画力がないなら立体を作ればいい

3DCGでワンシーンメイキング(オリジナル小説の挿絵作り)

CG(その他)

ZbrushのNPRはただの画像にも適用できた

(約 1,200文字の記事です。) さて、前回からの検討事項。NPRはZbrush内では適用できるが、UE4で絵作りした際にはその画像にNPRを適用できるのか?という検討。結論を言うとできたみたい。そんな日記。 UE4のスクショ スクショ画像を背景としてZbrushに読み…

UE4のポテンシャルは高いが使い方がわからん&今後の方針検討

(約 5,000文字の記事です。) 3月の無料アセットの森と川のアセットを開いてみた。すごいね。 だが使い方が分からん。チュートリアル動画があるからそれを見れば応用はできそうだ。だが。 この画像はサンプルアセットを開いたものです Zbrushがモデリングソ…

テクスチャは一度封印

(約 1,700文字の記事です。) さて、前回の記事でテクスチャの有効性が確認できた。だが思い直して一度テクスチャは封印することにした。そんな日記。 アニメ表現のセル画にはテクスチャ表現がない 背景はリアルでもキャラはベタでいい キャラパーツにテク…

2019年3月のUE4無料アセットは凄い!

(約 1,500文字の記事です。) 今月のUE4の無料アセットは凄い。どれも使える物ばかりだ。内容の紹介。月替わりで無料アセットが変わるので今月のうちにアカウントから入手しておこう。筆者のおすすめをご紹介。 https://www.unrealengine.com/ja/blog/featu…

UE4のマテリアルのサンプルを眺めた結果

(約 3,200文字の記事です。) UE4が凄いのか今のゲームエンジンが凄いのか分からないが、ゲームをほとんどしない自分にとっては衝撃だった。リアルタイムでの3DCGの表現がこんなにも凄いとは! あとZbrushの特殊性も少しずつ分かってきた。そんな日記。 眺…

公式ドキュメントから感じるUE4の可能性とリアルタイムレンダリングの重要性

(約 2,400文字の記事です。) TOPがリアルタイムでただのPrintScreenキーを押しただけなんて信じられない。 前回の記事でようやくUE4の膨大なドキュメントをサンプルファイルをいじりながら読めるようになった。またこれとは別にコツコツとUE4でできること…

UE4のサンプルデータのダウンロード方法(2019年版)

(約 2,500文字の記事です。) Unreal Engine 4のサンプルデータはどこにあるの?公式ドキュメントは豊富なのにそのプロジェクトファイルはどこにあるの?どこからDLするの? DLしたのに全然画面の説明のようなオブジェクトが出てこないんだけど?ネットで探…

UE4の炎の制御は地味だった(パーティクル制御)

(約 2,200文字の記事です。) 一応UE4で炎や煙が出せることは分かった。最初のプリセットに入っていたのだが、それに気づくまでに時間がかかった。教本では何にもないステージから操作するやり方だったので、プリセット入りのプロジェクトがあることすら知…

Zbrush+UE4でシーンメイキングができる

(約 4,200文字の記事です。) 前回の記事では可能性にとどまっていたが、今日、ついに可能性が現実の物となった。ゼロからZbrushでフルで作り上げたオリキャラがUE4でレンダリングできた。テクスチャ周りとか色々大変だったけど、ついにできた。そんな日記…

Zbrush+UE4でのシーンメイキングの可能性

(約 1,600文字の記事です。) ZbrushとUE4とでコンセプトアートができることはほぼ間違いない。問題はZbrushのハイポリをどうやってUE4に持っていくかだ。 今回はその途中の過程での可能性の示唆の日記。短めです。 Zbrushのそのままのデータはハイポリ過ぎ…

初心者にオススメのUnreal Engine 4本(UE4本)

(約 1,500文字の記事です。) なんてったって私本人がUE4ド素人なわけだから自信を持って言えるおすすめの一冊。 店頭在庫があって立ち読みした感想とおすすめの本。 ド素人の筆者はこれを買いました! UE4の本は書棚的にはUnity優勢 なぜUE4?

Unreal Engine 4のインストール時の注意事項(2019年2月版)

(約 1,700文字の記事です。) メアドと名前とを登録して簡単にいくかと思ったら意外と罠が多かったので記事にしておきます。 ダウンロード ディスプレイネームが既に誰かに利用されている デベロッパーかエンタープライズか インストール先に注意 インスト…

Zbrush CoreとFusion 360との連携の限界(左右対称が崩れる)

(約 1,700文字の記事です。) Fusion 360が出力するSTLは左右対称ではない。それをobjとして取り出したとしても、やはり左右対称ではない。左右非対称である。そしてZbrushではCoreでも無印でもダイナメッシュは左右の対称を保証しない。98%くらいは対称で…

ZbrushとFusion 360とでobjファイルをやりとりすると大きさが変わる場合の対処方法

(約 500文字の記事です。) 理想的にはTOP絵のように、Fusion 360→Zbrush→Fusion 360の結果、元の大きさが保持されていて欲しい。大きさが共通であって欲しい。 だが、現実は、なぜか巨大だったり極小であることが多い。今回はその対処方法をご紹介。多分Zb…

VRoid Studioのファイルvrmをobjに変換する方法

(約 600文字の記事です。) VRoid Studioのファイルvrmをobjに変換する方法のヒント。 用意するもの アドオンのインストール手順のポイント ファイル形式の変換手順 その他

VUEやZbrushの練習帳の記事は今後はnoteに投稿します

今までnoteに投稿していた記事をはてなブログにも載せていましたが、今後は投稿先をnoteに絞ります。従いまして、VUEやZbrushの練習日記の投稿はこれにて終了です。なお、VUEとZbrushのほとんどの過去ログは非公開状態にしました。 要するに、日記や練習帳な…

風景CGソフト VUEの日本語マニュアルの入手方法

e-on社のVUE 2016は英語マニュアルしかないみたい。調べたところ、VUE 9までは日本語マニュアルが無償公開されていたらしい?が、VUE 10以降では日本の代理店からの購入者にのみDLさせる方式になったらしい。 つまり、無料で使っている場合には日本語マニュ…

3DCG風景作成ソフト e-on VUE 2016について調べてみた(2018年9月現在)

(約 2,200文字の記事です。) 3DCG風景作成ソフトである e-on社の VUE 2016に関するまとめ情報です。なかなかまとまった最新情報がなかったので作成。個人的備忘録。マイナーすぎてほとんど情報がない。 なお、VUEは基本的にサイトもソフトも全て英語です。…

VRoid Studioの進化が早い

(約 1,300文字の記事です。) お絵描きに関わる人に読んで頂ければ幸い。VRoid Studioとは、半完成品の3DCGの素体を、パラメーター変更やマウス操作などによってカスタム出来るソフトである。無料かつ商用利用可能。現在ベータバージョンだが、着実に進化を…

3DCGをやるならマウスの中ボタンに気をつけろ

(約 400文字の記事です。) マウスの中ボタンは、人差し指の付け根にとても負担をかける。結果、その部分が腱鞘炎っぽくなる。 手で軽く触れただけでも痛い患部 X mouse button controlやAuto Hot Keyを駆使して、中ボタン操作をALT+右ドラッグなどのよう…

イラストとキャラ絵とVRoid Studio

(約 3,200文字の記事です。) リリース元があのpixivだから デメリットも危惧する。 創作イラストの2極化か? 顔・体の作り込み練習をしない理由 私なりのVRoid Studioの活用の仕方が見えてきた 髪の表現力は難題 3DCGは作って楽しむ「こともできる」時代が…

Fusion 360とZbrushを連携させる(メッシュ操作のコツ)

(約 1,500文字の記事です。) Fusion 360のobjファイルは三角メッシュ。これが面倒。理由は後述。一時はZbrushへobjファイルを持って行くことを諦めたが、今回、どうやら対処できそうなのでヒントを簡単に記事にしておく。ただし、初心者キラーのZmodelerに…

Fusion 360でobjファイルを出力させる方法【2018年版】

(約 500文字の記事です。) ネット上には古い情報だったり、画像が古かったりして「それどこのボタン?」となることが多かった。今回は、Fusion 360とウェブブラウザのみでobjファイルを出力できたのでその紹介。 画像の赤丸箇所をクリックすれば分かると思…

3DCGの上下方向(縦軸)のY軸Z軸の一覧表【2018年調べ】

(約 900文字の記事です。) 3DCG初心者には、ソフトごとに縦軸(ワールド軸)がYかZかで異なることなどさっぱり分からない。左右はX軸で統一っぽいが、前後と上下の軸がソフトでばらばら。重要なのは縦軸だと思うので、デフォルトでの上下方向の一覧表を作…

Fusion 360のレンダリング画像は綺麗

(約 3,000文字の記事です。) 前回の記事で、ハードサーフェスでもZmodelerでモデリングしようという結論に達した。その記事を書いている中で、やっぱりFusion 360のレンダリング画像は綺麗だと思った。Keyshotに手を出す前に、今一度Fusion 360の活用方法…

Fusion 360使い込んだけどやっぱりZbrushに戻ってきた

(約 3,700文字の記事です。) またまた駄文ですが、Zmodelerに手こずっているZbrush初心者にはほっこりする話かもしれません。 Zbrushは平面ベースのハードサーフェスが苦手だが、Zmodelerというブラシがある。メッシュモデリングのためのブラシ。点、辺、…

VRoidとZbrushと英語

(約 2,700文字の記事です。) 今回は英語のススメです。クリエーターは四の五の言わずに英語を勉強しよう。 VRoid Studioの将来性は無限台 どうやって3DCGを作っていけばいいのか Zbrush、日本語の情報がかなり少ない。 英語で理解してしまったほうがお得 …

素人が3DCGでイラストを描くためのソフトを検討する

(約 2,600文字の記事です。) 色々検討した末、Fusion 360とZbrushの両刀使いで3DCGイラストを作っていこうと決めた。互いの得意分野が正反対の2つのソフトだからこそ、相互補完ができる。 ハードサーフェスや大きなカーブが得意なFusion 360 複雑な曲面や…

3DCGソフトのマウス操作を統一させる方法

(約 900文字の記事です。) CGソフトごとにカメラのマウス操作方法が違って困る。イライラするよね。 マウスの中ボタンに「ALT+右クリック」を割り当てられたらなぁ、ホイールのズーム方向の反転機能がないとかあり得ない!なんて思う人も多いはず。そこで…

Fusion 360関連の記事、今後の方針

(約 600文字の記事です。) 楽しくなっちゃって夢中でFusion 360関連の記事を書いてきたが、よく調べると結構既出だったりw なので、今後は自分の作品作りの簡単な進捗を書くに留めます。良いTipsはググれば出てくるはずなので、わざわざ素人が書くほどでも…