからVDMへは技術が必要 まとめ

Zbrushのスカルプトリス プロの使い方(挙動の理解とワークフローの構築)

(約 6,200文字の記事です。) これはZbrushのスカルプトリスプロに関する記事です。無料版のスカルプトリスの記事ではありません。Zbrushユーザーでなければブラウザバック! Zbrush+スカルプトリスプロモード+パレットナイフ。 これは3DCGモデリングツー…

Zbrushのインポートとエクスポートとスケール(大きさ、寸法)との関係

(約 500文字の記事です。) ネット上にはたくさんの情報が溢れているが、筆者の知る限り、Zbrushとスケール(Scale)設定値との関係について筆者の記事以上に正確に原因と対処法を伝えている記事を見たことがない。 自惚れかもしれないが、実際に、表面上の…

ZbrushとFusion 360とでobjファイルをやりとりすると大きさが変わる場合の対処方法

(約 500文字の記事です。) 理想的にはTOP絵のように、Fusion 360→Zbrush→Fusion 360の結果、元の大きさが保持されていて欲しい。大きさが共通であって欲しい。 だが、現実は、なぜか巨大だったり極小であることが多い。今回はその対処方法をご紹介。多分Zb…

Zbrushのマスクを使いこなす

(約 1,900文字の記事です。) Zbrushのマスク、使ってますか?確かにマスクをかける作業が一手間かかる。だからといって、何となくマスクを使ってませんか?Zbrushではマスクをきちんと使いこなすだけで造形の幅が広がります。何でもかんでもブラシ造形でっ…

Zbrushユーザーは7z圧縮をExplzhで行うべし

(約 1,900文字の記事です。) Windowsではzipの圧縮形式を標準サポートしているが、あんまり縮まない。7zは良く縮む上に信頼性も高い、と思っている。Zbrushをやっていくうちにファイルが大きくなるのが嫌で、色々試しているうちに履歴なしプロジェクトファ…

ZbrushのファイルのサムネイルをOS上で見たい(プレビュー画像)

(約 1,500文字の記事です。) ZbrushではOSの標準機能でサムネイルを表示させることができない。他のツール(ビューワー)でも表示させられないか探してみたが見つからず。英語で探しても見つからず。もはやファイル単体からサムネイル画面を生み出すことは…

Zbrushと他のソフトでオブジェクトが180度回転するのを防ぐ方法

(約 1,000文字の記事です。) 以前の記事で、Zbrushと他のソフトでobjファイルをやりとりするとオブジェクトがなぜかいつも上下に180度回転して逆さまになるという記事を書いた。当時は仕様ということで諦め、代わりにワンクリックでZbrushのオブジェクトを…

Zbrushではブラシをできるだけ使わないのがコツ

(約 3,200文字の記事です。) Zbrushというソフト、とにかく何もかもが独特で、かなりの初心者キラーなソフト。だが、その分表現力も豊かだ。Zbrushならではの作品群は画像検索してみれば一発で分かる。 Zbrush - Google 画像検索 主にクリーチャー系が多い…

Zmodelerが意外と効率よくハードサーフェスを作れる理由

(約 2,600文字の記事です。) 前回の記事ではZmodelerを避けてFusion 360に逃げたが結局Zmodelerに戻ってきた話をした。今回はその経験を踏まえて、Zmodelerが意外と効率の良いツールであることを簡単に紹介する。 ハードサーフェスは、平面のみにあらず。…