3DCGで何をどう作るか考え中

ZbrushとBlenderの使い方、ヒント、コツなど。たまにZbrushプラグイン開発も。

VRoid

地味にデカールのテスト

(約 2,000文字の記事です。) プラモデルならば塗装済みのボディにデカールをぺたりと貼り付ければそれでおしまい。だが3DCGはそうともいかない。今回はデカールマシーンでそんな現実では簡単な手順を実現させるためのテスト。 貼るだけなら簡単 KiryToonSh…

祝!VRoidがライダーになった日

(約 1,100文字の記事です。) VRoidのメッシュがライダーとしてバイクにRide ON!した日です。 細かいことはどうでもいい。

VRoidとBlenderの地味なところで引っかかる

(約 800文字の記事です。) VRoid素体を左右対称にポージングしようとしたらハマった。 普通にやると左右対称にならない

バイクとTポーズ

今日はこれだけ。かなり進んでいない。 体とバイクの大きさを揃えただけ。青いラバースーツです。断じて裸ではない(笑)

BlenderのFreeStyleの線画の限界が分かった

(約 3,100文字の記事です。) 今回はVRoidの顔に線を入れて線画のテスト。結果、FreeStyleの致命的弱点が分かった。その対策の検討。 VRoidのまゆ毛とまつげは透過テクスチャ CLIP STUDIO PAINTを使って線+塗りをレイヤー合成する とりあえず線画化できた …

VRoidをエディットできたけれどそこからが長そうだ

(約 2,900文字の記事です。) 基本的にパラメータ編集なので髪の毛以外は割と短時間で好みの形に作ることはできた。そこから先が長そうだと感じた。 VRoidは形状編集は強い こんな感じ 不満もある 体型編集 VRoidのポテンシャルをまずはさらっと感じた

VRoidでリグ入りオリジナルキャラ作成の可能性が開けた

(約 3,200文字の記事です。) 結論から言うと、VRoidで大まかなキャラの頭身を決め、Blenderに持っていってそこからZbrushに渡して体型の細かな調整をし、再びBlenderに戻してウェイトを転送することに成功。何ができたかというと、VRoidベースの体型をリト…

Blender 2.8がもたらす3DCGの可能性の広がり

(約 4,000文字の記事です。) 私はZbrushで作ったメッシュをポージングするためにBlender 2.8を学び始めた分けだが、ポージングに適した人体メッシュなんてとっくにあるのではないか?それを探して入手して加工した方が早いのではないか?と思って調べた結…

Blender 2.8でVRoidのvrmファイルを読み込む方法

(約 900文字の記事です。) Googleで検索するとBlender 2.79専用だったりそもそもインポータープラグインのリンク先が消滅していたり散々だったが、探してみるとBlender 2.8用のvrmインポーターがあったのでメモしておきます。インストール方法は2.79で出回…